おすすめの新卒就活エージェント

新卒就活エージェントとは専任のアドバイザーが就職活動の始めから終わりまでを支援してくれるサービスです。

 

就職活動において、「自己分析が上手くできない」、「行きたい企業がわからない」という初期の段階での悩みから、面接やES等の各種対策が可能なもの、企業からオファーを受けることが出来るもの、理系や女性特化の支援サービスなど様々です。

 

経験豊富なプロのアドバイザーからのアドバイスやサポートをフル活用して、就活を効率的に進めたい方は有効に活用してください。以下、3万人以上の就職支援をしてきた『就プラ』おススメのエージェントの特徴や評判をご紹介します。(ランキングサイトや口コミサイト等も参考にしています)

 

■支援の手厚さを重視し、2~3社を同時に活用することをおすすめ

新卒の就職活動の際に、就職支援エージェントを活用する際のポイントは、『支援の手厚さ』や『アドバイザー・コンサルタント』との相性です。

 

大手のエージェントは、求人数が豊富ですが、面接対策や、履歴書やエントリーシートのなどの書類の添削には、そこまで力を入れていないところも多いように感じます。

 

求人を探すだけでしたら、就活ナビでもできるわけですから、エージェントを選択する際は、充実した支援を受けることができ、選考の通過率をグッと上げてくれるところを選択してください。

 

また、初めから1社だけに限定をせず、まずは2~3社程度のサービスを利用したほうが効率的です。

 

その理由は、エージェントにより、保有している非公開求人に違いがあり、1社だけでは求人数として十分とはいえません。

 

また、アドバイザー・コンサルタントとの相性や支援のレベルなども、実際に相談に行ってみないとわかりません。

 

しかし、5社、6社と、登録をしすぎても情報量が多すぎて、かえって混乱しますので、まずは支援が手厚そうな2~3社程度に登録をして、一度相談にいってみてください。

 

■就プラ 就職支援エージェントサービス

 

【おすすめ度(評価)】★★★★★

 

『就プラ エージェントサービス』は、過去に3万名以上が利用した就活生向けのフリースペース『就プラ』が運営しています。一般的なエージェントは、同エージェントが推薦した企業のみの支援に限定されることが一般的ですが、就プラは自己応募の企業の支援もOKなところが人気です。

 

【特徴】

①就職エージェントとしてはかなり特殊で、アドバイザーが現役人事担当

②企業推薦だけではなく、ESの添削や模擬面接等も可能

③支援人数を限定しているため、サポートが手厚い

④人事目線で、求人の良いところも、悪いところも説明

 

■キャリアチケット(careerticket)

 

【おすすめ度(評価)】★★★★★

 

キャリアチケット』は量より質にこだわり、平均受験社数は5社と、やみくもに何十社も受け続ける就活から卒業できるサービスです。

 

同社の『ハタラクティブ』というサービスをテレビCMなどで見たことがある人も多いかもしれませんね⁉

 

キャリアチケットは、面談地域が、渋谷、秋葉原、池袋、大阪、横浜、福岡、名古屋、京都の8か所と便利なので、全国的に活用できるサービスです。

 

【特徴】

①サポート体制が整っており、コンサルタントの質も良い

②個別面接対策で内定率が1.39倍に上昇

③キャリアチケットだけの限定求人も豊富で、特別推薦枠を用意

④希望に沿った求人のみを紹介してくれるので、ミスマッチが少ない

 

■MeetsCompay

【おすすめ度(評価)】★★★★

 

MeetsCompay』は、企業と就活生のリアルな出会いにこだわりをもった就職支援エージェントです。

 

開催地域は全国各地で、イベントの開催頻度も高いため、オンライン上等では、企業の魅力が伝わらない、自分自身の人間性を直接お会いしてPRしていきたいと考える方は、ぜひ利用を検討してみてください。

 

出展企業は、毎回異なりますが、中堅からベンチャー企業等が多い印象です。(もちろん東証一部上場企業等も参加しています)

 

【特徴】

(1)年間のサービス利用者約10万人、就職決定者は約6000人。就活生の5人に1人が利用しているサービス。

(2)東京、大阪、名古屋、福岡、北海道、名古屋など全国各地で採用イベントを開催。年間の採用イベントの開催数は業界NO.1の650回以上。

(3)イベント後に就職相談をすることができ、応募書類の添削・面接対策等一人ひとりに合わせた徹底サポート。

 

■JobSpring(ジョブスプリング)

 

【おすすめ度(評価)】★★★★

 

『JobSpring(ジョブスプリング)』はRoots社が手掛けるサービスです。

 

【特徴】

①面談×AIマッチング結果をもとに、約1000社から最適な企業を紹介

②サポートが手厚い(最低3回以上の面談)

③内定率91.7%で早期離職率は0.1%

④紹介社数は3~4社程度に限定。マッチング率を重視

 

■リクナビ 就職エージェント

 

【おすすめ度(評価)】★★★★

 

さまざまな企業が利用しており、とにかく求人の幅が広い、『リクナビ就職エージェント』。利用学生人数が多いこともあり、細かな部分までサポートが行き届いているというよりは、とにかく豊富な求人数が魅力という印象です。

 

企業がどのような人材を求めているのかも調査しているので、情報の取りこぼしをなくすためにも、まず登録しておいて損はないサービスです。

 

■マイナビ 新卒紹介エージェント

【おすすめ度(評価)】★★★★

 

『マイナビ新卒紹介』は、大半の就活生が利用するマイナビが運営する新卒支援エージェント。

 

その魅力は、非公開求人の質の高さ。名立たる大企業の求人が数多くあるだけでなく、質が非常に高いという評判です。

 

「新卒紹介」のみで応募を受け付けている企業もあるため、登録しておいて損はないかも知れません。

 

■キャリアパーク就職エージェント

【おすすめ度(評価)】★★★★

 

キャリアパークという就活生の3人に1名が運営利用する就職メディアの運営会社の支援サービスです。

 

運営者からのメールによる情報提供の量が少し多いという学生の声も聞こえますが、裏を返せばそれだけの情報量を提供できる媒体であることも事実です。

 

エージェントサービスについては、完全個室で就活生1人ひとりに合う企業を親身に探してくれることが学生の評価に繋がっています。

 

■キャリセン就活エージェント

【おすすめ度(評価)】★★★★

 

『キャリセン就活エージェント』は、キャリアアドバイザーとしての経験が豊富な方が多く在籍している印象があります。(支援歴10年以上という人もいらっしゃる模様)

 

コンセプトとしては、大学のキャリアセンター並みに就活生に寄り添い相談を重視した就活支援をすることに重点を置いているサービスとのこと。

 

夏、秋位などの遅い時期でも支援に力を入れている印象ですので、留学や院進学からの進路変更の方も利用しやすいのでは!?

 

■doda新卒エージェント

【おすすめ度(評価)】★★★★

 

ベネッセとパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)の合弁会社が運営する就活エージェントサービスである『doda新卒エージェント』。

 

大手グループならではの、安定したサポートが魅力です。doda新卒エージェントがプロの視点で見極めた優良・成長企業が3500社以上の紹介を受けることが出来ます。

 

国家認証資格を取得したプロフェッショナルが在籍し、様々な業界や企業を熟知したキャリアアドバイザーが一人ひとりにつきサポートをしてくれるようです。