今からでも間に合う!まだ内定がもらえない2022卒でなかなか進路が決まらない就活生必見!

★2022年卒の新卒採用枠の就活でまだ内定が内定がもらえていない人必見!

22卒の就活で、まだ内定を獲得出来ていない方や一度内定を獲得したものの、納得することが出来ず、再度就職活動を再開する方はぜひご覧ください。

コロナの影響もあり、就活マーケット自体が多少厳しい状況にはあるものの、まだ十分間に合います!

不安になる気持ちもあるでしょうが、あきらめずに就活を続けていってください!

当記事では今からでもエントリーできる秋・冬新卒採用企業の求人の見つけ方や追加募集受付中の会社を紹介してくれるサービスについて解説します。

新卒用の就職情報ナビサイトなどでは秋・冬に採用活動を実施企業している企業をなかなか見つけられない人はぜひ参考にしてください。

目次

 

【1】2022年卒の内定率は?28.1%と2021卒より低い…

 

【2】2022年卒で内定がもらえない・進路が決まらない人の特徴

 

【3】コロナ禍で人手不足の業界や職種は?企業の37.2%が正社員不足…。

 

【4】人手不足で難易度がある程度低いが、将来性のある業界

 

【5】コロナ禍で業績が上がっている・下がっている業界は?

 

【6】新卒採用の就職活動における夏・秋・冬採用とは?

 

【7】まだ間に合う2022年卒の新卒採用求人の探し方

 

【8】就活の結果が思うように出ない方は、就活のプロに相談しよう!

 

【9】まだ間に合う!今からでもエントリーできる会社を紹介してくれるエージェント

 

以下、3万人以上の就職支援をしてきた『就プラ』おススメのエージェントの特徴、就活生からの人気度や評判をご紹介します。(ランキングサイトや口コミサイト等も参考にしています)

【1】2022年卒の内定率は?28.1%と2021卒より低い…

 

まず初めに、2022年度の新卒採用の状況について簡単に解説します。

 

状況をお伝えするには内定率を確認していくことがシンプルでしょうから、大手人材会社のリクルート社が発表したデータを一緒に見ていきましょう。

以下は、2020、2021、2022年卒の内定率の推移です。(画像が小さいですがご了承ください)

 

【出展】就職プロセス調査(2022年卒)「2021年4月1日時点内定状況」

 

2022年卒の4月1日時点の大学生(大学院生除く)の就職内定率は、28.1%(-3.2ポイント)と前年同月と比べて低い状況です。

文理別に見ると、文系が25.4%(-2.2ポイント)、理系が33 . 9%(-6 .0ポイント)と特に理系で低くなっています。

要因はいろいろあるかとは思いますが、2021卒の時と大きく違う部分は『インターンシップ』の参加状況でしょうか⁉

 

2021年卒の就活は大学3年生の春先から状況が一変したものの、夏のインターンシップ等は普通に開催をされていました。早期の内定はインターンシップ経由でもらうことも多いため、2022卒はインターンシップがオンライン化されたり、参加数が減ったこと等も影響しているのでしょう。

 

でも、そんなに心配しないでください。2022卒の採用求人自体は、旅行や交通インフラ、アパレル・繊維など業績が大きく低迷しているところを除けば、求人募集自体は普通に行われています。

 

2022年卒は、21卒よりも4月時点では内定率が低い状況にあります…。

【2】2022年卒で内定がもらえない・進路が決まらない人の特徴

 

次は、筆者自身が感じる2022年卒の就活生の特徴についてもお伝えします。

 

結論から先にお伝えすると、【オンライン就活】の弊害により、業界研究や企業研究、自己分析等が不足していることや、社会人や就活生同士の会話の不足による面談力の低下を実感します。

 

私自身は、普段はインターネット広告企業の採用責任者の立場として仕事をしておりますが、採用企業側がリモート環境下で提供できる情報の量や質は、対面で実施していた時と比べると低下しているところが多いように思えます。

 

また、対面での説明会や面接などの副産物は、就活生同士がその合間でコミュニケーションを図ったり、選考終了後にカフェで情報交換をしたりと、対人折衝の力を育む機会が多かったとも感じています。

 

無いものねだりをしても仕方がないのですが、対面だからこそ感じることが出来た部分(リアルに感じる会社の雰囲気や先輩達の様子)や、得てきた成長の機会を2022年卒の方は得られていないと思うと、胸が痛くなります…。

 

余談ですが、会社訪問もできずに入社を決めた2021年卒の先輩達は、早期からギャップを感じて会社を辞めたいと思っている人が例年よりも多いようです。

コロナウイルス感染症が早く収束すると良いですね…。

 

リアルな情報や社員・就活生同士の交流の機会などが少ないことはマイナスに作用している部分も大きそうです。

【3】コロナ禍で人手不足の業界や職種は?企業の37.2%が正社員不足…。

 

次は、コロナ禍でも人材の採用に積極的な業界や職種は どこなのかを一緒に見ていきましょう。

出来る限り客観的なデーターからお伝えするために、リサーチ会社の帝国データバンクのデータを確認してみました。

 

以下は企業規模別の従業員の過不足間の調査です。(参考:人手不足に対する企業の動向調査

 

 

正社員については、大企業で42%の企業が不足としており、中小企業でも約36%程度の企業が不足しているとしています。

非正規の従業員については、正社員と比べると不足していると感じているところは少ないようです。

 

 

少しデータが見ずらい点はご了承頂ければと思いますが、

TOP5は、『メンテナンス・警備・検査』、『教育サービス』、『建設』、『情報サービス』、『農業・林業・水産業』となっています。

その他、『自動車・同部品小売』、『放送』、『医療・福祉・保健衛生』、『家具類小売』、『電気・ガス・水道・熱供給』と続いていました。

 

このような業界を狙って見ることは、就職・転職を成功される上で有効かも知れませんね!

 

上記などが、人手が不足しており、採用に力を入れている業界となります。後半戦の就活ではねらい目です!

【4】人手不足で難易度がある程度低いが、将来性のある業界

 

コロナウイルスの影響もあり、就職・転職マーケット全体としてやや厳しい状況になっています。

出来れば大手有名企業に入社したいけれども、今の現状からすると一旦は正社員として再就職をすることに、目を向けたほうが良いと考える方も少なくないでしょう。

 

でも、せっかく就職するのであれば、長く勤めていきたいし、コロナ禍でも安心して働ける将来来のある成長産業に入社したいとも思いますよね⁉

 

当記事では、求職者からは認知度がなく、あまり人気がない業界や、その業界の今の状態や将来性を知らないから、避けている一般的には不人気と言われる業界や産業をご紹介します。

 

社会貢献性や必要度が高い産業は、国からの補助金や助成金などが得られることが多いため、実は安定しているのです。

 

しかも、競争倍率が低いため、内定を獲得しやすい状況です。不人気業界の中で成長性のある会社や安定している会社を狙いうちしていくことも、就活成功の一つの手段です。

この後、当記事としては『IT業界』、『建設業界』、『運輸業界』などをおススメします!

この後のデータを見て頂ければと思いますが、コロナ禍でも業績が好調です。

 

『不人気』や『知名度がない』業界イコール、成長性がないわけではありません。逆に成長産業が実は沢山あります!

【5】コロナ禍で業績が上がっている・下がっている業界は?

 

次は、コロナ禍での業界毎のコンディションについても見ていきましょう。

現在、転職を検討している人や、無職状態になってしまっている人は、コロナウイルスの影響により、業界・会社自体の売上や利益などで、大きな打撃を受けており、処遇・待遇等が悪化していることや、会社の将来性を不安視しなければいけない状況であることも影響しているようです。

 
新卒入社を目指す皆さんは、すぐに転職を検討などという事態にならないように、できれば安定した会社に入社していきたいですよね⁉

以下は、帝国データバンクのリサーチデータです。

コロナ禍の売上高の動向となりますが、約55%の企業が減収となっており、全産業の伸び率も+1.4%という厳しい数字です。

 

【出典】新型コロナウイルスによる企業業績への影響調査(2020年度4-12月期決算速報)

 

 

先にご紹介した人手不足の業界でみても、『電気通信・郵便』、『小売業』、『不動産、設備、工事業などの建築系』、『情報サービス』などは、同データからも業績が好調のところが多いことが読み取れます。
 

 

コロナウイルスの影響が少ない、現在業績が良い業界を選びたいですね!

【6】新卒採用の就職活動における夏・秋・冬採用とは?

 

ここから先は、これからの就活をスピードupさせていくための情報提供です!

 

まず、夏・秋・冬採用の開始時期は企業全体で統一されているわけではありません。

 

一般的な募集開始は夏採用は7~8月、秋採用は9月~10月、冬採用は11月~12月の場合が多いです。

 

そして卒業までにには内定がもらえるというスケジュール感です。基本的な流れは通常の新卒採用と変わりません。

 

ひとつ注意点としては、夏・冬・秋採用募集期間がある程度あっても、予定人数の採用数が確保できたら採用終了となる企業がある、ということです。

 

そのため、自分が狙った企業なら、素早く選考に臨むことも大切です。

 

いつまでなら間に合うのかということを良く質問を頂くのですが、極論は3月末までは間に合いますと言えるのですが、企業の人事や採用担当者の受入れ、研修準備などを含めて考えると2月末位までが限界ラインの目安としても良いかもしません。

 

【7】まだ間に合う2022年卒の新卒採用求人の探し方

 

コロナウイルスの影響もあり、2021年卒の就職活動は厳しく、学生にとっても企業にとってもヤバいものになりました。

 

コロナ禍の生活に少し慣れが出てきたこともあり、2022卒の就活についてはやや状況は改善したものの、依然厳しい状況ではあります。

 

そのような中でも、最後まで諦めずに就活を続けている皆さんを応援するために、今からでもエントリーできる会社や、まだ新卒募集を継続している会社の探し方をご紹介します。

 

さすがに、秋・冬採用や二次募集などを大手企業が実施しているケースは少なくなっています。

 

企業を探す際の方法は大きく5つの方法にわけられます。

 

まだ間に合う企業探しの方法

①リクナビやマイナビなどの求人情報サイトで検索
②新卒応援ハローワーク等へ相談に行く
③学校のキャリアセンターなどに相談に行く
④Indeed (インディード)などの検索エンジンを活用して企業を見つける
⑤就職支援エージェントを活用する ※こちらをおすすめ!!

 

就職ナビなどを活用した就職活動は既に行ってきている人が多いでしょうから、同じ方法を残りの期間も続けていくことは、あまりおすすめできません。

 

卒業までもうそんなに時間がある訳ではありませんから、今の就活の課題を一緒に解決してくれる専門のアドバイザーに相談をしながら就活を進めていった方が内定を貰える確率は高まるはずです!

 

一人で就活を進めるよりも課題を一緒に解決してくれるプロに相談したほうが効率的です。

【8】就活の結果が思うように出ない方は、就活のプロに相談しよう!

 

新卒就活エージェントとは、専任のアドバイザーが就職活動の始めから終わりまでを支援してくれるサービスです。新卒人材紹介サービスなどとも呼ばれます。(もちろん利用料は無料です)

 

新卒向けの就職支援エージェントは、就職活動の際に、「自己分析が上手くできない」「行きたい企業がわからない」という初期の段階での悩みから、模擬面接やエントリーシート(ES)添削、グループディスカッション(GD)対策などの選考対策を実施して頂けるためグッと内定率が高まります。

 

エージェントはまだ募集をしている企業の推薦や選考対策等を無料でしてくれます!

新卒の就職活動の際に、就職支援エージェントを活用する際のポイントは、

『支援の手厚さ』『アドバイザー・コンサルタントとの相性』です。

 

大手のエージェントは、求人数が豊富ですが、面接対策や、履歴書やエントリーシートのなどの書類の添削には、そこまで力を入れていないところも多いように感じます。

 

求人を探すだけでしたら、就活ナビでもできるわけですから、エージェントを選択する際は、充実した支援を受けることができ、選考の通過率をグッと上げてくれるところを選択してください。

 

また、初めから1社だけに限定をせず、まずは2~3社程度のサービスを利用したほうが効率的です。その理由は、エージェントにより、保有している非公開求人に違いがあり、1社だけでは求人数として十分とはいえません。

 

また、アドバイザー・コンサルタントとの相性や支援のレベルなども、実際に相談に行ってみないとわかりません。

 

例えば、『就プラ』と『キャリアパーク就職エージェント』、『キャリアチケット』、『キャリセン就活エージェント』などにまずは登録して、両方に面談に行き、相性の良いほうを見極めていきましょう。IT業界志望者は『IT求人ナビ新卒』は必ず登録しましょう。

【9】まだ間に合う!今からでもエントリーできる会社を紹介してくれるエージェント

企業推薦に限らず全ての相談が可能 就プラ 就活エージェント
IT業界に専門特化。未経験者歓迎求人多数 IT求人ナビ新卒
大手人気企業・上場企業など豊富な求人 キャリアパーク就職エージェント
量より質にこだわった支援が定評 キャリアチケット
5万人以上の利用実績あり! キャリセン就活エージェント
理系大学院(修士・博士)なら登録必須! アカリク就職エージェント
マッチングイベント数が豊富 MeetsCompany

就プラ エージェントサービス

おすすめ度(評価)★★★★★

 

『就プラ エージェントサービス』は、過去に3万名以上が利用した就活生向けのフリースペース『就プラ』が運営しています。

 

一般的なエージェントは、同エージェントが推薦した企業のみの支援に限定されることが一般的ですが、就プラは自己応募の企業の支援もOKなところが支持に繋がっています。(当ページの監修も手掛けています)

 

 

アドバイザーは、普段はインターネット広告企業で人事をしています。夏~冬の時期は自社の採用が落ち着くため、就活支援を手掛けています!

 

サービスの特徴

①就職エージェントとしてはかなり特殊で、アドバイザーが現役人事担当
②企業推薦だけではなく、ESの添削や模擬面接等も可能
③支援人数を限定しているため、サポートが手厚い
④人事目線で、求人の良いところも、悪いところも説明
⑤利用料は全て無料

■IT求人ナビ新卒

おすすめ度(評価)★★★★★

 

IT求人ナビ新卒』は、IT業界のエンジニア、Webデザイナーに特化した新卒就活支援サービスです。

 

プログラミング未経験者でも、IT業界や技術に精通した専任のスタッフが、就活生に対してのキャリアのご相談から、選考対策などトータルサポートをしてくれます。

 

ITエンジニアの支援実績は13年と非常に歴史のあるエージェントであるため、企業とのパイプも強く、安定のIT業界へ就職したい人におススメしたいサービスです。

 

IT業界での信頼が厚く、プログラミング未経験者でも手厚く支援をして頂けます。

 

サービスの特徴

①IT業界専門特化で13年の実績
②支援範囲の広さも魅力東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、大阪府、京都府、兵庫県、札幌市、仙台市、愛知県、広島市、福岡市の勤務地を希望する方)
③プログラミング未経験者歓迎!

 

IT求人ナビ新卒の特徴・サービス内容を解説|評判・口コミはこちら

キャリアパーク就職エージェント

おすすめ度(評価)★★★★★

 

キャリアパーク就職エージェント』は、東証マザーズに上場するポート(株)が運営する新卒枠で就職活動中の学生支援に特化をしたエージェントサービスです。

 

就活が上手く行かない人ややりたいことが見つからない方などでも、履歴書の書類作成、面接対策、企業紹介など、全面的に就職活動をバックアップしてくれます。

 

同社が手掛けるキャリアパークは、就活生の3分の1以上が登録するようなメジャーサービスです。

 

求人企業とのネットワークも強いため、利用価値の高い一社となります。

 

IT/人材/福祉/販売/物流/インフラ/介護/教育/飲食/建築/精密機器/通信/不動産など豊富な求人があります。

 

企業との関係性も強く、大手グループ/上場企業/超優良企業/有名メガベンチャーなど豊富な求人が魅力です!

サービスの特徴

①就職サイトは就活生の1/3程度が利用するメジャーサービス
②最短3日で内定
③有名ベンチャー・上場企業など求人が豊富
④応募書類の添削・面接対策など一人ひとりに合わせた徹底サポート
キャリアパークの特徴・サービス内容を解説|評判・口コミはこちら

キャリアチケット

おすすめ度(評価)★★★★★

 

キャリアチケット』は量より質にこだわり、平均受験社数は5社と、やみくもに何十社も受け続ける就活から卒業できるサービスです。

 

同社の『ハタラクティブ』というサービスをテレビCMなどで見たことがある人も多いかもしれませんね⁉(既卒など20代向けの転職支援サービスです)

 

キャリアチケットは、面談地域が、渋谷、秋葉原、池袋、大阪、横浜、福岡、名古屋、京都の8か所と便利なので、全国的に活用できるサービスです。

 

支援地域が広いため、地方都市でも利用できるところが嬉しいですね!

サービスの特徴

①サポート体制が整っており、コンサルタントの質も良い
②個別面接対策で内定率が1.39倍に上昇
③キャリアチケットだけの限定求人も豊富で、特別推薦枠を用意
④希望に沿った求人のみを紹介してくれるので、ミスマッチが少ない
⑤利用料は全て無料
『キャリアチケット』の特徴・サービス内容を解説|評判・口コミはこちら

キャリセン就活エージェント

おすすめ度(評価)★★★★★

 

キャリセン就活エージェント』は、キャリアアドバイザーとしての経験が豊富な方が多く在籍している印象があります。(支援歴10年以上という人もいらっしゃる模様)

 

コンセプトとしては、大学のキャリアセンター並みに就活生に寄り添い相談を重視した就活支援をすることに重点を置いているサービスとのこと。

 

夏、秋ごろなどの遅い時期でも支援に力を入れている印象ですので、留学や院進学からの進路変更の方も利用しやすいはずです。

 

過去5万人以上が利用しています。エージェントとしてとても実績があるサービスです!

サービスの特徴

①過去5万人以上の利用実績あり。利用後の内定率は5.4倍に!
②1000社以上の紹介実績を誇るから安心

夏・秋・冬採用などの求人が豊富
④専門のアドバイザーが内定獲得まで徹底サポート
キャリセン就活エージェントの特徴・サービス内容を解説|評判・口コミはこちら

アカリク就職エージェント

おすすめ度(評価)★★★★★

 

アカリク就職エージェント』は、大学院生(修士・博士)・ポスドクに専門特化した求人紹介サービスです。

 

対象学生は、大学院生となってはおりますが、採用実績企業からすると文系ではなく理系大学院の研究者向けのサービスのように思えます

 

大学院に通う方は、一般的なエージェントですと、年齢的な部分がマイナスになりかねない為、大学院生であれば強く登録をおすすめしたいサービスです。

 

また、博士課程出身者やポスドク経験のある研究者の視点を持ったコンサルタントが多数在籍しているため、就活生の皆さんの研究内容などをしっかり理解してくれれるはずです。

 

「高い専門性を持つ学生が欲しい」、「特定分野の人たちを採用したい」などの理由で、大学院生や研究者を積極的に採用したい企業の求人がたくさん集まっています。

 

マスター・ドクターの方であれば利用必須のサービスです!

サービスの特徴

①大学院(修士課程・博士課程)・ポスドク研究員に特化した唯一のサービス
②主に理系の大学院生に特化しているため年齢などの心配も不要

③専門性を有する学生を求める企業の求人が多数
④アドバイザーもポスドクや大学院卒が中心
アカリク就職エージェントの特徴・サービス内容を解説|評判・口コミはこちら

MeetsCompany

おすすめ度(評価)★★★★★

 

MeetsCompany』は、企業と就活生のリアルな出会いにこだわりをもった就職支援エージェントです。

 

開催地域は全国各地で、イベントの開催頻度も高いため、オンライン上等では、企業の魅力が伝わらない、自分自身の人間性を直接お会いしてPRしていきたいと考える方は、ぜひ利用を検討してみてください。

 

出展企業は、毎回異なりますが、中堅からベンチャー企業等が多い印象です。(もちろん東証一部上場企業等も参加しています)

 

コロナ禍の今はエージェントとしての個別相談も充実させています!

 

全国各地でマッチングイベントを開催しています。コロナ禍でエージェントサービスにも力を入れています!

サービスの特徴

①年間のサービス利用者約10万人、就職決定者は約6000人。就活生の5人に1人が利用しているサービス
②東京、大阪、名古屋、福岡、北海道、名古屋など全国各地で採用イベントを開催
③年間の採用イベントの開催数は業界NO.1の650回以上
④イベント後に就職相談をすることができ、応募書類の添削・面接対策等一人ひとりに合わせた徹底サポート
『MeetsCompany』の特徴・サービス内容を解説|評判・口コミはこちら