新卒就活の平均選考社数は何社くらい受けるの?面接は何社落ちた?同時進行10社だとエントリー数が少ない?

新卒就活の平均選考社数は何社くらい受けるの?

 

面接は何社落ちた?

 

同時進行10社だとエントリー数が少ないのか?

 

これから就職活動を始める22卒、23卒の方は参考にしてください!

 

コロナ禍で就活難易度が高まる中、限られた時間の中で就活を行っていくためには、優先順位づけは必要不可欠です。

 

現状のデータや数値を知り、しっかりと準備を進めていきましょう!

目次

 

【1】新卒就活の平均選考社数は何社くらい受けるの?

 

【2】エントリーシート(ES)の通過率

 

【3】エントリーシート(ES)の平均通過率は40~50%前後

 

【4】就活の準備や進め方、採用活動のスケジュール

 

以下、3万人以上の就職支援をしてきた『就プラ』が、平均選考社数やエントリー数、就活の進め方等について解説します!

【1】新卒就活の平均選考社数は何社くらい受けるの?

就活生は、平均どれくらいの数のエントリーシートを提出しているのでしょうか。

 

年度により異なるものの、大手人材会社などのアンケートでは、内定が出るまでのエントリーシートの提出数は、平均で25社~30社社程度です。

 

就活では平均して25社~30社程度の会社にエントリーシートを出しています!

 

なお、同時並行で進行していける数は、エントリーシートの記入や面接にかかる時間を考えると、10社~15社位が限度かもしません。

 

【2】エントリーシート(ES)の通過率

 

以下は、東洋経済新報社が発行している就職四季報2019に掲載されていたエントリーシート(ES)の通過率です。(最終的な確認は各自でお願いします)

 

エントリーシート(ES)の通過率です!大手人気企業はなかなか厳しい現状です…

電通東日本 11%
ロート製薬 16%
大同興行 18%
味の素AGF 22%
東京ドーム 22%
野村不動産 27%
スタンレー電気 28%
KADOKAWA 30%
東映 30%
NTT西日本 30%
ユアサ商事 31%
東レ 31%
石油資源開発(INPEX) 31%
三越伊勢丹 31%
カゴメ 32%
ハウス食品 34%
味の素冷凍食品 35%
竹中工務店 37%
東京商工会議所 37%
象印マホービン 38%
三井化学 38%
グンゼ 39%
クラレ 40%
松竹 40%
王子ホールディングス 40%
大阪ガス 42%
三菱総合研究所 42%
サンリオ 42%
ヨネックス 43%
信越化学工業 44%
積水化学工業 45%
出光興産 45%
そごう・西武 51%
中央労働金庫 52%
野村総合研究所 54%
デサントジャパン 61%

(2019年版の四季報より)

 

就活四季報の詳細・購入はこちら

【3】エントリーシート(ES)の平均通過率は40~50%前後

 

大手人気企業は、多くの就活生が応募をするため、それなりの難易度になることは仕方がないことです。

 

エントリーシート(ES)の通過率は、約40~50%とされています。

 

これは、大手から中小企業まで含めてエントリーシートの提出がある会社の平均値です。

 

みなさんが企業名を知っているような大手人気企業では上記の数値のように平均よりもはるかに低い数値になります。

 

当たり前ではありますが、中小企業のほうが一般的にはエントリーシートの通過率は良いことが多いです。

 

通過率の低いところばかりに時間を割くことは時間効率が悪いため、効率的に提出を進めるようにしましょう。

 

【4】面接の平均通過率は40~50%程度

 

皆さんが受験する業界や職種、会社の規模・人気度によっても倍率や、通過率は異なりますが、1次面接の通過率は平均してみると4~5割程度と言われています。

 

大手企業の面接においては、受験社数が多いため、機械的に短時間で面接を行うところが多いです。時には10~15分程度のグループ面接でなんで落ちたのかもわからないような選考もあります。厳しいところでは1割にも満たないような通過率も存在します。

 

難易度が高い面接もある訳ですから、見送りになったからといって『自分自身が否定されたような感覚』になどならないでください!

 

『落ちたら』、落ちた。『受かったら』、受かった。と割り切りましょう!

 

仮に企業に問い合わせたって、選考NGの理由なんて教えてくれません。

 

前向きに次の企業を受けたほうが遥かに効率的です!

 

大手企業等では大半の方が見送りになる厳しい現実です。結果に一喜一憂するのはやめましょう!

【4】就活の準備や進め方、採用活動のスケジュール

 

最後に、就職活動でしなければいけないこと、前準備や就活解禁後、いつくらいの時期に、具体的に何をしなければいけないのでしょうか?

 

それでは、就職活動でしなければいけないこと、大学1、2年生から出来ることや前準備、3年生のタイミング、就活解禁後、いつくらいの時期に、具体的に何をするのかを一緒に確認していきましょう。

 

 

■大学1、2年次にすべきこと

・長期インターンシップに参加する

・部活動、サークルなど目標を定めて、仲間とともに成長出来るような経験を積む

・資格取得や語学力向上などスキルアップに励む

・語学留学や海外旅行等で、異なる価値観や文化に触れる

・アルバイトなどで社会人と接する機会やお金を稼ぐ厳しさを知る

・他大学や他学部など、交流範囲を広げる

・需要が高まっているプログラミング等の経験を積んでみる

▼さらに詳しく
大学生・院生が家・在宅で出来るおすすめのインターン(アルバイト)。コロナでも稼げる仕事。コロナに負けるな!

短期・長期(有給)のインターンシップ先を探す際に役立つインターンナビサイトやおすすめの就職活動支援サービス|インターンシップとは?

※正直、何を行っても不正解ではありません。熱中したり、自分に無いものを身につけられる機会を増やしましょう。

 
▼ここからが就活本番です!

 

 

前準備(大学3年夏前)

【1】就活ナビサイト・求人サイト(アプリ)への登録

 

※当記事では、前準備としても必要不可欠な就職サイトを記事の後半で紹介しています! 

 

【2】自己分析 

 

▼さらに詳しく

自己分析ツールのおすすめツールやアプリ。適性診断の効果的なやり方・方法

 

【3】社会人と出合う機会を作る

 

▼さらに詳しく

新卒就活で大手企業からスカウト・オファーが来る逆求人型の就職情報ナビサイトの評判・おすすめは?

 

▼さらに詳しく

就活のOB・OG訪問で内定者や先輩に聞いておきたい質問内容/使えるシート・リスト

 

 

大学3年10月〜

【4】業界研究

 

▼さらに詳しく 

業界研究のやり方・ポイントを解説。業界研究の目的や意味、必要性などについて説明

 

【5】企業研究

 

▼さらに詳しく

就職活動の軸の決め方、エントリー企業の選び方、企業研究の進め方のアドバイス

 

【6】筆記試験対策


▼さらに詳しく
SPI・玉手箱・CAB・SCOAなど新卒就活の主要適性検査(Webテスト)の種類は?
 

▼さらに詳しく

本当に役立つ 就活生におすすめできる就職活動対策本


【7】グループディスカッションや面接対策

▼さらに詳しく
コロナでキャリアセンターに行きずらい、怖い。就活出来ない…就職課を使わないとき信用できる求人相談先は?

▼さらに詳しく
業界別 グループディスカッションテーマ例

▼さらに詳しく
面接質問集100選

▼さらに詳しく
面接対策パーフェクトガイド

 

 

前準備(大学3年3月〜)

 

【8】企業へエントリー・応募する

 

▼さらに詳しく

売上規模が大きい人気企業ランキング・平均年収一覧

▼さらに詳しく
ブラック企業の特徴と見分け方

▼さらに詳しく

確実に衰退する将来性のないダメな企業の特徴をチェック。もう終わっているので伸びない会社の見分け方は?

 

【9】エントリー(ES)の提出

 

▼さらに詳しく

ESの通過率ってどこを見れば良いの?

 

▼さらに詳しく

2022卒 エントリーシート(ES)締切一覧カレンダー

 
▼さらに詳しく
受かった内定者や選考を通過した先輩のエントリーシート(ES)を無料で閲覧できるサービスで書き方を把握

【10】会社説明会に参加する


▼さらに詳しく
人気の事務職。求人倍率が高く厳しいって本当?
 

【11】面接やグループディスカッション(GD)など選考に参加する

▼さらに詳しく

ESや書類選考や一次面接で全落ちした場合|その問題点を改善してくれる就活支援ポータル・エージェント

▼さらに詳しく
オンライン(WEB・ビデオ)で就職活動の相談や講座が利用出来る人気のサービス