【面接の質問意図】『他社の応募・進捗状況をお聞かせください」って何が知りたいの?|就職・転職活動

就職・転職活動の中で面接を受けたことがある人なら、一度や二度は確認されたことがありますよね。「他社の応募・進捗状況をお聞かせください」という質問。

 

この質問にはどのように答えるべきなのでしょうか⁉

 

まず、この質問については大きく3つの目的があります。

 

(1)会社選びの一貫性と自社の志望度合いチェック
(2)今後の選考日時を調整する際の参考
(3)他社から求職者がどのように評価をされているのかの参考

 

では、答え方のポイントとしては、どのような優先順位なのでしょうか。

 

その時の状況や担当者によりまずが、重要度は、3 < 2 < 1 であると考えています。

 

(3)については、他社からどのような評価を受けている人なのかを参考にする人事担当者も存在するため、そのような見方をする人もいるんだ程度に捉えてください。自社にマッチする人材かどうかの見極めが第一優先ですが、面接官だって人ですからときには迷うこともあります。そんなとき、他社からの評価を参考にしようという感じです。

 

(2)については、他社の選考状況等を確認し、必要に応じて自社の選考スピードを上げるなど、選考の進め方を検討する材料とすることを目的にしたものですので、正直に答えれば良いでしょう。

 

(1)は、志望業界への興味・関心を問うもので、「どのような仕事に就きたいのか、さらに言えば何をやりたいと志しているのか」を知りたいと考えており、これが一番大事。答え方は、会社選びの視点や志向をできる限り一貫性を持たせて説明するべきでしょうね。でも、一貫性がなく、業界がバラバラであったとしても、理由をきちんと伝えられれば評価が悪くなるようなことは殆どありません。

 

全てを正直に答える必要はある?

また、「全て正直に答えるべきか」とよく就活生や転職希望者から質問を受けることがあるのですが、これはそのときの状況と接する相手により異なると考えてください。

 

採用手法が研究・確立され、主観的な判断だけで合否をつけるところは減っており「面接官のその場の気持ち次第で合否が決まる」ことは少なくなりつつありますので、ある程度は正直に答えてしまって大丈夫だと思います。

 

とはいうものの、一貫性が感じられない業界や企業を堂々と伝える必要はありませんし、不採用になった企業まで洗いざらい報告することもナンセンスだと思います。

 

面接官は、応募者の軸と自社が求めるもの・提供できるものがマッチするのか、入社意欲があるのかを知りたいわけですから、それにあった回答を意識してくださいね!