薬剤師の職場毎にやりがいや仕事内容が異なる?どんな人が向いている?仕事で大切なことは?

薬剤師は職場によってやりがいや仕事内容が異なるの?向いている人は?

薬剤師の代表的な職場は、「病院施設」「調剤薬局」「ドラッグストア」「製薬会社」などがあります。薬を扱うという意味ではすべて共通しているものの、働く環境やお給料、仕事内容は職場により大きく異なります。

薬剤師の仕事のやりがいや向いている人は?

働く人が多いのは病院、調剤薬局、ドラッグストア、企業薬剤師などどこの職場?


薬剤師の平均年収っていくら位なのだろう?仕事上で大切なことは?

等など、薬剤師は転職の頻度が比較的多い職業ではあるため、新卒枠などで薬剤師として仕事をしている20代の方などが第二新卒として就職・転職活動をすべきか悩んでいるという人もいらっしゃるかも知れませんね…。

薬剤師としてより今よりも条件の良い職場へ転職し年収アップを狙うべきなのか、一時的に年収が減ったとしても異業種に転職するべきなのかなどを考えるきっかけにしてください!

あわせて、当記事では3万人以上の就職支援を手掛けてきた就プラがおすすめする薬剤師専門の就職ナビサイトや就職支援エージェントを一覧にしてご紹介します。

目次

 

【1】薬剤師の仕事の役割・仕事内容は職場により大きく異なる。

 

【2】薬剤師に向いている人。仕事で大切なこと?やりがいは?

 

【3】薬剤師の平均年収は低い?高い?1,000万円貰えることもある?

 

【4】職場別の薬剤師の平均年収。製薬会社やドラッグストアが高い傾向

 

【5】都道府県別 薬剤師の平均年収ランキング

 

【6】薬剤師の仕事が辛い…辞めたいと感じる退職理由は?

 

【7】薬剤師の国家資格を活かすのか異業種に転職するのかは重要

 

【8】薬剤師に人気の転職ナビサイトの特徴、おすすめのポイント

 

【9】転職までにかかる期間はどれくらい?

 

【10】薬剤師の転職に有利な時期は?

  

【11】転職ナビサイト(エージェント)の複数登録がおすすめ

 

【12】豊富な求人の中から、厳選して面接に進もう!

 

【13】薬剤師に人気の転職ナビサイト(おすすめの転職エージェント)

 

【1】薬剤師の仕事の役割・仕事内容は職場により大きく異なる

 

薬剤師の代表的な職種には「調剤薬局」「ドラッグストア」「病院施設」「製薬会社」などがありますが、それぞれ薬を扱うという意味では共通しているものの、働く職場によって仕事内容は大きく異なります。

 

全国届出薬剤師数の約8割程度が、医療施設薬剤師もしくは薬局薬剤師として活躍しています。

 

施設ごとに仕事内容を簡単にまとめると以下になります。

 

勤務先 主な仕事内容
病院施設 ・服薬指導
・処方箋調剤
・薬品発注、管理
・点滴、注射剤調整、管理
・病棟患者の服薬状況管理
・治験業務
・救急救命業務
・医療スタッフカンファレンスへの参加
調剤薬局 ・処方箋調剤
・服薬指導
・患者受付、電話対応
・会計業務
・薬品発注、管理
ドラッグストア ・処方箋調剤
・服薬指導
・薬品発注、管理
・患者受付、電話対応
・一般大衆薬販売
・日用品・雑貨品の管理・販売

 

職場によって業務範囲が大きく異なっており、例えば病棟勤務の薬剤師は、入院中の患者さまに対して服薬指導を行います。また、病院によっては救急救命業務や治験業務に関わること等もあるため、医師、看護師、医療チームのメンバーと連携を図りながら仕事をすることが求められます。夜勤や残業等が必要になる職場もあるでしょう。

一方、調剤薬局やドラッグストア等になると、サービス・小売り業的な業務である接客対応等も薬剤師が担うこともあります。店舗により営業形態が異なるため、土日等に勤務する職場もあったりします。

 

病院薬剤師と、調剤薬局、ドラッグストアでは仕事の性質に結構な違いがあります。

【2】薬剤師に向いている人。仕事で大切なこと?やりがいは?

 

まず、患者さんの「健康やいのちを守る」「社会貢献できる」「豊かな生活づくりをサポートする」ことが出来ることが、薬剤師の仕事のやりがいと言えるでしょう。

 

患者さんに対して的確に服薬指導をおこない症状が改善されていく過程を見守っていきます。患者さんと医師のかけ橋的な役割を果たし、社会貢献できることは喜びに繋がります。


病院でも調剤薬局、ドラッグストア等でも薬剤師以外のスタッフとの連携が必要になるため、コミュニケーション能力やチームワーク等は求めらえる職場ではあるでしょう。

また、薬の知識等については常に新しい情報を収集していく向学心をもって仕事に取り組めたほうがチーム医療に役立てることが出来るはずです。

 

服薬指導により、患者さんが健康になっていく様子に寄りそえることはやりがいに繋がるでしょうね。

【3】薬剤師の平均年収は低い?高い?1,000万円貰えることもある?

 

薬剤師のお給料についての疑問や悩みを持っている人も少なくないでしょう。

医療系の国家資格保持者の中では、医師(ドクター)のお給料が高額に見えるため、薬剤師の方は自分のお給料が少ないという感覚になりがちです。

実態としては、2020年発表の薬剤師の平均年収は561.7万円(平均年齢 39.4歳)

となっており全職業の中でも平均以上ではありますし、医療従事者の中でも上から3、4番目と決して低いわけではありません。

しかし、勤務先や勤務地となる都道府県、年齢、性別(男女)によっても大きな差が出ている現状が実はあります。

勤務地で見ると、首都圏など都心部のほうが年収が高いように感じるかも知れませんが、薬剤師は地方都市のほうがお給料が高いケースが割と多いのです。

これは、一般的な転職と大きく異なるところです。

この理由としては、都心部は薬剤師の数が過剰になりつつある状況に対して、地方の中小の調剤薬局などでは人が不足しており、人員確保のために高額な報酬を用意する必要があるということなのでしょう。

 

また、職場によっても大きな金額差があるため、この後いくつかのデータを一緒に見ていきましょう。

 

【4】職場別の薬剤師の平均年収。製薬会社やドラッグストアが高い傾向

 

薬剤師のお給料や年収は業態(職場)が高い傾向にあるのかを見ていきましょう。

会社の規模や地域により異なるものの、転職エージェント等の求人情報等を参考にすると病院 < 調剤薬局 < ドラッグストア < 製薬会社の順番になっています。

ドラッグストアは、店舗数を拡大しているところが多いため、どうしても人が不足する傾向があります。また、残業代などで月給額や手取り額が等が上乗せになっているところも多いようです。

 

また、製薬会社の研究職やMR職なども報酬が高いところが多く1000万円の大台に到達している人も少なくありません。

 

製薬メーカーや大手チェーンのドラッグストアは報酬が高い傾向があります。

病院(一般職) 約350~400万円程度
病院(薬剤師主任) 約450~500万円程度
病院(薬剤師部長) 約600~700万円程度
調剤薬局(一般職) 約450~550万円程度
調剤薬局(管理薬剤師) 約500~650万円程度
調剤薬局(エリアマネージャー) 約550~800万円程度
ドラッグストア(一般職) 約450~600万円程度
ドラッグストア(管理薬剤師) 約550~700万円程度
ドラッグストア(エリアマネージャー) 約650~1,000万円程度
製薬会社 約700~1,000万円程度

【5】都道府県別 薬剤師の平均年収ランキング

 

次は、47都道府県別の薬剤師の平均年収のランキングをみてみましょう。

薬剤師の年収は、毎年目まぐるしく順位が入れ替わっています。

 

働くエリアによってかなり差があるため、県境の地域等にお住まいであれば都道府県を跨いでの転職活動も有効なこともあります。

働きながら年収が高い地域を探すことは難しいでしょうから、業界に精通した人材紹介会社に相談したほうが効率的であるとは思います。

 

月収額や平均年収などお給料に関する情報は記事の後半でご紹介する薬剤師特化のエージェントに確認することが一番確実です。

1位 静岡県 698.7万円
2位 長野県 689.5万円
3位 高知県 642.7万円
4位 島根県 625.8万円
5位 愛知県 622.1万円
6位 青森県 619.8万円
7位 秋田県 618.8万円
8位 宮城県 610.2万円
9位 三重県 600.6万円
10位 山形県 595.1万円
11位 神奈川県 583.4万円
12位 茨城県 580.8万円
13位 広島県 571.4万円
14位 宮崎県 569.7万円
15位 北海道 566.3万円
16位 福井県 565.7万円
17位 滋賀県 563.9万円
18位 和歌山県 562.9万円
19位 大阪府 558.9万円
20位 東京都 553.6万円
21位 香川県 547.6万円
22位 山口県 538.8万円
23位 千葉県 537.5万円
23位 大分県 537.5万円
25位 熊本県 537.2万円
26位 鹿児島県 536.8万円
27位 富山県 536.2万円
28位 沖縄県 530.5万円
28位 福岡県 530.5万円
30位 岡山県 528.6万円
31位 京都府 527.3万円
32位 兵庫県 527.0万円
33位 鳥取県 525.0万円
34位 佐賀県 522.6万円
35位 埼玉県 521.2万円
36位 栃木県 520.7万円
37位 山梨県 511.5万円
38位 奈良県 506.7万円
39位 岐阜県 503.4万円
40位 石川県 495.1万円
41位 岩手県 494.1万円
42位 福島県 489.2万円
43位 群馬県 483.5万円
44位 愛媛県 463.7万円
45位 新潟県 447.2万円
46位 徳島県 444.0万円
47位 長崎県 428.2万円

厚生労働省:賃金構造基本統計調査

 

【6】薬剤師の仕事が辛い…辞めたいと感じる退職理由は?

 

比較的、離職率が高いと言われている薬剤師のお仕事。

 

今の職場に悩み、退職・転職を検討する方はどのような理由が多いのかをまずはい一緒に見ていきましょう。


 

薬剤師の退職理由

・患者さんとの関係が大変・対応がつかれる

・上司・同僚との人間関係 

・仕事がうまくいかない(大きなミスをした)

・長時間勤務、休日出勤などの過重労働

・仕事ができないと思われていて評価されない

・教育・フォロー体制が整っておらず将来が不安

・お給料や年収が低く・待遇が悪い

・売上やノルマがあることが耐えられない

・薬剤師業界の規制緩和で社会的な価値が下がったように思える

・単純作業ばかりで仕事が退屈

・病院内で評価が低い


職場により辛いと感じる理由は異なるとは思うのですが、お客様(患者)や職場人間関係、将来性に関するものなどやめたいと思う人は多いようです。

 

例えば、お客様との関係でいうと、精神科病院、精神科や心療内科やその近隣の調剤薬局に勤務する薬剤師さんは、患者さんとの人間関係に悩む人が多いと聞きます。

 

患者さんや職場の人間関係や過重労働など退職理由は様々です。

【7】薬剤師の国家資格を活かすのか異業種に転職するのかは重要

 

現在の職場を退職して、転職を検討している人も少なくないでしょうね⁉

 

転職に当たり、①薬剤師の資格を活かすのか、②報酬などが下がったとしても異業種、未経験職種へ転職をするのかの整理は大切です。

 

薬剤師の資格を活かさない形で、異業種へ転職活動をする際は、年齢や経験にもよりますが、収入が下がる可能性があることは十分ご注意ください。

 

薬剤師を続けるべきか否かでまだ悩んでいる人は薬剤師に専門特化をしたエージェントに一度相談にいった上で判断すると良いかも知れません。実際、そのまま薬剤師として転職する人のほうが多い状況です。

 

薬剤師の資格を活かす選択を取らない方は、ご希望の職種に合わせて以下のエージェントなどをご利用ください。

 

職場を変えることによって悩みが解決するのか、異業種へ転職するべきなのかはじっくり考えてください!

【8】薬剤師に人気の転職ナビサイトの特徴、おすすめのポイント

薬剤師専用の転職ナビサイトの特徴として、共通しているサービスがあります。

 

それは、専門のアドバイザーが転職活動の最初から最後までフルサポートしてくれるというものです。

 

「就職支援エージェント」や「転職エージェント」等の言われるサービスです。

 

利用料はもちろん無料ですのでご安心ください!

 

薬剤師専門の転職支援サービスは、求職者の希望条件にマッチした求人を紹介して、お給料などの勤務条件などを転職ナビサイトのスタッフが薬局や病院側と代わりに交渉してくれます。

【9】転職までにかかる期間はどれくらい?

薬剤師の転職活動において、多くの方が疑問を持つのは、転職開始から終了までの期間です。

 

一から求人を探して、自己応募をしていくのか、専門の転職エージェントを活用するのかにより、多少は異なるものの2ヵ月程度が一般的なようです。

 

Q:薬剤師の転職活動にかかる期間はどれくらい?(30代女性)

A:一般的に3週間~2ヵ月半程度かかります。

調剤薬局の場合、平均3週間~1ヶ月ほど。

製薬会社などは、1ヶ月半~2ヶ月ほどかかります。

転職までの期間や有利な時期は、大手人材企業のマイナビやリクナビなどの調査の中でも類似することが説明されていました。

【10】薬剤師の転職に有利な時期は?

薬剤師の転職活動には有利な時期があるのでしょうか?

 

一般的には、1~3月が転職にはおすすめと言われています。

 

時期により求人数が異なるため、求人募集の数が多い時期を狙うようにしましょう。もちろん、年中求人は出ていますので、皆さんの事情に合わせて活動をする様にしてください。

 

Q:薬剤師の転職活動に有利な時期はある?(20代女性)

A:転職時期としては求人募集の多い時期がチャンスになります。

特に薬剤師の募集が増えるのは12月のボーナス支給後の1月から3月です。

条件のよい薬剤師の転職を狙うならば、1月から3月に向けて転職活動をおこなうことをおすすめします。

この時期は、通常では薬剤師の求人が出ない企業や病院から募集が出ることもあり、収入や待遇に納得のいく会社へ転職できる可能性もあります。

【11】転職ナビサイト(エージェント)の複数登録がおすすめ

多くの人が複数の転職エージェントを併用して転職活動を進めています。

 

実際に、大手人材会社のリクルートが公表している「転職成功者のエージェント利用社数に関する調査」でも、転職成功者の平均登録数は4.2社というデータもあり、多い人だと10社以上登録しているので、ぜひ複数登録で賢く転職活動を行いましょう。

 

転職エージェント(人材紹介)利用社数
◆転職決定者:平均4.2社
◆転職者全体:平均2.1社

 

薬剤師としての求人そのものは、あらゆる転職サービスや転職エージェントが扱っていますが、医療や製薬業界の実態をきちんと理解し、適切なアドバイスを行えるのは、やはり薬剤師の転職支援に特化をしたエージェントです。

 

薬剤師の転職事情をしっかりと把握していますので、細かな部分までアドバイスをしてくれ、転職成功へ導いてくれます。

 

【12】豊富な求人の中から、厳選して面接に進もう!

薬剤師が転職する際の、きっかけのひとつに職場の人間関係が挙げられるます。

 

転職先の現場を自分の目で確かめ、雰囲気が良いかどうかを見極めることは可能な限り行う必要があります。また、薬剤師の転職支援に特化をしたエージェントを活用して、医院長や経営者のスタンスや、職場の雰囲気、人間関係なども重要な要素でしょうね!

 

希望する地域、雇用形態、給与、待遇、残業、休日休暇など、皆さんが望む条件面を満たした求人と出会うため、複数の転職エージェントから求人を紹介して頂くことをおススメします。

 

また、良くある質問として、沢山の求人を紹介されても、全部受ける時間がないというものです。

 

Q:紹介された求人は全て受けないとダメ?(20代女性)

A:条件面など、納得いくものだけでKOです!

みごと内定を得た場合も、最後はご自身で決めてください!

 

複数の転職ナビサイト(エージェント)から紹介していただいた求人のうち、自らが求める条件の求人から優先的に受けていくようにしましょう!

 

【13】薬剤師に人気の転職ナビサイト(おすすめの転職エージェント)

正社員から、派遣社員、パートまでOK。調剤薬局に強い。 ファルマスタッフ
人材業界大手のマイナビグループ。利用者満足度NO1 。 マイナビ薬剤師
全国対応可。電話での相談が嬉しい!病院や企業に強い。 薬キャリエージェント
人材業界大手のリクルートグループ。薬局に強い。 リクナビ薬剤師
気になる薬局に「逆指名制」でアプローチしてくれる。 お仕事ラボ
転職者の満足度が高く、口コミでも高評価 ジョブデポ薬剤師
大手調剤薬局を運営する東証一部上場のグループが運営 薬剤師転職ドットコム
調剤薬局やドラッグストアの求人が豊富 ヤクジョブ
全国各地の求人あり。派遣。紹介予定派遣などにも強い アプロ・ドットコム

■ファルマスタッフ

 

ファルマスタッフ」は、薬剤師の転職支援実績20年と専門特化のエージェントとしては老舗的な存在です。

 

東証一部上場の日本調剤グループが運営するサービスで、専門性にも長けているためぜひ登録しておきたいサービスです。

 

特に、調剤薬局業界とのパイプが太く、働き方も、正社員から、パートアルバイト、派遣社員など、多様な働き方を支援してくれます。

 

派遣の求人数は5,000件以上と業界トップクラスです。

 

おすすめ度(評価)

★★★★★
エリア 全国
雇用形態 正社員、契約社員、パート、アルバイト、派遣社員
施設形態 調剤薬局、ドラッグストア、病院、治験など
求人数 約6万件

 

■マイナビ薬剤師

 

マイナビ薬剤師」は、人材業界大手のマイナビグループが運営する薬剤師に特化した人材紹介サービスです。

 

総合人材企業として、グループ内で培った情報量やサポート力が活かされており、丁寧で親身な支援が魅力です。コンサルタントとの丁寧な面談で利用者満足度5年連続No.1を獲得しています。

 

全国15地域で薬剤師向けの無料相談会も開催しています。

 

おすすめ度(評価)

★★★★★
エリア 全国(特に東京・神奈川・千葉・埼玉に強い)
雇用形態 正社員、契約社員、パート、アルバイト
施設形態 病院薬剤師、ドラッグストア、調剤薬局、治験など
求人数 約6万件
あわせて読みたい:マイナビ薬剤師の評判・口コミ

 

■薬キャリエージェント(AGENT)

 

薬キャリエージェント」は、医療従事者を対象とした医療ポータルサイト「m3.com」を運営しているエムスリーグループが手掛けるサービスです。

 

医療業界の中では知らない人がいないようなサービスを手掛けるグループですから、安心して利用することが出来ます。

 

特に、病院や製薬会社など医療現場と太いパイプを持っており、気になる病院や製薬会社が求人を出していなかったとしても、アドバイザーが逆指名型で、求人の有無を確認してくれます。

 

その他、サービスの特徴としては、転職者との相談を電話(メール)で行って頂けることです。転職はしたいけど、忙しくて相談場所まで足を運べない、一日でも早く転職をさせないと思う方はぜひご利用ください!

 

おすすめ度(評価)

★★★★★
エリア 全国
雇用形態 正社員、契約社員、派遣社員、パート、アルバイト
施設形態 病院薬剤師、治験、調剤薬局、ドラッグストアなど
求人数 約1万5千件

■リクナビ薬剤師

 

リクナビ薬剤師」は、大手人材企業のリクルートグループが運営しているため、求人数が豊富です。

 

特に、ドラッグストア系の求人を数多く保有しており、調剤併設の大手薬局から大手薬局から町の小さな薬局、製薬会社、病院までを網羅しています。

 

ドラッグストア、薬局などへの転職を希望されている方におすすめしたい転職ナビサイト(エージェント)です。

 

また、ナビには掲載されていない非公開求人は高年収、好条件の求人が多いことで有名です。

 

おすすめ度(評価)

★★★★★
エリア 全国
雇用形態 正社員、アルバイト、パート
施設形態 ドラッグストア、調剤薬局、漢方薬局、病院、治験など
求人数 約5万件
あわせて読みたい:リクナビ薬剤師の評判・口コミ

 

■お仕事ラボ

 

お仕事ラボ」は、希望する薬局等がある場合には同社経由で薬局へ逆指名を行い、条件交渉を代行して頂くことが可能です。

 

転職希望者がエリアでこういった条件の薬局を探して欲しいといった皆さんの希望をかなえて頂けます。紹介後の定着率は95%以上です!

 

また、紹介を受けた薬局と初回面談する際に交通費として最大1.5万円を頂くことが出来ます。

 

※キャンペーンを実施しているタイミングかは、公式ページをご確認ください。

 

おすすめ度(評価)

★★★★★
エリア

全国

雇用形態 正社員、派遣社員、パート、アルバイト
施設形態 調剤薬局、ドラッグストア、病院など
求人数 非公開
あわせて読みたい:お仕事ラボの評判・口コミ

 

■ジョブデポ薬剤師

 

ジョブデポ薬剤師』は、with Career株式会社が運営する薬剤師専門の転職支援サービスです。

 

利用者数は年間2万人で口コミでサービスが広められていっているところから、利用者の満足度も高いのでしょう。

 

ナビサイトから検索できる雇用形態は正社員とパートの2種類です。

 

調剤薬局、ドラッグストア、病院など幅広い職場を探すことが出来ます。

 

おすすめ度(評価)

★★★★
エリア

全国

雇用形態 正社員、パート
施設形態 調剤薬局、ドラッグストア、病院など
求人数 80,000件以上

 

■薬剤師転職ドットコム

 

薬剤師転職ドットコム』は、顧客満足度が95.8%の薬剤師に特化した転職支援サービスです。

 

薬剤師転職ドットコム運営会社である株式会社メディウェルは、調剤薬局大手のアイン薬局を運営している東証一部上場のアインホールディングスのグループ会社です。

長年、調剤薬局の運営を手掛けているだけあり、調剤薬局の求人の特徴や各調剤薬局の職場環境や内部情報を熟知しています。

 

また、薬剤師転職ドットコムは「産前産後休暇・育児休暇実績あり」の検索機能があり、子育て後のブランクがある方などにもおすすめです。

 

調剤薬局の求人がかなり豊富であるため、薬局での勤務をご希望の方はぜひ登録しておきたい一社です。

 

おすすめ度(評価)

★★★★
エリア

全国

雇用形態

正社員、パート、アルバイトなど

施設形態 調剤薬局、ドラッグストア、病院、製薬メーカーなど
求人数 12,000件以上

■ヤクジョブ

 

ヤクジョブ』は、さくら調剤薬局のグループ会社であるクラシスが運営している薬剤師向けの求人情報サイトです。

 

調剤薬局・ドラッグストアから病院・製薬会社まで、7,000社・90,000件以上の薬剤師求人を掲載しています。

 

20年以上の歴史を持ち、求人紹介サービスでは、ベテランの専任コーディネーターが皆様のライフスタイル・キャリアプランに合わせたお仕事の紹介を受けることが出来ます。

 

給与交渉や面接サポートなども丁寧に実施頂けます。

 

おすすめ度(評価)

★★★★
エリア

全国

雇用形態

正社員、パート、アルバイト、派遣、紹介予定派遣など

施設形態 調剤薬局、ドラッグストア、病院など
求人数 90,000件以上

■アプロ・ドットコム

 

アプロドットコム』は、医療・医薬業業界に特化した求人・転職支援を手掛けて20年以上の歴史があります。

 

正社員だけでなく、派遣や紹介予定派遣の求人等も豊富に取り扱っています。

 

30代、40代の方はもちろん、20代で大学・大学院等を卒業して間もない方や、50代、60代の方など幅広い年齢の方がサービスを利用されています。

 

おすすめ度(評価)

★★★★
エリア

全国

雇用形態

正社員、パート、アルバイト、派遣、紹介予定派遣など

施設形態 調剤薬局、ドラッグストア、病院など
求人数 70,000件以上

 

▼介護福祉業界に特化したエージェントはこちら
おすすめの介護・福祉専門の就職支援エージェント一覧