業界別の偏差値・難易度ランキング。入社が難しい一流有名企業一覧【新卒採用/就職活動】

★入社することが難しい業界の偏差値ランキング

出来れば一流有名企業に入社したい、でも自分の学校ランク的に入社出来るのか、内定を得られるんか不安という就活生多いのではないでしょうか?

当記事では、業界別の偏差値・難易度ランキングをご紹介します。

入社がするのが難しい一流有名企業名などを一覧にしています。新卒採用枠の就活、転職活動の際の業界・業種研究にご活用ください。

あわせて、売上高や年収のランキング市場(マーケット)規模なども間単にご紹介します。

新卒採用としての就職活動や転職活動、どちらにおいても選考を受けるにあたり必須の知識になりますので、しっかりチェックしておきましょう。

 

業界毎の合格難易度や偏差値ランキング、学生から人気がある業界等をご紹介しています!

目次

 

【1】業界別 業界市場規模ランキングTOP30

 

【2】業界地図・業種一覧表(就職・転職活動中の方に人気のある)

 

【3】業界別の偏差値・難易度ランキング(推定)

 

【4】入社が難しい超一流有名企業ランキング一覧(文系・理系)

 

【5】就活生から人気がある業界・業種の動向や特徴の解説

 

以下、3万人以上の就職・転職支援をしてきた就活支援フリースペース『就プラ』が、四季報や有価証券報告書、就職・転職掲示板、口コミサイト、就活生や企業の人事採用責任者などから入手した情報をもとに徹底解説します!(新卒向けの情報が多いですが、20代の転職者の方に必要な情報も盛り込ませて頂いております)

【1】業界別 業界市場規模ランキング TOP30

 

以下は、業界別の市場規模のランキングTOP30です。

 

「市場規模」とは、その製品やサービスの取引が行われている「大きさ」を表す指標となります。シンプルに考えれば、マーケットの規模が大きいほうがビジネスのチャンスが大きいと言えるでしょう。

 

まずは、流し読み程度に市場規模が高い業界を確認してみてください。

 

そして、次に行って頂きたいことは、詳細の市場の特徴や動向を把握することです。

 

単純に現時点で規模が大きいことをすることももちろん大切なのですが、各業界の特徴を把握することは自らが就職する業界の未来を見据えることになりますので

、実はとても重要です。

 

業界の規模を知った後は、最も大切な各業界の動向や特徴を知ることです。記事の後半でご紹介していきます。

ランキング 業界名 業界規模
1 卸売 106兆2,194億円
2 電気機器 82兆9,106億円
3 自動車 69兆6,283億円
4 金融  65兆6,367億円
5 小売 61兆1,279億円
6 総合商社 53兆7,446億円
7 家電 48兆6,190億円
8 専門商社 46兆5,748億円
9 自動車部品 36兆9,773億円
10 生命保険 36兆0,947億円
11 通信 34兆0,085億円

12

化学 32兆7,414億円
13 機械 32兆3,425億円
14 食品 29兆4,169億円
15 銀行 27兆6,015億円
16 サービス 27兆3,120億円
17 石油 22兆4,238億円
18 電力 21兆6,001億円 
19 スーパー 17兆8,918億円 
20 鉄鋼 17兆2,555億円
21 建設 16兆6,893億円
22 鉄道 15兆9,049億円
23 IT 15兆6,309億円
24 不動産 14兆7,659億円

25

非鉄金属 13兆8,054億円
26 電子部品 12兆8,494億円
27 運送 12兆7,411億円
28 携帯電話 12兆0,642億円
29 製薬 11兆3,797億円
30 損害保険 10兆3,913億円

【2】業界地図・業種一覧表(就職・転職活動中の方に人気のある)

 

次は、就職・転職希望者から人気がある業界を一覧にしてご紹介します。

 

一つひとつの業界の特徴などの説明は割愛しますが、世の中にはこのような業界があるのか程度に捉えてください。

 

業界の名称を見て、気になる業界があったら詳しく調べていくようにしてください!

メーカー 食品/農林/水産
建設/住宅/インテリア/
設備繊維/化学/薬品/化粧品/生活用品
鉄鋼/金属/鉱業/製紙
機械/プラント
電子/電気機器/精密/医療機器
自動車/輸送用機器/造船
印刷/事務機器関連
スポーツ/玩具
サービス/インフラ 不動産/ディベロッパー/土木建築
鉄道/航空/運輸/物流/海運
電力/ガス/エネルギー
フードサービス
ホテル/旅行
医療/福祉
アミューズメント/レジャー
コンサルティング/調査
人材/教育
商社 商社/専門商社
IT/情報通信 ソフトウエア/インターネット/通信
小売 百貨店・スーパー/コンビニ/専門店
金融 銀行/信用金庫/証券/クレジット/信販・リース/生保・損保
広告・出版・マスコミ 放送/新聞/出版/広告
官公庁・公社・団体 公社・団体/官公庁

【3】業界別の偏差値・難易度ランキング(推定)

就職・転職系の掲示板や口コミサイト、就職四季報、学生や人事担当者からの情報提供等をもとに、業界別の偏差値や難易度をランキングにしていました。

 

あくまで、様々な情報を元にして、推定したものに過ぎません。その業界中での、企業規模やその時の経済状況、文系・理系、職種などによっても異なりますので、ご注意ください。(何となくの目安程度にとらえてください)

 

難易度ランキング 業界名

最高クラス:SS

鉄道

航空

海運

電力

ガス

エネルギー

インフラ

放送

総合商社

ディベロッパー

鉱業

シンクタンク

高い:S

コンサルティング

銀行

新聞

保険(生保・損保)

出版

広告

旅行

情報通信

インターネット

食品

化学

薬品

製薬

化粧品

生活用品

造船

自動車

輸送用機器

公社

官公庁

普通:A

証券

農林

水産

建設

インテリア

繊維

鉄鋼

金属

製紙機械

プラント

電子

電気機器

精密

医療機器

印刷

事務機器関連

スポーツ

玩具

専門商社

倉庫

物流

レジャー

人材

教育

百貨店

やや低い:B

ソフトウエア

通信住宅

設備

不動産

クレジット

信販

リース

ホテル

信用金庫

低い:B

フードサービス

医療

福祉

エステ

アミューズメント

フィットネス

スーパー

コンビニ

専門店

土木

家電量販店

携帯電話販売

 

あくまで推定値です。その業界の中での企業規模や募集状況によっても異なります。

【4】入社が難しい超一流有名企業ランキング一覧(文系・理系)

 

入社が難しい企業のランキングは、基本的には年収が高く、就活生側の人気ランキングでも上位に位置付けるような企業ばかりです。(主観的な部分もありますので、あくまで参考程度でお願いします)

 

業界(Sランク) 業界名
金融業界

日本銀行

国際協力銀行(JBIC)

野村證券(GM)

東京海上(SPEC)

日本政策投資銀行(DBJ)

みずほFG(GM/AM)

三菱東京UFJ(戦財/FT)

大和証券(GM)

三菱UFJモルガンスタンレー(IB)

SMBC日興証券(セルトレ・IB)

日本生命(AC)

野村アセットマネジメント

大和投資信託委託

第一生命(FE)

三菱UFJ国際投信

商社

三菱商事

三井物産

住友商事

伊藤忠商事

不動産

三井不動産

三菱地所

コンサル・シンクタンク

ドリームインキュベータ

経営共創基盤

野村総研

三菱総研

コーポレートディレクション

テレビ

日本テレビ

フジテレビ

テレビ朝日

テレビ東京

TBS

NHK 

広告

電通

博報堂

出版

三大出版社(講談社・小学館・集英社)

海運

日本郵船

商船三井

その他

トヨタ

JA共済

JICA

JR東海

日本取引所

経団連

日本財団

IBM(基礎研究) ※理系

Google(ソフトウエアエンジニア) ※理系

Intel ※理系

JAXA ※理系

 

あくまで推定値です。景気状況や職種、出身学部などによっても異なります。

 

難易度ランクAの企業

読売テレビ、朝日放送テレビ、毎日放送、テレビ大阪、関西テレビ、朝日新聞、共同通信社、国際石油帝石(INPEX)、ジャフコ、日本製鉄、大和住銀投信投資顧問、日経新聞社、日本生命保険相互会社、日本経営システム、日本証券金融、日本M&Aセンター、任天堂、丸紅、三井住友アセットマネジメント、三菱UFJリサーチ&コンサルティング、読売新聞、ENEOS、旭硝子、味の素、出光興産、サントリー、証券保管振替機構、信越化学工業、全日本不動産協会、全国銀行協会、日本損害保険協会、中部電力、東急不動産、東京ガス、NTTドコモ、日本証券業協会、日本相互証券、農林中金、ホンダ(本田技研工業)、三井住友トラストアセットマネジメント、三菱重工、JFEスチール、JFEエンジニアリング、 NTTデータ経営研究所、 小田急電鉄、キリン、京王電鉄、経済同友会、住友不動産、損害保険料率算出機構、東急電鉄、 東京海上日動、東京建物、東京電力、日産、日本総研、阪急電鉄、三菱化学、三菱UFJ信託、みずほ総研、JR東日本、JRA、商工中金、森ビル、ブリヂストン、ヤクルト、松竹、帝人、阪神高速、野村不動産 アサヒビール、川崎汽船、時事通信社、住友化学、大阪ガス、大和総研、中日新聞、 東京流通センター、 東燃ゼネラル石油、日清製粉、バンダイ、日立コンサルティング、富士フィルム、毎日新聞社、みずほ情報総研、JR西日本、花王、サッポロ、資生堂、首都高速、住友電工、双日、デンソー、東宝、豊田通商、日揮、日本郵便、JASRAC、JT、KDDI、R&I、NTTデータ、東レ、川崎重工、コマツ、森トラスト、キーエンス、キヤノン、ANA、三井住友信託、武田薬品、三菱倉庫、メタルワン、神戸製鋼、伊藤忠丸紅鉄鋼、旭化成、三井化学、IHI、産経新聞社、三菱マテリアル

 

上記のようなハイレベルの企業を受ける際は、実際に合格した先輩達や内定者のエントリーシート(ES)の内容を一度見てください。

 

自分が太刀打ちできるのか否かもわかりますし、お手本にすることで効率的に選考対策ができるはずです。

 

無料で利用できるおすすめのESを見られる公開・ダウンロードサービスは以下を参考にしてください!

【5】就活生から人気がある業界・業種の動向や特徴の解説

 

以下は就職情報サイトのunistyleが紹介してしていたデータをもとに就活生から人気がある業界を一覧表にしています。

 

登録している20卒・21卒の学生が、会員登録時に回答していただいた志望業界のデータを参考に作成されたようです(有効回答数は約合計10万名。対象は上位校が中心の模様)

 

ランキング 業界名
1 メーカー(食品・医療・生活他)
2 商社(総合・専門)
3 メーカー(自動車・機械・電気・素材)
4 IT・情報通信 
5 金融・保険
6 コンサル・シンクタンク
7 マスコミ
8 建設・不動産
9 外資系企業
10 人材・教育・その他
11 運輸・物流
12 エンタメ・レジャー
13 エネルギー
14 流通・小売・チェーン

就活生から人気がある業界 参考:ユニスタイル希望業界データ

 

毎年、メーカー・商社・金融・マスコミなどは人気ですね!

 

以下は、就職・転職活動中の方から人気がある業界の特徴や動向を業界別に詳しく解説しています。

 

まだ紹介している業界は少ないですが、定期的に就活生から人気がある業界の特徴や動向を紹介していく予定です。

当ページは、有価証券報告書、会社四季報EDINET厚生労働省の統計情報白書、などによって開示されたデータを引用し、ランキングしています。情報の正確さについては、万全を期しておりますが、情報の全てに関して保証するものではありません。最終的な確認は各自でお願い致します。