エントリーシート(ES)の代表項目 「自己PR」の書き方

就職活動のエントリーシート(ES)でかなりの確率で問われる「自己PR」。


企業側の出題意図は「会社が求める能力・長所をあなたが持っているか」を把握することです。


皆さんが持つ能力や長所を企業にしっかりとPR出来るよう「自己PR」を記入する上でのポイントや注意点を解説していきます。

自己PRの基本構成

自己PRを記入する上での基本構成は以下の通り。


(1)結論…自分が社会で活かせるであろう能力・長所を示す

(2)根拠…長所の根拠となるエピソードを具体的に記入

(3)再現性…自分の能力や長所が社会でどう活かされるのか


それぞれの割合は、結論1割、根拠6~7割、再現性2~3割を目安に記入していきましょう。


まず初めに、自分の能力や長所を示し、その後、根拠となるエピソードをあなたがとった行動・工夫(1:取り組んだ内容 2:目的や目標 3:課題・問題 4:問題への対処方法・解決策 5:結果)を記していきましょう。その際、あなたのことを知らない担当者が文章だけを見て理解できるようにすることを意識してください。最後に、将来への想いを記して終了です。


最初の一行が合格のカギ!キャッチコピーを工夫しよう

結論として最初の一行目に記す「自らの能力・長所」は重要です。一行目にインパクトがあると、読み手が後の文章に目を通す意欲を高めることができます。逆に、ありきたりの表現では残りの文章を読んでもらえないという事態になりかねません。

 

採用担当者の興味を惹くPRを作成するために、まずは「自分が何を伝えたいのか」を明確にし、自分のアピールしたい能力や資質を〇〇力といった形で一旦シンプルに表現しましょう。


例)継続力、行動力、リーダーシップ、チャレンジ精神、分析力、向上心、統率力、など


自分がアピールしたい能力の整理が出来たら、読み手を惹きつける表現に作り替えていきましょう。


例えば、「行動力があります」「チャレンジ精神があります」と書いた場合、ライバルと差がつかず埋もれてしまいます。

「チャレンジ精神」を例に以下のケースを比較してみてください。


[修正前]チャレンジ精神があります

  ↓

[修正後]困難な道を好んで選択し、覚悟を持って突き進む人間です。


修正前に比べれば、インパクトがある表現になっていませんか。

主張はひとつに絞る

自分の能力や長所を沢山アピールしたい気持ちは十分理解できるのですが、主張を増やし過ぎるとかえって何が言いたいのかわかり難くなります。


ひとつの項目に絞り、ストーリー性を持って根拠(PDCAサイクルが見えるもの:問題の原因把握→解決策の実行→結果)を示していった方が、説得力が増します。


原則、PRする能力や長所は1つ(多くても能力や長所を組み合わせる形で2つ)にしておきましょう。


PRする能力・長所が会社でどう活かせるのかを示す

自分の能力や長所がエントリーシートの提出先の企業でどのように活かされるのかを具体的に記すことも必ず意識してください。

「会社でも活躍してくれるかも?」という姿が描けないようなものでは、採用担当者はあなたに会いたいとは思わないのです。自分の伝えたいことだけを一方的に伝えるという自分本位のものではなく、相手が求めることを理解して自己PRをするようにしてくださいね。


Facebookページ