先輩が語った就活までにやっておけば良かったこと

就活を終えた先輩達に対して「就職活動までにやっておけば良かったこと」をヒアリングしてみました。


実際に就活を経験した先輩達だからこそ言えるものだと思いますので参考にしてください。


・スケジュール管理をきちんと行えるよう行動すべきだった(男性:メーカー)

・他大学の学生や社会人など、いろいろな人と関わればよかった(女性:ホテル)


・1、2回生の時期にもっと主体的に行動しておくべきだった(女性:生命保険)


・何事も計画的に過ごせば良かった(男性:メーカー)


・英会話(男性:メーカー)


・学校の授業(理系なのに専門的な話が全然出来なかった)(男性:インフラ)


・海外旅行や留学等に行っておきたかった(女性:IT)


・高い目標に本気でチャレンジする経験を積むこと(女性:人材)


・自分が興味を持った業界のインターンシップやアルバイトなどしておくべきだった(男性:専門商社)


・TOEICを受験しておけばよかった(女性:銀行)


・宅建、簿記、FPなどの資格を取得しておけばよかった(男性:広告)


・夏休み等の長期休暇を利用して日常では経験しづらいことを(バックパッカーや留学など)を経験する(男性:マスコミ)


・部活やサークルに入っておけば良かった(男性:サービス)


・貯金をしておくべきだった(就活はかなり費用がかかるので)(女性:損害保険)


・恋愛や飲み会など(女性が想像以上に少ない職場であり出会いがなさそう…)(男性:物流)


・読書を通じて知識だけでなく、日本語能力や国語力をつける(女性:コンサル)


------------------------------------------


人によって意見は異なり、これが正解というものはありません。


企業が求める人物像に近づくための能力や考え方を身に付けるための経験を積み、プラスアルファで知識やスキル等を得ることが必要なのかも知れませんね。


ちなみに企業が求める人材をシンプルに表現すれば「会社の利益に貢献できる人」です。もう少し人物像を明確にするために、人気企業の採用情報から求める人物像を調べてみました。


・「自分で考え、しっかりと行動できる人」(三井物産)


・「自ら高い目標を掲げ、周囲を巻き込んで挑戦していく人」(トヨタ自動車)


・「自分自身で常に高い意欲をもち、自ら仕事を創出し、その仕事に対して問題発見型の思考特性で考え判断できる自律型人材」(資生堂)


企業により表現は多少異なるものの、結局は「自分で考えて行動できる人」ということなのでしょうか。


答えは1つではありませんので色々な人の意見を参考に、経験すべきこと、学ぶべきものや身につけるものを考えていってください。それらを意識して日々行動するだけで就活時の自分は大きく変わってくるはずですよ。


Facebookページ