【就職活動/新卒採用】グループディスカッション(GD) テーマ例

新卒採用の就職試験で行われるグループディスカッション(GD)のテーマを紹介します。

 

今回、紹介するものは大手人気企業で実際に取り上げられたテーマです。業界ごとに特色が異なるため、自分が興味のある業界の内容を確認し、みなさんであればどう取り組むかを考えてみてください。(インターネット上では、企業名を非公開としています。実施企業名を知りたい方は会員登録を頂くか、就プラまでお越しください)

 

その他、そもそもグループディスカッション(GD)とは?どのようなものなのか、など基本的な解説も合わせて致します。

 

業界別 グループディスカッション(GD)テーマ一覧

グループディスカッションとは?

グループディスカッション(GD)とは、企業が採用活動の際に、複数人の学生を一度に選考するために用いられる選考方法です。グループワークと表現するところもあります。

 

就活生がグループとなり、与えられた課題に関して議論を行い、制限時間内に結論を出し、発表する流れが一般的です。

 

エントリーシートなどの書類選考や筆記試験、面接では判断できない、チームワークや集団でのコミュニケーション能力、リーダーシップなどの能力を確認することが企業側の主な目的となります。

 

グループディスカッション(GD)のテーマの種類

グループディスカッションのテーマは、大きく3つにわけられます。

 

企業側がテーマを指定する場合が多いものの、複数のテーマの中から参加者が自分たちで選択することもまれにあります。

 

①会社の事業や仕事に関するテーマ

・当社のキャッチフレーズを考えてください

・新商品の提案・商品の売り出し方について

・当社の○○という商品の売上を3倍にするにはどうすればよいですか

・会社のPRをするならどの点をどうPRするか?

・キャッチコピーやテーマソングを作るなら?

 

②就職活動や学生生活に関するテーマ

・社会人と学生の違いは何か

・理想とする社会人像とはなんですか

・就活にスーツは必要か?

・学生と社会人の違いを5つ考えてくだし

・就職に必要なものを3つあげてください

 

③時事問題に関するテーマ

・学生の選挙投票率を上げるには

・今後の大学教育について

・冬季オリンピックのメダル数を増やすにはどうしたらいいか

・日本のノーベル賞受賞者の数を上げるには

 

グループディスカッションで暴走する困った人とのかかわり方のコツ

最近は、選考の初期段階でグループディスカションを実施する企業が増加しています。これからグループディスカッションを経験する中で、人の意見を聞かない、話の流れが読めない、否定ばかりする等、「困ったちゃん」と出会うことを経験するはずです。

 

GDで暴走する『困ったちゃん』いるんだよな…

 

以下は、4人の困ったちゃんの対処方法を解説します!

 

①だんまり君

②ボケボンさん

③否定名人さん

④ダメダメ司会君