新卒の就活で業界が絞れないので進まない…行きたい企業がないときの仕事の見つけ方

目次

 

【1】業界が絞れない・行きたい企業がないときの仕事の見つけ方

 

【2】就職活動支援エージェント(新卒採用枠向け)とは?

 

【3】新卒の就活支援エージェントはいつくらいの時期から利用する?

 

【4】就活エージェントのメリットやデメリット。使えないこともある?

 

【5】就活の相談は誰にするべき?おすすめは?

 

【6】支援の手厚さを重視し、2~3社を同時に複数活用することをおすすめ

 

【7】おすすめの新卒就職活動支援エージェント14選

 

以下、3万人以上の就職支援をしてきた『就プラ』おススメのエージェントの特徴、就活生からの人気度や評判をご紹介します。(ランキングサイトや口コミサイト等も参考にしています)

【1】業界が絞れない・行きたい企業がないときの仕事の見つけ方

 

周りの就活生に合わせるように就職活動を開始したものの、志望業界が絞れない人、行きたい企業ややりたい職種がわからないと言う人は実際少なくありません。

そもそも、実際にその仕事をしたことも無いのに、自分に合った仕事探しをすることは簡単ではないのです。

でも、やりたいことがわからない時の仕事の見つけ方を知ることが出来れば就職活動が効率的になると思いませんか!?

 

極論、見方を変えれば、やりたいことがわからない就活生の方が、就活を早く終えられる可能性が実は高いのです。

 

実際のところ、自分のやりたい事が明確であっても、世の中のニーズにマッチしていない就活をする人は苦戦する傾向が強いのです。

 

例えば、コロナ禍の今、航空業界のCAを目指して就活をしようとしたら、そもそも募集をしていませんから大苦戦を強いられます。


やりたいことが明確な事よりも、世の中で必要とされている職業に就いたほうが就活は上手くことが多いのです!

そんなあなたが就活の相談をするべき相手は、就活エージェントと言われる存在です!

就活のマーケットを熟知しており、あなたに合った仕事を探す手助けをしてくれるる存在が就活エージェントです。

 

やりたいことがわからなければ経験豊富なカウンセラーに相談をすれば解決策が見えてきます。

【2】就職活動支援エージェント(新卒採用枠向け)とは?

新卒就活エージェントとは、専任のアドバイザーが就職活動の始めから終わりまでを支援してくれるサービスです。新卒人材紹介サービスなどとも呼ばれます。(もちろん利用料は無料です)

 

新卒向けの就職支援エージェントは、就職活動の際に、「自己分析が上手くできない」「行きたい企業がわからない」という初期の段階での悩みから、模擬面接やエントリーシート(ES)添削、グループディスカッション(GD)対策などの選考対策を実施して頂けるためグッと内定率が高まります。

 

リクナビ」、「マイナビ」などのような就職情報ナビサイトだけなく、エージェントサービスを併用することで、効率的に就職活動を進めることができます!

 

『就職活動がうまくいかない』。

『自分自身にあった職種って何だろう?』

『面接』や『ES』など選考がなかなか通過しない…

就活支援エージェントはそんな悩みを無料で解消してくれます!

 

最近は、理系や体育会、女性向け、インターンシップ、留学生に向けた専門分野に特化をしたエージェントサービスなども存在します。

 

一般的には当ページでご紹介する総合型のエージェントで十分かとは思いますが、以下に該当をする方はそちらもあわせてご覧ください。

 

 

経験豊富なプロのカウンセラーからのアドバイスやサポートをフル活用して、就活を効率的に進めたい方は有効に活用してください。

 

【3】新卒の就活支援エージェントはいつくらいの時期から利用する?

新卒としての就職活動でも、エージェントの利用率が大きく増加しています。

 

人材企業などの調査データを確認する限りでは、約30%程度の方がサービスを利用しており、3人に1人位の人はエージェントを使って就活をしている割合になります。

 

実際に利用している学生は、いつくらいの時期からエージェントサービスを使っているのでしょうか?

 

ベンチャーや外資など早期のタイミングから求人募集をしている企業を受けようとしている方は、大学3年生の時期から利用しているようです。

 

3年生はつかえないというわけではないですが、早期はそんな利用しないようです。4年生の春先位から活用が増える印象です。

一般的には、インターンシップなどに参加をしている大学3年生の夏などでは使われておらず、3年生の冬(1月~2月)位から徐々に利用が始まり、4年生の3月、4月位から活用する人が増えている印象です。

 

特に、6月の大手企業の選考解禁後には大手企業を落ちてしまった方などが、効率的に複数の企業を探す目的や意味合いで活用しています。

 

【4】就活エージェントのメリットやデメリット。使えないこともある?

 

就活エージェントのメリットやデメリットも簡単にご紹介します。

 

エージェント側も仕事として行っているものではありますから、お互いのニーズがあっていないと有効に活用できません。

 

 

メリット


・就職活動の相談に無料でのってもらえる

・業界研究や自己分析なども専門のアドバイザーと一緒に進められる


・非公開求人と言われる就活エージェント独自の求人の紹介を受けることが出来る

・選考日時の調整や選考結果のフィードバックなどを受けることが出来る

・履歴書やエントリーシート、応募書類の添削等をしてもらえる

・面接練習や選考対策までを丁寧にもらえる

 

 

 

デメリット


・あくまで応募企業を増やし、二人三脚で就職活動を進めていくサービスであるため、企業推薦を受けない人の支援は断られる可能性が高い

・自己応募をしている企業の選考対策などはしてもらえないところが多い

・支援対象に入っていないと使えない(就職希望勤務地など)

・エージェントが保有していない非公開求人以外の希望職種がある場合も紹介を受けることは出来ない

・利用する人材会社(AGENT)によってはオワハラ的なことを受けることもある。紹介企業で就活を終えるように説得される。

 

コロナの影響でキャリセンターが使えない人などにはもってこいのサービスですね!

【5】就活の相談は誰にするべき?おすすめは?

 

2021卒、2022卒の就活はコロナウイルスの影響もあり、大きく環境が変化しています。

学校のキャリアセンターが利用出来ない状況などもあるでしょうし、対面ではなくリモートやオンライン上で選考が行われる状況もあります。

就活生の悩みの一つが就活の相談と悩みのはけ口です…。

お友達とカフェで雑談をしたり、週末に飲みに行ったりというようなストレス発散の場も少なくなっています。

就活が上手くいく人の傾向は、選考対策等はもちろんですが、適度にストレス発散をして、常に明るく前向きに就活が出来る状況をつくれている人です!


エージェントは、オンラインなどでやり取りをすることが出来るところも増えていますし、LINEやチャットなどで気軽に相談を出来るアドバイザーもいます。

 

 

AGENTの利用価値

★エージェントは企業推薦+よい相談役です!

当記事を書いている私もAGENTの立場でもありますが、AGENT側から見た一番の利点は愚痴やつらい気持ちを気軽に話すことが出来ることだと思います。

 

推薦を受けた企業でも合格・不合格は出るわけですから、『就活辞めたいな~』、『面接上手くできたのに何でお祈りなの…納得できない』など、やりきれない気持ちのはけ口になりつつ、面接練習などを一緒に進めることが大半です。

 

貴方にあった企業推薦所&心の寄りどころみたいな存在だとおもってください。

就活の相談は、親やお友達には、しにくいという就活生は大半です。そんな貴方の悩みのはけ口にもなります!

 

話を聞いてもらうことや上手くいかないことを気軽に相談できるメンターのような存在がいるといないとでは大きな違いがありますよ!

 

利用者の声

・選考が上手くいかなかったときに、その相談やフィードバックなどをもらえることは嬉しかったし、自信につながった。(私立大学女性)

・LINE交換をしてくれて、些細なこともやり取りをしてくれた。(地方国立大学女性)

・友達と就活の差がついていて、疎遠になりつつあったので、相談先があったことは心の支えになった。アドバイザーが居なかったら就活辞めていたとおもう。(短期大学女性)

・NNTのときは本当に辛い。エージェントのおかげで一社内定が取れてからはとんとん拍子に就活が進み、無事第一志望から内定を得ることが出来た。(私立大学院男性)

【6】支援の手厚さを重視し、2~3社を同時に複数活用することをおすすめ

新卒の就職活動の際に、就職支援エージェントを活用する際のポイントは、

『支援の手厚さ』『アドバイザー・コンサルタントとの相性』です。

大手のエージェントは、求人数が豊富ですが、面接対策や、履歴書やエントリーシートのなどの書類の添削には、そこまで力を入れていないところも多いように感じます。

 

求人を探すだけでしたら、就活ナビでもできるわけですから、エージェントを選択する際は、充実した支援を受けることができ、選考の通過率をグッと上げてくれるところを選択してください。

 

また、初めから1社だけに限定をせず、まずは2~3社程度のサービスを利用したほうが効率的です。

その理由は、エージェントにより、保有している非公開求人に違いがあり、1社だけでは求人数として十分とはいえません。

 

また、アドバイザー・コンサルタントとの相性や支援のレベルなども、実際に相談に行ってみないとわかりません。

 

例えば、『就プラ』と『キャリセン就活エージェント』、『JHR就職エージェント』、『キャリアチケット』等にまずは登録して、すべて面談に行き、相性の良いところを見極めていきましょう。

【7】おすすめの新卒就職活動支援エージェント14選(ランキング)

企業推薦に限らず全ての相談が可能 就プラ 就活エージェント
5万人以上の利用実績あり! キャリセン就活エージェント
量より質にこだわった支援が定評 キャリアチケット
大学院(修士・博士)なら登録必須! アカリク就職エージェント
マッチングイベント数が豊富 MeetsCompany
中堅企業やベンチャーに強み JHR就職エージェント
地方から上京する就活生におすすめ ジョーカツ
就活情報が豊富 キャリアパーク就職エージェント
ナビ大手。ホワイト企業を厳選 キャリタス就活エージェント
求人数は断トツ リクナビ就職エージェント
非公開求人の質にこだわりアリ マイナビ新卒紹介
国家資格保有者がアドバイザー doda新卒エージェント
地方から上京して就活する人に type就活エージェント
対策講座などの支援も豊富 キララサポート就活エージェント

就プラ エージェントサービス

おすすめ度(評価)★★★★★

 

『就プラ エージェントサービス』は、過去に3万名以上が利用した就活生向けのフリースペース『就プラ』が運営しています。

 

一般的なエージェントは、同エージェントが推薦した企業のみの支援に限定されることが一般的ですが、就プラは自己応募の企業の支援もOKなところが支持に繋がっています。(当ページの監修も手掛けています)

 

また、一番の特徴として、就職支援のアドバイザーだけでなく、上場企業の採用にもかかわっているため、採用側の目線からの実践的なアドバイスが可能です。

 

コロナウイルスの感染予防の観点から、現在はオンラインにて就職支援を実施しています。

 

現役の人事責任者による実践的なアドバイスが何と無料です!過去3万人以上が利用しています。

 

サービスの特徴

①就職エージェントとしてはかなり特殊で、アドバイザーが現役人事担当
②企業推薦だけではなく、ESの添削や模擬面接等も可能
③支援人数を限定しているため、サポートが手厚い
④人事目線で、求人の良いところも、悪いところも説明
⑤利用料は全て無料(現在はオンライン対応限定)

キャリセン就活エージェント

おすすめ度(評価)★★★★★

 

キャリセン就活エージェント』は、キャリアアドバイザーとしての経験が豊富な方が多く在籍している印象があります。(支援歴10年以上という人もいらっしゃる模様)

 

コンセプトとしては、大学のキャリアセンター並みに就活生に寄り添い相談を重視した就活支援をすることに重点を置いているサービスとのこと。

メーカー、金融、商社、広告、人材、物流、コンサル、IT、通信など幅広い業界の非公開求人を保有しています。

 

夏、秋ごろなどの遅い時期でも支援に力を入れている印象ですので、留学や院進学からの進路変更の方も利用しやすいはずです。

 

過去5万人以上が利用しています。エージェントとしてとても実績があるサービスです。オンラインOKです!

 

サービスの特徴

①過去5万人以上の利用実績あり。利用後の内定率は5.4倍に!
②1000社以上の紹介実績を誇るから安心

夏・秋・冬採用などの求人が豊富
④専門のアドバイザーが内定獲得まで徹底サポート
キャリセン就活エージェントの特徴・サービス内容を解説|評判・口コミはこちら

キャリアチケット(career ticket)

おすすめ度(評価)★★★★★

 

キャリアチケット』は量より質にこだわり、平均受験社数は5社と、やみくもに何十社も受け続ける就活から卒業できるサービスです。

 

同社の『ハタラクティブ』というサービスをテレビCMなどで見たことがある人も多いかもしれませんね⁉(既卒など20代向けの転職支援サービスです)

 

キャリアチケットは、面談地域が、渋谷、秋葉原、池袋、大阪、横浜、福岡、名古屋、京都の8か所と便利なので、全国的に活用できるサービスです。

 

面談地域が全国主要都市にあり、利用がしやすいところが魅力的です!

 

サービスの特徴

①サポート体制が整っており、コンサルタントの質も良い
②個別面接対策で内定率が1.39倍に上昇
③キャリアチケットだけの限定求人も豊富で、特別推薦枠を用意
④希望に沿った求人のみを紹介してくれるので、ミスマッチが少ない
⑤利用料は全て無料(オンライン対応可能)
キャリアチケットの特徴・サービス内容を解説|評判・口コミはこちら

アカリク就職エージェント ※大学院生向け

おすすめ度(評価)★★★★★

 

アカリク就職エージェント』は、大学院生(修士・博士)とポスドクに専門特化した求人紹介サービスです。

 

一見、理系向けのサービスに見えますが、文系大学院生の支援実績も豊富です。

 

大学院に通う方は、一般的なエージェントですと、年齢的な部分がマイナスになりかねない為、大学院生であれば強く登録をおすすめしたいサービスです。

 

また、博士課程出身者やポスドク経験のある研究者の視点を持ったコンサルタントが多数在籍しているため、就活生の皆さんの研究内容などをしっかり理解してくれれるはずです。

 

「高い専門性を持つ学生が欲しい」、「特定分野の人たちを採用したい」などの理由で、大学院生や研究者を積極的に採用したい企業の求人がたくさん集まっています。

 

文理問わず大学院生であれば利用必須のサービスです!

 

サービスの特徴

①大学院(修士課程・博士課程)・ポスドク研究員に特化した唯一のサービス
②文系・理系の大学院生に特化しているため年齢などの心配も不要

③専門性を有する学生を求める企業の求人が多数
④アドバイザーもポスドクや大学院卒が中心
アカリク就職エージェントの特徴・サービス内容を解説|評判・口コミはこちら

MeetsCompany(ミーツカンパニー)

おすすめ度(評価)★★★★★

 

MeetsCompany』は、企業と就活生のリアルな出会いにこだわりをもった就職支援エージェントです。

 

開催地域は全国各地で、イベントの開催頻度も高いため、オンライン上等では、企業の魅力が伝わらない、自分自身の人間性を直接お会いしてPRしていきたいと考える方は、ぜひ利用を検討してみてください。

 

出展企業は、毎回異なりますが、中堅からベンチャー企業等が多い印象です。(もちろん東証一部上場企業等も参加しています)

 

全国各地で利用が出来る就職支援サービスです。首都圏はもちろん、地方就活でも利用価値が高いです!

サービスの特徴

①年間のサービス利用者約10万人、就職決定者は約6000人。就活生の5人に1人が利用しているサービス
②東京、大阪、名古屋、福岡、北海道、名古屋など全国各地で採用イベントを開催
③年間の採用イベントの開催数は業界NO.1の650回以上
④イベント後に就職相談をすることができ、応募書類の添削・面接対策等一人ひとりに合わせた徹底サポート
『MeetsCompany』の特徴・サービス内容を解説|評判・口コミはこちら

JHR 就職エージェント

おすすめ度(評価)★★★★

 

JHR就職エージェント』は、若いうちから活躍するチャンスのあるベンチャー企業や、雰囲気のよい中堅企業等に強い就職支援エージェントです。会社の規模より、自らの性格や価値観にあった企業をカウンセラーと二人三脚で見つけていきたい方におすすめです。

 

行きたい業界が見つからない、自分にあった職種がわからなくなってきた、そもそもの就活の進め方がわからない等、就活自体の方向性等に迷いが生じた方はぜひご活用ください。

 

ざっくばらんな就活の悩みや不安の相談から、応募書類の添削、面談対策などを手厚く行って頂けます。

 

カジュアルな面談が人気!オンライン面談も可能です!

 

サービスの特徴

①内定獲得率87.3%
②内定・入社後のサポートも充実で満足度92%
③面談のスタイルがフランクで、接しやすい
④就職相談から選考対策まで手厚いサポート
⑤ベンチャーや中小企業の支援に強い
JHR就職エージェントの特徴・サービス内容を解説|評判・口コミはこちら

キャリアパーク就職エージェント

おすすめ度(評価)★★★★

キャリアパーク』という就活生の3人に1名が運営利用する就職メディアの運営会社の支援サービスです。

 

運営者からのメールによる情報提供の量が少し多いという学生の声も聞こえますが、裏を返せばそれだけの情報量を提供できる媒体であることも事実です。

 

エージェントサービスについては、完全個室で就活生1人ひとりに合う企業を親身に探してくれることが学生の評価に繋がっています。

 

キャリアパークの特徴・サービス内容を解説|評判・口コミはこちら

ジョーカツ

おすすめ度(評価)★★★★

 

ジョーカツ』は、上京を志す地方の大学生や大学院生に専門特化をして就職支援をしているところが特徴です。

地方の学生からすると至れり尽くせりのサービスとなっており、無料で泊まれる個室完備の就活シェアハウスを完備していたり、15,000円の交通費の補助があったりと東京に出てきて就活をする方にとっては登録必須のサービスです。

 

また、早期から就職活動を行う方と、企業のマッチングイベントなどをオンライン&オフラインにて開催しています。イベントの際には、食事なども出ますよ!

 

筆者も人事としてイベントに参加をしたことがありますが、イベントの雰囲気も良く、学生同士の繋がりも強いです!

 

サービスの特徴

①首都圏の成長企業が参加するマッチングイベントの運営

②就活対策イベントなどの実施/参加

③無料就活シェアハウスの運営
④交通費補助
⑤就活ハウツー記事の閲覧
⑥アドバイザーへの就職相談

 

あわせて読みたい:ジョーカツの評判・口コミ

 

キャリタス就活エージェント

おすすめ度(評価)★★★★

 

『キャリタス就活エージェント』も大手ナビサイトの運営会社が手掛けるエージェントサービスです。

 

リクナビ、マイナビと同様に求人数は豊富で、約6000社程度の紹介企業がある模様です。 徹底した審査と取材の結果、弊社がホワイト企業と認定した企業を厳選して紹介してます。

 

キャリタス就活の特徴・サービス内容を解説|評判・口コミはこちら

リクナビ 就職エージェント

おすすめ度(評価)★★★★

 

さまざまな企業が利用しており、とにかく求人の幅が広い、『リクナビ就職エージェント』。利用学生人数が多いこともあり、細かな部分までサポートが行き届いているというよりは、とにかく豊富な求人数が魅力という印象です。

 

企業がどのような人材を求めているのかも調査しているので、情報の取りこぼしをなくすためにも、まず登録しておいて損はないサービスです。

 

リクナビの特徴・サービス内容を解説|評判・口コミはこちら

マイナビ 新卒紹介エージェント

おすすめ度(評価)★★★★

 

『マイナビ新卒紹介』は、大半の就活生が利用するマイナビが運営する新卒支援エージェント。

 

その魅力は、非公開求人の質の高さ。名立たる大企業の求人が数多くあるだけでなく、質が非常に高いという評判です。

 

「新卒紹介」のみで応募を受け付けている企業もあるため、登録しておいて損はないかも知れません。

 

マイナビの特徴・サービス内容を解説|評判・口コミはこちら

doda新卒エージェント

おすすめ度(評価)★★★★

 

ベネッセとパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)の合弁会社が運営する就活エージェントサービスである『doda新卒エージェント』。

 

大手グループならではの、安定したサポートが魅力です。doda新卒エージェントがプロの視点で見極めた優良・成長企業が3500社以上の紹介を受けることが出来ます。

 

国家認証資格を取得したプロフェッショナルが在籍し、様々な業界や企業を熟知したキャリアアドバイザーが一人ひとりにつきサポートをしてくれるようです。

 

doda(デューダ)の特徴・サービス内容を解説|評判・口コミはこちら

type就活エージェント

おすすめ度(評価)★★★★

 

プロと考えるひとつ未来の就職活動「type就活エージェント」。

 

転職支援の分野で20年超の歴史があるエージェントが新卒領域の支援も手掛けるようになりました。1万社以上の企業情報を基に行う企業紹介や効率的な内定獲得のために個別の選考調整など、ベテランアドバイザーがサポートしてくれます。

 

就プラとしては、地方の就活生に特におすすめします。首都圏就活をしている地方学生限定で、都内近郊にあるキレイなシェアハウスを無料で利用でき、就活支援金がもらえる等の支援が受けられます。

 

また、地方学生限定の特別選考イベントも開催されており、短期間で効率よく内定獲得を目指せます。

 

キララサポート就活エージェント

おすすめ度(評価)★★★★

 

『キララサポート就活エージェント』は企業推薦や選考対策に限らず、エントリーシート(ES)対策や自己分析、面接対策の講座など、皆さんの就職活動に役立つ対策セミナーも数多く実施しています。

 

大手のエージェントと比較すると求人数は少なめな印象ではありますが、その分対策や支援に力を入れている印象です。

 

キララサポート就活の特徴・サービス内容を解説|評判・口コミはこちら