「私服でお越しください」という選考は、本当に私服で参加して良いの?

就活生から良く聞かれる質問。『就職活動の会社説明会や面接に「私服でお越しください」と言われた場合、本当に私服で参加してよいのでしょうか』という内容。


本当に私服で参加して良いのか少し迷うかもしれませんが、企業が「私服で構わない」と言う以上、私服で問題ありません。


私服で行ったことにより、評価が落ちることは基本的にはありません。


でも、「私服で構わない」と案内と受けたとしても、しわだらけのTシャツにジーンズ、サンダル、ミニスカートや原色の派手なシャツなど、ビジネスカジュアルをわきまえない格好はアウト…。


また、「私服で構いません」と案内されている選考に、スーツで参加しても問題はありません。もし不安が残るようであれば、スーツで参加してしまいましょう。


例外として、アパレル業界等では洋服のセンスを問うために、私服での来社を指定することもあります。その場合は、スーツは避け、その企業ブランドの売り場に立っているイメージを伝えられるものをチョイスするようにしましょう。前後の選考との兼ね合いで私服で参加出来ない場合には、「前後に他の企業の説明会に参加する旨」を必ず伝えるようにしてくださいね!



Facebookページ