職場で顔を見る・声を聞くのも嫌な人。緊張で動悸や震えなど拒絶反応が出たら病気のサイン⁉

★今の職場の人間関係で真剣に悩んでいる人、まいっている人必見です!

職場で顔を見るもの、声を聞くのも嫌な上司や先輩がいて、深刻に悩んでいる人も少なくはないようです…。

その状態が長期間続き、緊張で動悸や体の震えなどが出ているとしたら要注意かも知れません。

その症状は、限界寸前のサインのような拒絶反応で、病気の一歩手前という可能性もあります。

もちろん、原因や症状によるとは思いますが、根本的な問題解決に向けて、行動をとるべき状況にあるかも知れません。

今の会社で我慢して仕事を続けるのか、辞めて他の会社へ転職をするべきなのかなど悩んでいる人などは当記事を最後までご覧ください。

 

精神的な部分に影響が出ている位の状況でしたら、今のままでは不味いかもしれません…。

目次

 

【1】常に緊張状態で動悸や震えなど拒絶反応が出たら病気のサイン⁉

 

【2】体の不調を感じるようであれば環境を変えること等も必要?

 

【3】仕事に行きたくない理由ランキング

  

【4】利用者が急増する退職代行サービスとは?

 

【5】退職代行業者と労働組合・弁護士事務所による「代行」の違いは?

 

【6】退職代行サービスの依頼先の選び方

 

【7】今すぐに辞めたい方向けに利用者数が多いランキング上位をご紹介

 

【8】絶対ダメ!無断欠勤からそのまま逃げだすように辞めることはNG

 

【9】新卒者(新卒入社の新入社員)の離職率

 

【10】退職のきっかけは、仕事にやりがいを感じない合わない、給料などの不満

 

【11】退職代行サービスを利用・利用したいと考える割合は25%超

 

【12】サービスのニーズが高まった背景

 

【13】代行費用(料金)の相場は?

 

【14】退職代行サービス利用の流れ

 

【15】サービスを選ぶ際のポイント(注意点)

  

【16】評判の良い業者・弁護士事務所の退職代行サービス一覧

 

【17】転職・再就職先に代行を利用したことはバレない?不利になることはない?

 

以下、複数の企業で人事の責任者に従事し、3万人以上の就職・転職支援を手掛けた『就プラ』がおススメする、退職代行サービスの特徴や利用者からの評判、人気度をご紹介します。(比較サイトや口ランキングなども参考にしています)

【1】常に緊張状態で動悸や震えなど拒絶反応が出たら病気のサイン⁉

 

まずはじめに、現在の職場で顔を見るもの嫌な上司や、声を聞くのも耐えられない位苦手な先輩などがいて、会社に行くだけで、激しい緊張状態や、動悸、体の震えなどが起こる位の状況であれば、それは拒絶反応のようなもので、精神的な病気に繋がりかねない警告のサインなのかも知れません。

 

ただの好き嫌いというレベルではなく、恐怖心や不安感などの症状がある場合は、とにかく無理をしないことが先決です。

きっかけは、仕事の失敗やちょっとしたコミュニケーションのずれなどから起こることが多いのですが、上手く行かないことが続くと、徐々にマイナスの方向にすべてが繋がっていくことも少なくないのです…。

「失敗をずっと引きずる」、「目が合うのも怖い」、「声を掛けられるのが嫌でいつもビクビクしている」などが続き、朝、起きるのがつらい日が数日続く。夜になっても眠れない…。目をつぶると何だか不安な気持ちや悲しい気持ちになる。背筋を伸ばして座っていられない時間が長くなった。胃が痛い。食欲がなくなった。動悸や慢性的な疲労感がある。

なども『自分の限界のサイン』なのかも知れません。

 

その原因が何であるのかを2つの視点で一緒に見ていきましょう。

筆者は、企業の人事労務責任者として、企業のメンタルケアの相談員やメンタルヘルスの担当としてストレスチェックや産業医相談窓口、衛生委員会等の経験や知識があるため、少しは参考になるはずです。

 

 

2つの視点

(1)仕事の量や分担の問題、自分の能力や進め方などが原因
(2)上司や同僚との人間関係の悪化などによる問題

 
元々の原因が仕事の出来や失敗などから生じたものなのか、そもそもの相性や対象者の人間性や性格などから発生しているものなのかによりますが、(2)の人間関係の要素が強いことが多いです。

もちろん、上記以外にも原因はあるでしょうが、そんなに難しく考えること自体が嫌になる状態かも知れませんし、とにかく休んだ方が良い人もいるでしょうから、出来るだけ簡単に考えたいと思います。

 

常に緊張状態が続くようなときは、精神的な負担が強く、少し心配な状態です…。

【2】体の不調を感じるようであれば環境を変えること等も必要?


職場で顔を見るのも辛い、声を聞くのも嫌な人という位ですから、その状態になるまでには恐らく大きな原因があるはずです。

例えば、『パワハラ』や『セクハラ』などの嫌がらせを受けた、その人の発言等がきっかけで『コンプレック』を持った、異性関係のトラブルや揉め事が起きたなど仕事内容以外の要素であることが割と多いものです…。

これらは、そのうち良くなると思って我慢しようとしても、実際はなかなか変わりません。

それどころか、無理すると本当に取り返しのつかないことになる可能性があることをもう一度自分に言い聞かせてください。十分、耐え忍んだはずです。

 

また、動悸や震えなどが出るような状況であれば、もう感情のコントロールが上手くできなくなっている可能性があります。うつ病などで体調を崩す可能性も無くはありません…。

 

うつ病の初期症状として、不安や恐怖心、イライラ感や精神的な落ち込み、体がだるい、やる気がでない、涙が止まらない等という異変が出ることもあります。

 

また、また、大きなプレッシャーを感じている、抱えている時も要注意です。

休日や自宅に帰ってからも不安に襲われてしまう、仕事のことが頭から離れないような場合には、ストレスレベルも限界に達しているかもしれません。

ストレスを蓄積することにより、自律神経を乱してしまうことも良くあります。

自律神経が乱れると、肩こりや頭痛が起こりやすくなるのはもちろん、感情のコントロールがしにくくなることもあるのです。

 

自律神経失調症は、交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまい、セルフコントロールが難しくなってしまう病気です。

 

そのまま、症状を放置しておくとさらに状態が悪化する可能性が高く、早めに専門の病院・医療機関に相談をするのがベストです。忙しい方も、スケジュールの都合をつけて、精神科や心療内科、メンタルクリニックなどに相談に行ってみてください。

 

今のような状況に陥った原因が自分の努力で取り除けるのかを冷静に考えてみてください。難しい人が多いの出はないでしょうか…。


なお、職場の人間関係に悩む人は、繊細さんなどと言われるHSPであることも少なくないようです。


あわせて読みたい

【3】仕事に行きたくない理由ランキング

 

会社に行きたくないと思う気持ちは、普通ではないのか少し心配になる人もいらっしゃいますよね⁉

 

会社に行きたくない気持ちになることはごく普通でビジネス系のメディアの調査によると実に90%以上の人が、『会社に行きたくない』と感じたことがあるようです。

 

また、仕事に行きたくない理由ランキングは以下のようなものが多いようです。

 

順位 理由
1位 人間関係に悩みがある
2位 やりたくない仕事がある
3位 朝起きるのがつらい
4位 仕事が忙しい
5位 めんどう/やる気がおきない

6位

疲れがとれない
7位 体調が悪い
8位 やりがいを感じない
9位 仕事でミスをした
10位 通勤が苦痛

 

詳細の理由などを見てみると、『口うるさいパワハラ上司がいる職場』、『先輩が理不尽な性格で、自分や同僚、上司に対しても態度が悪く、嫌悪感がある環境』、『労働基準法なんて一切関係がないような人手不足の職場やブラックな会社』など、正直良い状態にはない職場に勤めている方が、即日で会社を辞めたいと思うくらい追い込まれているようですね…。

 

会社に行きたくない、会社を辞めたいと思う仕事の第一位は『人間関係』です。今あなたが抱えている悩みはごく一般的なものなのです!

 
会社を辞めたいけれども、辞められないと悩んでいる人は記事の後半で紹介する『退職代行サービス』の利用も検討してみてください!

人手不足の会社やブラックな労働環境を続ける必要があるのかを冷静に考えてみるとよいかも知れませんね…。

【4】利用者が急増する退職代行サービスとは?

代行していただくサービスの運営会社は、

弁護士や社会保険労務士などの法律や労働問題に長けた専門家の監修のもと退職代行をしているため、引き止めにあうこともなく、スムーズに円満退社をすることが出来ます。

例えば、ブラック企業体質の会社であると、上司や人事総務担当から、退職の引き止めにあったり、退職日の引き延ばしに合い、退職届を受理してもらえないことなども発生するため、そのようなときには代行サービスを利用してみてください。

 

最近、ニュースやメディアなどに取り上げられる機会が増え、退職代行というサービスを利用する人も増加しています。

 

退職代行サービスとは、本人に代わって退職の意思を伝え「円満退社」をできるよう支援するサービスです。【退職代行サービス(Wikipedia)へリンク】

 

弁護士などから連絡が来ることによって、態度を一変させる経営者も多いものです。今のやり取りに違法性があることを知っているからです。

 特に、パワハラ、セクハラ、モラハラ等で、精神的に限界なのに、会社をなかなか辞めさせてもらえない時や、お給料、退職金、未払いの残業代などで不利益を被っていたり、トラブルがある際などは、弁護事務所や労働組合等が出がける退職代行サービスを活用したほうがスムーズに手続きが進むことが多いです。

 

また、代行サービスは、少し面倒な事務的な手続きや、貸与品を返却、荷物を運び出しなどにおいても、支援をしてくれるところも存在しますので、職場でトラブル等があった際などにも重宝します。

 

退職代行サービスを利用した後に、会社に行きたくはないですよね…。でも、その心配は不要です!

 

【5】退職代行業者と労働組合・弁護士事務所による「代行」の違いは?

よく質問を受ける退職代行業者と労働組合・弁護士事務所による退職代行サービスの違いについても解説致します。

 

まず、退職の手続きを代わりにしてくれるという点はどちらも一緒です。

 

一番の違いは、未払い賃金や残業代等の支払い請求などの交渉が可能か否かです。

 

退職代行業者は、未払い賃金等の交渉はできません。

 

詳細は割愛しますが、弁護士法の第72条に定める皮弁行為に該当し、弁護士資格を持たない方が、報酬を得ることを目的とした仲介は禁止されています。

 

未払い賃金請求等の交渉がある場合は、多少代行費用が高まっても、労働組合や弁護士による代行サービスを利用することをおすすめします!

 

退職代行先の選択のポイントは『給与や残業代の未払い』等の賃金交渉があるかと考えるとシンプルです!

①退職代行業者

 

「退職代行専門業者」は、退職の連絡や手続きの代行、荷物の引き払い、備品の返却などを代行してくれる会社です。一般的に退職代行サービスというものです。

 

「退職代行業者」の中にも、顧問弁護士監修などの表記があることが大半ですが、適正適法な業務を行うための指導をしている顧問弁護士しているだけで、弁護士が代行業務を行っているわけではありません。(ひょっとしたら弁護士がしているところもあるかも知れませんが、稀であるはずです)

 

②弁護士事務所

 

「弁護士事務所」は、元々弁護士会に所属する法律のプロですから、労働問題の交渉等が可能です。(日本弁護士連合会

 

その分、代行専門業者より、費用としては高額になる傾向が高いです。

 

未払い賃金の交渉や有休休暇の未取得なども問題が発生している場合は、弁護士事務所が手掛ける退職代行サービスを利用したほうがスムーズでしょう。

 

その際は、給与明細、タイムカードや出勤簿のコピー、トラブルの内容が記されたメールのコピー、社長や上司との会話の録音などを、提出できるように事前に準備をしていてください。

 

③労働組合

 

「労働組合」は、労働組合法などから判断すると、そもそも皮弁行為という概念に接触しない為、違法性は低いです。

(労働組合が行う退職代行サービスは日本国憲法第28条及び労働組合法によって団体交渉が保証されていることから、違法ではないと解釈できます)

 

大切な部分は違法か否かというより、労働組合の退職代行手続きを行う方の専門性や実績が高いのかは、退職代行サービスの利用にあたり確認しておきたいポイントです!

 

【6】退職代行サービスの依頼先の選び方

 

次は、退職代行の依頼先をどのように選択すれば良いのかについても解説します。

 

ポイントとなる部分は、退職にあたり、依頼したいことや困りごとの内容やそのレベルです!

 

未払賃金や残業代の不払い、その他会社との揉め事がある方は、弁護士事務所による退職代行サービスを利用することをおススメします!

そもそも会社と労働者の間に、何か問題を抱えているわけですから、スムーズに事が進むことばかりではありません。多少費用が高くなったとしてもその道の専門家に依頼したほうが安全です!

 

特に、大きな揉め事や交渉が必要なく、単純に手続きの代行をして欲しいという場合は、退職代行業者で実績があるところ、もしくは労働組合による退職代行をご利用ください!

 

労働組合による退職代行でも、民間業者と同等の価格帯も存在しますので、筆者としては労働組合のサービスをおすすめします!

 

賃金トラブル等の交渉が発生する場合は、弁護士事務所、手続き代行であれば労働組合をおすすめします!

【7】今すぐに辞めたい方向けに利用者数が多いランキング上位をご紹介

 

記事を最後まで読んでいる時間がない人もいらっしゃるかもしれませんので、「いますぐにでも辞めたい人」向けに、「結局どこがいいのか?」をご説明します。

 

 

安心して利用できる業者のポイント

 

①サービスの利用者数、トラブルなく退職を出来た成功者数が多い。

 

②実際に使ってみた人の口コミや評判などに「良くない」などマイナス評価が少ない

 

③体験談やレビューの中に「対応が良かった」「即日対応」してくれた等の書きこみが多い。

 

④サービス費用が相場である3万~5万円程度で、安すぎでも高すぎでもない。

 

時間がない方向けに、上記4点をすべてクリアしていて安心して利用できる代行先を紹介します!

 

ランキング上位の

退職代行会社の特徴

利用すべき人 名称

弁護士事務所が運営。未払いの給与なども弁護士が交渉。

残業未払いや有休等の交渉をして欲しい方

弁護士法人みやび退職代行

安心の労働組合。費用・専門性面でおすすめ

訴訟などが発生していなければこちらをおすすめ

退職代行ガーディアン

安心の労働組合。費用・専門性面でおすすめ

訴訟などが発生していなければこちらもおすすめ

退職代行SARABA

利用者実績NO1。創業14年の実績を持つ老舗。

給与などのトラブルがない人 ニコイチ

業界唯一の女性限定。男性には相談しにくい方。

給与などのトラブルがない方 わたしNEXT

 

上記の4社は、利用者の満足度が高く、退職代行の支援数も多いため、サービス利用を考えている方は、安心してご利用ください。

 

お給料や有休消化など会社とのトラブル解決までが必要な方は『弁護士法人みやび退職代行』の利用をおすすめします。

 

単純にすぐに辞めたいという人でしたら、『退職代行ガーディアン』、『退職代行SARABA』をおすすめします。また、『ニコイチ』、『わたしNEXT』人気です。

 

【8】絶対ダメ!無断欠勤からそのまま逃げだすように辞めることはNG

 

念のため、会社を辞める際の注意点をお伝えします。

 

無断欠勤から逃げ出した方が楽に辞められるかもしれないとは、間違えても思わないでください。

 

通称(バックレ)という行為をして、失敗している人、より面倒なことになった人も多数存在します。一旦冷静になって最後まで記事をご覧ください!

 

元々嫌われていて、嫌がらせばかりされていた、自分が会社に出社し無くなれば、一件落着なのではという考えになることもあるかもしれませんが、実はそのままスムーズに退職手続きが行われるわけでもないのです…。

 

以下、実際に退職の手続きをせずに失敗した方の経験・体験談をご確認下さい。

 

退職手続きをしなかった人の失敗談

 

①上司や職場の同僚からメールや電話が鳴りやまなかった。

②実際に家まで人事担当者と上司が来た。家に帰れず、マンガ喫茶を転々とする羽目に。

③身元保証人となっていた実家にも電話があった。

④退職の手続きがされないまましばらくの期間が過ぎた。保険証も保険料はかかったままだった。

⑤何日までに会社に連絡をしないと、会社に問題が生じているため損害賠償請求をする可能性があるという書面が届いた。加えて無断欠勤と職場への報告義務違反により懲戒解雇を検討しているという内容も含まれていた。

 

⑥次の職場にも情報が漏れたり、裁判になる可能性があることが、怖くなって、結局会社に連絡することになった。

 

⑦かなり厳しく注意を受けたあと、退職届は受理されたが、1か月位は上記のようなやり取りが続いて、本当に苦しかった。

 

無断欠勤などから会社に行かなくなるケースはより面倒な状況になることが多いです…。

当たり前ですが、よほどおかしな会社ではない限り、従業員が会社に出社しなければ、事件などの疑いがあると考え、連絡をどうにか取ろうとします。

 

2、3日欠勤が続けば、自宅に確認にいったり、実家に連絡をするとなども大半の会社が実施します。

 

また、ブラック体質の企業であれば、半分は仕返しのように、裁判沙汰にしようとしたり、お給料の支給を減らすために、解雇等の脅しをかけてくることなどもあるかも知れません。

 

実際に裁判になれば負けることはあまりないでしょうが、そこにかかる費用や手間は途方もないものです。

 

【9】新卒者(新卒入社の新入社員)の離職率

今の職場を離れたい、辞めたいと考えている方でも退職に踏み切れない理由は、辞めても大丈夫なのか、短期間で職場を離れたら次の転職先がみつからないのではという不安もあるでしょう。

一度会社を辞めたことがある方は、退職や転職に対してそんなに抵抗がないはずでしょうから、当ページをご覧いただいている方は、新入社員として会社に入社して1、2、3年目位の20代の若手の社会人・サラリーマンなどが多いのではないかと思います。

早期に離職をする人もそれなりに存在しますし、転職自体も可能ではありますので、どうしても今の職場には耐えられないくらい追い込まれている方は次のステップを歩み、再スタートすることも検討してみてはいかがでしょうか。

 

では、ご参考までに、新卒として入社をした新入社員の離職率はどれくらいなのでしょうか?

 

『とりあえずは一年』『最低三年は頑張れ』等と精神論的な話を良く聞きますのが、実は割と多くの方が早期離職をしている現状もあるのです。

 

厚生労働省の『新規学卒者の離職状況調査』によると平成25年~29年にかけての大卒3年以内の離職率は以下のようになっています。

 

入社して一年、二年位の短期期間で転職する人は実はそんなに少なくないのです…

 

上記の厚生労働省の調査によると平成27年時点での新入社員の離職率は31.8%です。内訳としては、一年以内が11.9%、二年以内が10.4%、三年以内が9.5%となっており、数値としては実は入社してすぐのタイミングのほうが離職率は高いのです。

 

また、これだけの方が転職をしているため、20代前半に専門特化した就職支援サービスは多数存在しますし、内定率もそこまで低くありません。

 

転職を検討している方は、以下もあわせてご覧ください!

【10】退職のきっかけは、仕事にやりがいを感じない合わない、給料などの不満

大手人材会社エン・ジャパンのアンケート調査によると、退職理由の第1位は、「やりがい・達成感を感じないから」という結果でした。

 

第2位は「給料が低かった」。

 

第3位は、「企業の将来性に疑問を感じたから」。

 

第4位は、「人間関係が悪かったから」。

 

第5位は、「残業や休日出勤など拘束時間が長かったから」。

 

と並んでいます。

 

人間関係は良好だけれども、今の職場の仕事内容にやりがいを感じられない、会社の将来についての不安が強い等であれば、退職をする方の大半は同じような理由であるため、そんなに心配する必要はないでしょうね。

 

【11】退職代行サービスを利用・利用したいと考える割合は25%超

大手人材人材会社が発表した「マイナビ 転職動向調査2020年版」の中でも退職代行についてのアンケートが盛り込まれており、利用経験あり・利用意向ありの合計は25.7%という高い数値になっていました。

 

退職代行サービスの利用(意向)理由は、「上司に退職意向を伝えるのが億劫」が最多で半数を超えた模様です。(以下マイナビ転職動向調査から転載)

 

【12】退職代行サービスのニーズが高まる背景

この退職代行サービスのニーズがここまで高まった背景は、大きく3つの理由があります。

 

①ブラック企業の体質で、辞めたくても辞められない

ブラック企業の中には、退職の意思を伝えると、「契約違反」と脅してきたり、次の担当者が決まるまでは辞めさせないなど、悪質な引き止めを受けることなどがあります。

 

本当に酷い環境では、退職を告げた途端、社長や上司から、理不尽にパワハラを受けることも少なくありません。

 

そのような対応を受け、精神的にどうにもならないときや、不当な処遇を受けるなどのトラブルを避けるために、退職代行サービスを利用する人が一番多いようです。

 

②何らかの理由で会社に出社できない、行きたくない

体調や精神的な問題などが重なり、出社が出来ない(したくない)という人が利用するケースも多いようです。

 

退職の理由が人間環境などである場合、出社をしたくないと考える気持ちはやはり強いですよね。

 

退職代行サービスは、自分の代わりに退職の手続きを全て行ってくれるのため、出社をする必要がありません。自宅にいながら、誰にも会うことなく、退職出来ることも利用者から評価を受けている理由です。

 

③(迷惑をかけるという気持ちから)退職の意思を伝えにくい

退職の話を伝えることに対しての後ろめたさを感じたり、退職後の組織への心配を抱く方など、責任感に押しつぶされるような自己犠牲型の性格の人も、サービスを利用する傾向が高いようです。「今までお世話になった会社や先輩、同僚に対して申し訳ないという気持ち」や「自分た退職することによって迷惑を掛けることが不安」など、会社や仲間を気遣って退職の話を切り出せない人が増えてきているようです。

 

でも、退職を切り出しにくいからといって、会社を辞めないという選択肢を選択するような余裕はなく、他者の力を借りて退職ができる代行サービスを利用して退職をするようです。

 

【13】退職代行サービス利用の流れ

退職代行サービスの多くは、Webサイトや電話、LINEから依頼するだけで簡単に利用できます。問い合わせのフォームに必要な情報をするだけで、申し込みが完了します。

 

例えば、「即日退社したい」、「離職票が必要」など、細かな要望にも応えてくれます。元々、設定されている代行費用を支払い、要望のすり合わせをすれば、代行会社が退職までの手続きを全て対応してくれます。

 

24時間受付対応している代行業者もあり、20代~30代の若者からを中心としたサラリーマンからの需要が増えています。

 

手続きなどが複雑に思えるかもしれませんが思いのほか簡単です。lineなどで相談可のところもあります!

【14】代行費用(料金)の相場は?

退職代行サービスの相場は、3〜5万円程度が大半です。

 

なお、代行費用(料金)の設定は、雇用形態などにより異なります。事前にいくつかの業者に見積もりを取ったり、当サイト等を活用して、比較をしてみてください。弁護士事務所などが手掛けるサービスでは、成功報酬型で、退職金や未払いの残業代の支払い交渉等をしてくれるものもあります。

 

また、代行費用(料金)の支払いは、クレジットカードや銀行振込などの利用が可能です。

 

【15】退職代行サービスを選ぶ際のポイント(注意点)

「代行の料金(費用)」だけにどうしても目が行きがちになりますが、退職代行サービスを選ぶ際は、価格の安さだけでなく、「専門性」、「実績」、「サポート体制」などにも着目して、検討するようにしてください。(正直、どこに依頼をしたとしても金額差はあまり大きくありません)

 

上記、4点に着目して、トラブルに繋がったり、失敗をしないように注意してください。(利用者の体験談なども参考にするとよいかも知れません。)

 

(最終的なご判断は、しっかりと見積もりやサポート内容の確認をした上で行って頂けるようお願い致します)

 

【16】評判の良い業者・弁護士事務所の退職代行サービス一覧

弁護士事務所。賃金未払いなどの交渉がある方に

弁護士法人みやび退職代行
労働組合の退職代行として利用実績が豊富 退職代行SARABA
安心の労働組合。費用・専門性面でおすすめ度NO1 退職代行ガーディアン
費用面、実績面からしてもおすすめ度NO1 退職代行Jobs(ジョブズ)
退職代行の老舗的存在、14年の実績あり 退職代行ニコイチ
女性専用退職代行サービス、スタッフも女性で安心 わたしNEXT
男性専用退職代行サービス、スタッフも男性で安心 男の退職代行

■弁護士法人みやびの退職代行サービス

弁護士法人みやびの退職代行サービス」は、弁護士事務所の退職代行サービスです。退職代行サービスの大手であり、弁護士が直接対応してくれることから安心感があります。

 

弁護士が手掛ける退職代行ならではの特徴があり、一般の代行サービス業者にはできない、未払いの残業代や給与の交渉、退職金の請求などが可能です。

 

弁護士事務所と聞くと、相談する際に敷居が高いイメージがあるかも知れませんが、弁護士法人みやびは退職代行大手だけあり、退職に悩まれている方でも気軽に依頼できるところが人気です。

 

給与交渉などの、オプション費用は着手金なしの成功報酬ですので、在籍中にそのようなトラブルがあった方などは、ぜひ相談をしてみてください。

 

おすすめ度(評価)

★★★★★
利用料金(正社員) 55,000円
利用料金(アルバイト) 55,000円
専門性 ★★★★
実績 ★★★
サポート体制 ★★★★

■退職代行SARABA

退職代行SARABA』は、労働組合が運営する退職代行サービスです。

 

労働組合であるため、団体交渉権があります。労働組合が手掛けるサービスの中では価格がリーズナブルであるため、安心して利用できる一社です。

 

弁護士事務所に交渉を依頼すると費用が高額になることもありますが、「退職代行SARABA」は一律費用で対応が可能です。

 

労働組合が手掛けるサービスを利用するのであれば、『ガーディアン』か『SARABA』が安心です!

おすすめ度(評価)

★★★★★
利用料金(正社員) 25,000円
利用料金(アルバイト) 25,000円
専門性 ★★★★
実績 ★★★
サポート体制 ★★★★

■退職代行ガーディアン

退職代行ガーディアン』は、東京労働経済組合が運営する退職代行サービスです。運営元が労働組合なので違法性なく安心して退職の手続きを代行することが出来ます。

 

退職代行サービスは一般企業が運営している場合が大半ですが、退職代行ガーディアンは運営元が労働組合である点が特徴です。

 

一般の代行会社が提供する退職代行サービスと同水準の安さで、弁護士事務所レベルの確実性、合法性を備えたサービスを受けることが出来ます。

 

価格面、労働組合が運営する安心感などから総合的に判断するとおすすめ度NO1です!

おすすめ度(評価)

★★★★★
利用料金(正社員) 29,800円
利用料金(アルバイト) 29,800円
専門性 ★★★★
実績 ★★★
サポート体制 ★★★

■退職代行Jobs(ジョブズ)

退職代行Jobs』は、顧問弁護士によるアドバイスが受けられる退職代行専門会社です。

 

合同労働組合ユニオンジャパンとの連携により、団体交渉権による交渉が可能です。

 

退職専門会社だけあって、24時間365日、即日即時対応して頂けるところも利用者からすると嬉しいところです。

 

朝日新聞、読売新聞をはじめとしたメディアに多数掲載されており、おすすめ度、安心度の高い一社です。

 

顧問弁護士監修の退職届テンプレート(記入見本つき)も料金に含まれています。

 

おすすめ度(評価)

★★★★★
利用料金(正社員) 27,000円+2,000円(交渉が必要な場合)
利用料金(アルバイト) 27,000円+2,000円(交渉が必要な場合)
専門性 ★★★★
実績 ★★★
サポート体制 ★★★★

■退職代行ニコイチ

退職代行ニコイチ』は非常に歴史がある業界の老舗企業です。

 

退職代行の実績は14年。退職代行数として、17,000件以上の実績があるため、安心してサポートを受けることが出来ます。

 

固定の費用で、退職手続きが丸投げOKなところも人気の理由で、有休消化、会社からの貸与物の返却などもすべて代行をして頂けます。

 

代行費用は、雇用形態に関わらず一律ですので、費用面の心配をすることなく依頼をすることが出来ます。

 

おすすめ度(評価)

★★★★★
利用料金(正社員) 27,000円
利用料金(アルバイト) 27,000円
専門性 ★★★
実績 ★★★★
サポート体制 ★★★★

■わたしNEXT 女性専用退職代行サービス

わたしNEXT』は退職代行サービスとしては珍しい女性に特化したサービスです。退職代行の会社は星の数ほどありますが、わたしNEXTのサービスの特徴は、女性をターゲットに絞った作りであり、女性が抱える悩みに寄り添えるのが強みです。

 

相談等のやり取りは、皆さんが日常生活の中でも頻繁に利用しているLINEなどでもやり取りができ、返信が丁寧で、返信スピードも早いという口コミ等も多く見受けられました。

 

女性スタッフが対応してくださるので、男性には話しにくいことや相談等も気軽にできるところが嬉しいですね。女性同士だからこそ理解できることも多数あるでしょう。満足度のアンケートでも98%以上の方が大変満足としています。

 

日本経済新聞や朝日新聞、週刊女性などのメディアにも多数取り上げられています。

 

おすすめ度(評価)

★★★★★
利用料金(正社員) 29,800円
利用料金(アルバイト) 19,800円
専門性 ★★★
実績 ★★★★
サポート体制 ★★★★

■男の退職代行

男の退職代行』は、男性専門の退職代行サービスです。

 

20代、30代の向けの調査では満足度No1を複数の項目で取得しています。

 

退職の話や職場のトラブルを相談するときには、男性スタッフのほうが気楽でよいという方は利用をおすすめします。

 

創業15年の企業であることも安心ですね。

 

おすすめ度(評価)

★★★★★
利用料金(正社員) 29,800円
利用料金(アルバイト) 19,800円
専門性 ★★★
実績 ★★★★
サポート体制 ★★★★

【17】転職・再就職先に代行を利用したことはバレない?不利になることはない?

退職代行を利用しようと思っている方から、たまにある質問についても解説しておきます。

 

その質問は、退職代行を利用したことが転職活動の際にバレたりしないか、不利にならないかと言うものです。

 

結論としては、退職代行を活用したことがバレルことはほとんどないでしょう!

一切バレることはないとは言いきれないのですが、仮に再就職先予定の企業が前職の在籍履歴確認という形で問い合わせをしたとしても、個人情報保護の観点や守秘義務・コンプライアンスの問題があるため、簡単には答えられない状況です。

 

今は、前職調査をする企業自体が減っていますので、神経質になる必要はないでしょう。

 

しかし、Twitterなどで『退職代行を使って即日辞められた』等とツイートすることなどは避けるようにしてください。SNSをチェックするツール等も増えて来ていますので、そこからバレる可能性はゼロではありません。

 

匿名アカウントであったとしても、軽はずみにSNSなど公の場に発信することは控えたほうが安全です。

おすすめの退職代行会社の特徴・口コミ・評判

 

当ページは、掲示板、口コミサイト、SNS投稿などによって情報を調べ、ランキングしています。情報の正確さについては、万全を期しておりますが、情報の全てに関して保証するものではありません。最終的な確認は各自でお願い致します。会社とのトラブルを抱えている場合には厚生労働省管轄の都道府県労働局や以下の窓口などもご利用ください。

厚生労働省:総合労働相談コーナー
東京都労働相談情報センター