【就職活動/新卒採用】内定するエントリーシート(ES)の書き方/コツ・ポイント・注意点 基本編

就職活動の入り口ともいうべき「エントリーシート(ES)」。

 

人気企業であれば志望者の8~9割程度がこのエントリーシートと筆記試験で足切りされる厳しい現状があります。

 

そのエントリーシート選考を突破する方法を解説していきます。

 

エントリーシートでは何が問われるのか?

まず、エントリーシートとは何について説明しておくと、企業の書類選考の課題として提出を求められる採用書類です。皆さんご存知ですよね?

 

では、エントリーシートでは何が問われるのでしょうか。企業により何を重視するのかは多少異なるものの、一般的には以下のポイントを見極めるための質問をしてきます。

 

(1)学生の能力(行動特性)
(2)学生の熱意と志望度
(3)学生の知識や考える力

 

主のポイントとしては、自社で活躍するための能力や知識を有しているか、そして自社に対して強い興味関心を抱いてくれているか等を確認してきます。

 

「学生時代に力を注いだこと」や「自己PR」などは1を問う質問となり、志望動機は2を確認しています。

 

3については、「新たな商品」を考えるようなテーマが出題されたこともあります。1、2の設問と違い、事前の対策がし難いため「自ら考える力」を確認するには適した質問なのでしょう。

 

エントリーシートを記入する事前準備として、自己分析により自らの強みを把握すると共に強みを実証できそうなエピソードを整理しておきましょう。

 

書類選考が合格すればOKというわけではない

エントリーシートは選考の最初から最後まで活用されるので注意してください。集団面接や個人面接では面接官の資料として履歴書と併せて活用され、細かな部分に対しての確認をされます。

必ず提出したもののコピーやデータを必ず保存しておき、面接前に見直すようにしましょう。