お金がない20代。社会人2、3年目で貯金ゼロ。お金をつかわない休日の過ごし方。趣味で副収入を!

20代の社会人で、月収や年収がなかなか増えず、お金がない人。

社会人1年目のときは貯金が出来なくても仕方がないと思っていたけれども、2~3年目になってもコロナウイルスの影響で結局お給料が上がらず、貯金もゼロのという状態…。少しでも収入を増やさないと遊びにも行けないし、貯蓄も出来ない。

コロナウイルス感染症が怖いから、外出を自粛している今の期間は、お金を使わないで、自宅で簡単にできるワークや副業で、副収入を得ながら、休日を過ごす人も増えています!

スマホやPCさえあれば、オンラインで仕事見つける事ができ、お金を増やすことが出来る副業や内職に注目が集まっていることはご存知ですか⁈

でも、フリーランスとして独立するような事は考えていないし、会社にバレてクビや処分の対象にもなりたくないですよね。

では、20代のサラリーマンは、副業やダブルワークを行っているのでしょうか?

当記事では、所得税や住民税など確定申告を含め、会社に絶対にバレない方法や範囲で出来る副業や、その手続き方法などを解説致します!

 

会社に本当にバレないのならば副業をしてみたい。もうすぐ副業OKになりそうなので事前に情報収集をしておきたいという方はぜひご覧ください!

目次

【1】20代の月の手取り額はいくら位?男性・女性での差は?

 

【2】副業で副収入を得ても会社にバレない?バレる?

 

【3】副業(ダブルワーク)が会社にバレる可能性はなに?

・住民税の徴収額によってバレることの補足説明

・副業の収入の確定申告について。いくらから確定申告が必要?

 

【4】副業で稼ぐ・お金を増やすための方法は大きく2種類

 

【5】副業とフリーランスの違いとは?

 

【6】フリーランスの人口は?副業、独立など働き方は4タイプ

 

【7】フリーランスが多い職種・人気のある職業は避けたほうが無難!

 

【8】副業としての仕事の探し方・おすすめのナビサイトや人気のあるエージェントサービス 

 

以下、3万人以上の就職・転職支援を手掛けた『就プラ』がフリーランスとして人気がある職業や、仕事探しの際におススメのナビサイトやエージェントの特徴や独立・副業希望者からの人気度、評判をご紹介します。(ランキングや口コミサイト等も参考にしています)

【1】20代の月の手取り額はいくら位?男性・女性での差は?

20代の平均月収や手取り額はいくら位なのでしょうか?

 

まずは、国税庁や厚生労働省のデータなどを参考にしつつ、解説をしていきます。

 

国税庁の調査によると20代の平均年収は、319万円という結果になっていました。

 

20代前半と、後半の差は100万円以上になります。

 

手取り額は、トータル支給額から社会保険料や税金(所得税や住民税)等を引いた額になりますから、上記の金額の8割程度になると考えてください。

 

20代前半の平均年収 267万円
20代後半の平均年収  370万円

20代の平均年収

319万円

 

次に、20代で男女の平均年収についてみていきましょう。

 

【20代前半】

20代前半 男性の平均年収 284万円
20代後半 女性の平均年収  249万円

20代前半 差額

35万円

 

【20代後半】

20代後半 男性の平均年収 404万円
20代後半 女性の平均年収  326万円

20代後半 差額

78万円

 

20代の時点で男女の平均年収に大きく開きが出ています。約80万円程度の差が生まれているようです。

 

次に、月の手取り額を計算していってみましょう。簡単に比べられるようにあえて端数を削らせて頂きます。

 

【男女計】

20代前半の月額給与額 約23万円
20代後半の月額給与額 約27万円

 

【男性】

20代前半の月額給与額 約23万円
20代後半の月額給与額 約27万円

 

【女性】

20代前半の月額給与額 約22万円
20代後半の月額給与額 約25万円

 

手取り額は、トータル支給額から社会保険料や税金(所得税や住民税)等を引いた額になりますから、上記の金額の8割程度になると考えてください。

 

社会保険料などを差し引くと、20代前半では18.5万円程度、20代後半では22万円弱となりました。

でも、この金額では贅沢や貯金は出来なそうですね…。

 

収入を増やすには、仕事で結果を出して出世をするのか、より条件の良い会社に転職をするのか、はたまた副業やダブルワーク等で副収入を増やすのかなどを考える必要がありそうです!

 

次は、副業や内職などが会社にバレないのか、本当に大丈夫なのかについて説明していきます!

 

【2】副業で副収入を得ても会社にバレない?バレる?

まず、副業やアルバイト(ダブルワーク・Wワーク)が会社にバレないのかについて解説していきます!

 

あまりいい加減なことは言いたくありませんので、様々な観点からみて現実的な話をすると、副業をすることが絶対にバレないとは言えません。バレる可能性を減らすことは出来るものの、何らかのきっかけでそれが会社側に伝わるリスクはゼロにはできません。

 

絶対にバレないとは言えませんが、バレる可能性を減らすこと、そのための注意点等はもちろんあります!

 

それでは、副業としてのアルバイトや業務委託などがどのような時にバレるのか、それを回避するための方法などをこれからご紹介していきます!

 

【3】副業(ダブルワーク)が会社にバレる可能性はなに?

副業を始めたいと思っている人が最も恐れることは会社にバレることでしょう。

 

では、会社側に副業がバレるタイミングやきっかけはどのようなものがあるのかをご紹介します。

 

 

副業が会社にバレるきっかけ

(1)副業やアルバイトをしているところを会社の人に偶然見つかってしまったり、仲の良い同僚などにうっかり話してしまったことから噂が立ったり、会社に知られてしまうこと。

(2)住民税の徴収額によってバレる

 

どちらも細心の注意を払い、必要な手続きなどを済ませておけば回避はできるものなのですが、何かのきっかけでバレるということもなくはないでしょう…。

 

(2)については、バレる確率を下げて、副業をするポイントになりますので、このあと簡単に解説します。ご存知ない方はご覧ください!

 

住民税の徴収額によってバレることの補足説明

会社勤めをしていると住民税ことなどはあまり気にしないかも知れませんが、本来自分が市区町村などに収める税金の手続きを、会社代わりにしてくれていると考えてください。

 

会社員のお給料からは、以下2つの税金が引かれています。

 

 

天引きされている税金


(1)所得税
所得税とは、毎年1月1日から12月31日までの1年間のすべての所得から所得控除によって差し引いた金額に、一定の税率を適用して算出される税金のことです。所得のある方は、必ず納めることになる税金です。

税額は、所得額に応じて納税額が増える累進課税制を採用しています。税率は5~45%となります。(参考:国税局 所得税のしくみ)

(2)住民税
住民税とは都道府県や市区町村がおこなう行政サービスを維持するために必要な経費を分担して支払う税金です。基本的税率は課税所得の約10%となります。

 

ここで知っておいて頂きたいとこは、副業について確定申告をすると会社側から支払われている給与とあわせて住民税が計算されるため、翌年に会社側に通知が届き、バレることがあるということです。

 

バレないようにするための方法は、確定申告書の「住民税に関する事項」の欄で、「自分で交付」に○をつけて提出をする様にしてください!

 

これにより、副業による収入に関する住民税の通知が自宅に届くようになります。その分を、自分で納付すれば、副業を会社に知られずに済みます。

 

税金からバレることは必要な手続きをすれば防げます!

副業の収入の確定申告について。いくらから確定申告が必要?

簡単に確定申告に関する補足説明や、税金を減らすための方法も解説致します。(細かな部分は確定申告の案内などを確認してください)

 

所得の種類は大きく2種類にわけられます。

 

 

副業としての所得の種類


(1)副業で支払われたお金が「雑所得」の場合
「雑所得」は必要経費が認められ、その収入を得るためにかかった費用を経費として差し引くことが出来ます。 収入を得るために必要な打ち合わせ費用や交通費、通信料などが経費になります。これを確定申告に含めることができ、税金を減らすことが出来ます。 収入から経費差し引いた金額が20万円以下になった場合には、確定申告をしなくてもかまいません。(注:確定申告は必要ありませんが、住民税の申告は必要です)


(2)副業で支払われたお金が「給与所得」の場合
副業の収入をアルバイトなどの給与として、受け取った場合は、所得税が源泉徴収されているケースがほとんどですので、税金のことは気にしなくてもよいでしょう。(注意点としてダブルワークがバレる可能性が高いです)

 

つまり、ダブルワークとしてアルバイトのような形で、給与所得を受け取った場合は、バレる確率がかなり高いです。(多分バレますので正直おすすめしません…)

 

なお、雑所得が20万円を超える場合は、確定申告が必要になります!


雑所得として受け取るものは先に説明をした注意事項に沿って、確定申告をすることによって、自分で税金を納付することが出来ます。つまり、バレにくいのです。

 

雑所得の副業の一例としては、アフィリエイト収入や業務委託などの仕事等がありますね!

 

仮に副業をするならば雑所得に含まれるものを行い、確定申告を行いましょう!

【4】副業で稼ぐ・お金を増やすための方法は大きく2種類

副業を始めようか検討している人に向けて、まずはじめに、副業として稼ぐ、仕事を得るためにはどの様な方法があるのかを解説します。

 

 

副業や内職で稼ぐ方法

(1)高いスキルや専門性をプロジェクト単位や時間、案件対応として提供するような働き方

(2)空いている時間や休日などを活用して、簡単な作業を量をこなす形で収入を得る働き方

 

有しているスキルや経験によってもどのように仕事や収入を得るのかが異なることは言うまでもありません。

 

でも、今の副業マーケットとしては、様々なマッチングサービスやサイトが存在するため、どちらのスタイルであっても仕事を探すことは可能です!

 

言うまでもありませんが、(1)のほうが収入は高く、(2)で得られるお金は少ないことが実情です。(1)についてはフリーランスとして仕事を得る人と同等のスキルが求められることが一般的です。

 

次は、フリーランスの種類や副業との違いなどについても参考までにお伝えします。

 

【5】フリーランスと副業の違いとは?

 

参考までに、フリーランスとは?何なのかについて解説します。

 

ウィキペディア(Wikipedia)では『フリーランス』は以下のように解説されていました。

 

特定の企業や団体、組織に専従しておらず、自らの技能を提供することにより社会的に独立した個人事業主である。日本では自由業または自由職業とも呼ばれる。この形態により請け負った業務を遂行する人をフリーランサーまたはフリーエージェントとも呼ぶ。

 

『縛られた』生き方はちょっと疲れた。独立して、自由な生活をしたい。独立をして収入を高めたいという人のことを指すものだとお考えください。

 

今回の記事の中では、独立型のフリーランスとしてではなく、今の会社や組織に正社員として属した状態で、副業として、パラレルワーカーとして仕事をしていく方に向けた仕事探しの方法を解説していきます!

 

【6】フリーランスの人口は?副業、独立など働き方は4タイプ

 

現在、日本国内でフリーランス的な仕事をしている人は、約1,000万人程度です。

 

これは、国内の総人口の約1割の人数となります。

 

調査対象となったのは、完全に独立しているフリーランスに加え、副業的に仕事をするすきまワーカーも含まれています。

 

以下は、クラウドソーシングサービスで人気のあるランサーズ社が実施した調査です。

 

一重にフリーランスといっても、スタイルには大きな違いがあります。

最近はコロナウイルスなどによる収入低下で、副業的に始める方が増えています。

①副業系のすきまワーカー

本業は会社員。会社員としての給料を得ながら、空いた時間で副業をするフリーランス。副業であるため、大半の人が10万円未満の年収。

 

②副業系のパラレルワーカー

空き時間や休日に行う副業系のすきまワーカーとは異なり、プロフェッショナルとして、2社以上の企業と契約ベースで仕事をしているフリーランス。

 

③自由業系のフリーワーカー

企業との雇用関係がない完全に独立したフリーランス。

 

例として、最近話題のブロガーやユーチューバーなどはこれにあたります。

 

④自営業の独立オーナー

個人事業主や、1~数名で法人登記をしているフリーランス。

 

税理士や弁護士などの士業などもこれにあたります。最近はエンジニアや人事・コンサル系などでも独立系オーナーが増えてきているように思えます。

 

【7】フリーランスが多い職種・人気のある職業は避けたほうが無難!

 

フリーランスとして、人気があったり年収が高い職業は、弁護士や司法書士、社労士等の士業系、また、WEBエンジニアやデザイナーなどのIT系の専門職が多いです。

 

20代のサラリーマンが副業的に空いた時間で仕事を得ていくことを考えた場合は、人気がある案件を貰いにいくというよりは、自分自身に自信があるスキルを活かして、少しずつ収入を増やすことを考えたほうが現実的かと思います!

 

少しずつ、難易度が高い分、報酬額が高額な案件を受注していくようにしたほうが本業に支障が出ないはずです!

 

副業・内職のように仕事を始める際は、難易度や競争倍率の高い仕事ではないものからスタートしたほうが安心でしょう!

【8】副業としての仕事の探し方・おすすめのナビサイトや人気のあるエージェントサービス

副業としての仕事量は最大級。副業目的なら登録必須! クラウディア
在宅型などで、隙間時間を活用してお仕事を探したい方 ランサーズ
主婦や副業など空いている時間で収入を得たい方 クラウドワークス

■クラウディア

「Craudia(クラウディア)」は、クラウドソーシング型ビジネスマッチングサービスです。

 

会員数100万人以上を誇る日本最大級で、インターネット環境さえあれば、WEB上でお仕事の受発注を完結することが可能です。

 

インターネット上で仕事が行えるため、フリーランスの方の本業、サラリーマンの方の副業、主婦で、内職的に暇な時間でのおこずかい稼ぎ、自分のスキルを磨くなど様々なニーズに沿った仕事を簡単に得ることが出来ます。

 

受注者(仕事を得る側)は、利用料やマッチング料金など一切かからないため、登録必須のサービスです。

 

案件の種類や数が豊富であるため、登録しておいて損は一切ないでしょう!

 

おすすめ度(評価)

★★★★★
エリア 全国
得意業種 全職種
おすすめな人 副業やフリーランスとして仕事が欲しい方
求人数 -
あわせて読みたい:クラウディアの評判・口コミ

 

■ランサーズ

ランサーズ』は、日本最大級のクラウドソーシングサービスです。

 

選べる仕事の種類は豊富で、あなたの職務経歴やフリーランスとしての実績、検索履歴などからおすすめの仕事をマッチングもしてくれます。

 

フリーランスとしての仕事は、エンジニアに限らず豊富で、ライティングの仕事などは仕事を得る難易度は比較的低いです。

 

コンペ案件やプロジェクト案件、タスク案件などがあり、例えば、コンペ案件は、多くの人が自身のアイディアや企画を提案し、選ばれた人にだけ報酬がもらえるビジネスコンペのようなシステムです。

 

ランサーズも日本最大級のクラウドソーシングです。隙間時間を埋めるような仕事で副収入を増やせます!

 

空き時間を埋めるために、スポットで仕事が欲しいときや副業的に限られた時間でお仕事を探す際に活用すると良いかも知れません。

 

おすすめ度(評価)

★★★★★
エリア 全国
得意業種 クリエイター、デザイナー、ライター、プログラマーなど
おすすめの人 隙間時間を使って在宅スポットの案件、お仕事を探したい方
求人数 約12万件以上

■クラウドワークス

 

クラウドワークス』は、クラウドソーシングサービスの最大手で、フリーランス案件、仕事・求人数としては断トツのNO1です。

 

インターネット上の検索などでも良く見かけることが多いでしょう。

 

近年フリーランス、在宅ワーカー、副業などの働き方が増加している中、クラウドソーシングサービスを利用する方も多いです。

 

短時間でも対応可能な、案件を探すにはとても使い勝手が良いサイトです。

 

クラウドソーシングサービスの中では案件数断トツNO1です!

 

おすすめ度(評価)

★★★★★
エリア 全国
得意業種

クリエイター、デザイナー、ライター、プログラマーなど

おすすめの人 主婦、副業などアルバイト感覚で収入を得たい方
求人数 50万件以上