本当に正しい? 就職活動における弱みの伝え方

就職試験の面接等で弱みを聞かれる機会に一度や二度は直面した人も増えてきたのではないでしょうか。

「正直に伝えるべきなのか」、「どのように伝えたらよいのだろう」と悩む人も多いですよね。

 

さて、弱みはどのように伝えるべきなのでしょうね。


まずはじめに、弱みを含めた全ての質問は可能な限りPRに繋げたほうが良いと考えてください。アピールと聞くと「弱みはない」と伝えたい気持ちもわからなくはありませんが、そんなスーパーマンのような人は滅多にいませんから、きちんと考えるようにしましょう。

質問の意図って!?

そして、質問には必ず意図があります。面接官は弱みの質問から何を確認したいのでしょうか。確認のポイントは、会社、担当者により多少異なるものの、以下の3点を確かめていることが大半です。

(1)自分の弱みを把握出来ているか
(2)把握している弱みをそのままにせず改善しようとしているか
(3)自社で仕事をする上で大きくマイナスになる弱みがないか

これらを意識しながら返答し、できる限りPRにつなげていきましょう。

弱みの見つけ方と伝え方

弱みの見つけ方は以下を参考にしてください。


【弱みの見つけ方 その1】 弱みと強みは表裏一体という考え方
例えば「臆することなく自分の意見を述べることができる」という強みであれば、「自己主張が強すぎる」という弱みになります。

 

【弱みの見つけ方 その2】 過去の失敗経験から見つける方法
過去の経験の中で、失敗したことを思い出して、何がいけなかったのか、何処を改善すれば良いのかを考えてみましょう。

【伝え方】
嘘をつけとは言いませんが、素直に言いすぎる必要はないですし、相手が求めている能力と完全に逆行する弱みを伝えることは避けた方が無難です。特に、相手のニーズと逆行することは避けた方がよいでしょう。裏を返せば、それを利用し、PRするという考え方もアリです。

例えば、スピード感を持って仕事をする姿勢を強く求めている会社だったとしたら、「そそっかしいとか、やや慎重さに掛けることがある」などを弱みとして、「とにかくスピード重視の傾向が強く、思い立ったら即行動という面があります。スピードを最優先する状況ではさほど問題ではありませんが、充分に考えきれていないケースがあるので、単に片付けるという意識を排除し、じっくり丁寧に取り組むことも意識しながら行動するようにしています」などと伝えれば、スピード感を持って働ける人材というニーズにはマッチしているように聞こえますよね。

また、シンプルに「弱み」を伝える場合は、弱みを伝えたあと、改善方法も伝えるようにしましょう。

Facebookページ