Uターン・Iターンの就職・転職活動のやり方|地元・実家に帰りたい・戻りたい人。地方で働きたいときの仕事の探し方

地元に戻って就職・転職をしたいと考えている方や都心部でなく、地方都市に移住して少しのんびりとした働き方を実現したいと考えている就職・転職活動希望者は最後までぜひご覧ください。

 

まずは、当記事をご覧いただきありがとうございます。

 

これから、U・Iターンで求人企業・仕事を探そうかなと考えだしている就職・転職希望者に向けた記事です。

 

『UターンとIターンの違いは何?』『難しいって本当なの?』『活動の進め方は?』『おすすめの企業の探し方は?』など様々な疑問を持つ人も多いでしょうね。

 

当記事では、そのような疑問や不安を解消するために、U・Iターンの就職についての解説や、求人情報や募集企業を探す際に役に立つ求人情報ナビサイトや人気のある就職支援サービス、エージェントなどをご紹介します。

 

当記事をご覧頂きありがとうございます。

Uターン・Iターン希望の方は最後までご覧ください!

目次

【1】UターンとIターンの違い?UターンとIターンとは何?

 

【2】地元を含めた地方都市(田舎)で仕事をするメリット(魅力)は?

 

【3】地元を含めた地方都市(田舎)で仕事をするデメリット(心構え・リスク)は?

 

【4】Uターン・Iターン就職・転職活動の進め方/やり方

 

【5】U・Iターンの際におすすめしたい就職支援サービス・エージェント

 

以下、3万人以上の就職支援を手掛けた『就プラ』がおススメするU・Iターン向け求人情報ナビサイトや就職支援サービスの特徴や求職者からの人気度・評判などをご紹介します。(ランキングや口コミサイト等も参考にしています)

【1】UターンとIターンの違い?UターンとIターンとは何?

Uターン現象』(Wikipediaへリンク)は、地方から都市部へ移住した者が再び地方の生まれ故郷に戻る現象を指しています。

 

人の流れを地図上に見立ててアルファベットのUの字を描くような移動のためにこう呼ばれています。

 

例えば大学で東京に進学したけれども、就職の際は地元に帰って就職をするというようなイメージですね。

 

また、『Iターン現象』(Wikipediaへリンク)は、出身地とは別の地方に移り住む、特に都市部から田舎に移り住むことを指しています。

 

都心部への生活に疲れたり、家賃などが安い地方地域に移住するようなイメージです。

 

都市部から移住するとしても、UターンとIターンでは少し意味が異なることはご理解頂けましたでしょうか。

 

【2】地元を含めた地方都市(田舎)で仕事をするメリット(魅力)は?

地方都市(田舎)で働くメリットとは何なのでしょうか?

【1】通勤ラッシュや人込みから解放される

都心部に住む人ならば誰しもが経験をしていて、決して気分の良いものではないと思います。

 

地方都市に住めば基本的には車での移動が当たり前になる為、満員電車に悩まされるようなことは無くなると思います。

 

【2】自然が豊かで健康的な生活をおくることが出来る

自宅の周辺が自然豊かで、広々とした公園やサイクリングロード、運動場など土地が豊富である為、様々な施設が豊富です。

 

また、利用料なども格安もしくは無料であるため、経済的な負担も軽減されるはずです。

 

【3】家賃や生活費等が安い

言うまでもないかも知れませんが、住宅の家賃や生活費の水準は低いです。

 

実家で両親と同居などとなれば家賃負担は実質ゼロ円です。駐車場の料金なども無料もしくは数千円のレベルですので、経済的な負担はかなり少なくなるでしょう。

【4】子育てがしやすい

都心部では、子供を保育園に預けられず、仕事をしたくてもで出来ないという人が多く存在します。

 

一方、地方都市では都会に比べ幼稚園や保育園にも入りやすいため、仕事と子育てのバランスが取りやすい傾向にあります。

 

また、地方では地域住民の繋がりが強く、顔見知りになりやすい傾向があるため、地域みんなで子供を育てるという環境が整っていることも多いようです。

 

【3】地元を含めた地方都市(田舎)で仕事をするデメリット(心構え・リスク)は?

地方都市(田舎)で働くデメリットとは何なのでしょうか?

【1】都心部に比べて給与水準が低い

当たり前ですが、経済的水準や求人の価値によって年収や処遇待遇面等が決定されていきます。

 

ごく一部の専門系職種を除き、都心部よりも水準が低くなることは仕方無いでしょう。

 

【2】都心部に比べて求人企業や情報量が少ない

地方は都心部と比較すると、情報量が少ないという現実も無視できません。

 

インターネットの普及で情報量の差はあまりなくなってきているものの、求人情報やそもそもの募集企業が少なく、求める職種の求人とは出会いにくい傾向があります。

 

特に、昔の表現で言うホワイトカラーと言われるような仕事は少なく、ブルーカラーと言われる仕事や一次産業の仕事等が多いです。(産業や職業を比較するつもりはありません)

 

【3】就職・転職活動自体が遠距離であるため難易度が高い

求人数が少ないこと、仮に希望する求人情報があったとしても、移動時間や移動交通費などの制約があり、都心部の就職・転職活動と比べると難易度が高いと言えます。

 

限られた受験企業の中で、最終的な進路選択先を見つけていく必要があります。

 

【4】Uターン・Iターン就職・転職活動の進め方/やり方

【1】各地域に根差した人材サービスやナビサイト等を利用する

 

『リクナビ』『マイナビ』『キャリタス』等が求人検索ナビサイトとしての代表例ですが、各地域に密着したナビサイトにしか求人を検索していない(できない)地方企業も存在します。

 

全国規模の有名なナビサイトのほうが求人広告の掲載費用が高いため、田舎にある地場の企業はなかなか掲載することが出来ません。各地域毎で人材サービスを提供する会社のナビサイトやサービスも活用してみましょう。

 

【2】全国的に相談・支援拠点を持つエージェント等を利用する

 

新卒採用の就職支援を手掛ける就活エージェントと言われるサービスを地方の拠点で展開する企業も複数存在します。

 

求人を自分では探せない方や思うように選考が通過しない場合は、エージェントに相談見ると良いでしょう。

 

ひとりで就活することに限界を感じたら就職支援のプロであるエージェントに相談すると効率的です!

ポイント

目的にあわせて、【1】、【2】どちらのサービス(求人情報サイト)を活用するのかを選択していってください!

【1】と【2】の要素を両方持ち合わせたようなサービスも一部存在しますが、Uターン・Iターンとなると支援サービスも限られるため、就活のプロと効率的な進めていきたいと考える方は【2】エージェント型に相談したほうが上手くいくでしょう。

移動時間や交通費を考えると数多くの企業を受けることは難しいと思いますので、エージェントを活用し、一点集中で活動を進めることをおすすめします。

【5】U・Iターンの際におすすめしたい就職支援サービス・エージェント

フリースペース。U・Iターンや就活に関する相談可 就プラ
東京、横浜、大阪、名古屋、京都、福岡で相談できるエージェント キャリアチケット
全国各地でマッチングイベントや就職相談を実施 MeetsCompany
北海道・東北地方に特化をした就職支援サービス 探職(TANSYOKU)
甲信越(新潟)に特化をした求人情報ナビサイト 新潟就職応援団ナビ
北陸(富山・石川・福井)に特化をした人材サービス JJC-net(人材情報センター)
東海(名古屋・岐阜・三重)に特化をした人材サービス 名大社
人材業界大手、学生満足度NO1のマイナビ マイナビ2022
人材業界最大手、2大ナビのリクナビ リクナビ2022
四国地方に特化をした就職支援サービス スイッチシコク
沖縄に特化をした人材サービス ジョブファン!キャリア
人材業界大手、キャリタス就活 キャリタス就活
UターンやIターンに力を入れている転職エージェント dodaUターン・Iターン転職

■就プラ(就活相談・ES添削・模擬面接等可能なフリースペース)

おすすめ度:★★★★★
登録優先度:★★★★★

就プラ」は、過去3万人以上の就活生の支援を手掛けてきた就活生向けのフリースペースです。

 

当ページ等の監修も手掛けており、現役の人事責任者がフリースペースの運営をしています。インターンシップや就職活動に関する相談、ESの添削、模擬面接、自己分析、グループディスカッション(GD)等の対策セミナーなど、就活に必要な支援をすべて無料で受けることができます。

 

漠然とした就活の不安や悩みを相談したり、就活仲間とともに楽しみながら就活を乗り越えることが出来ると人気のサービスです。

 

地元や地方に戻り、移動しての求人企業を探す前に、相談をしたい、アドバイスを欲しいという方はお気軽にご利用ください!

 

■キャリアチケット

おすすめ度:★★★★★
登録優先度:★★★★★

 

キャリアチケット』は量より質にこだわり、平均受験社数は5社と、やみくもに何十社も受け続ける就活から卒業できるサービスです。

 

同社の『ハタラクティブ』(20代向けの転職支援サービス)というサービスをテレビCMなどで見たことがある人も多いかもしれませんね⁉

 

キャリアチケットは、面談地域が、渋谷、秋葉原、池袋、大阪、横浜、福岡、名古屋、京都の8か所と便利なので、全国的に活用できるサービスです。

 

先に説明した形式でいうと【2】を主の目的とした利用をおすすめします!

 

サービスの特徴

①サポート体制が整っており、コンサルタントの質も良い
②個別面接対策で内定率が1.39倍に上昇
③キャリアチケットだけの限定求人も豊富で、特別推薦枠を用意
④希望に沿った求人のみを紹介してくれるので、ミスマッチが少ない
⑤利用料は全て無料
キャリアチケットのの特徴・サービス内容を解説|評判・口コミはこちら

■MeetsCompany

おすすめ度:★★★★★
登録優先度:★★★★★

 

MeetsCompany』は、企業と就活生のリアルな出会いにこだわりをもった就職支援エージェントです。

 

開催地域は全国各地で、イベントの開催頻度も高いため、オンライン上等では、企業の魅力が伝わらない、自分自身の人間性を直接お会いしてPRしていきたいと考える方は、ぜひ利用を検討してみてください。

 

出展企業は、毎回異なりますが、中堅からベンチャー企業等が多い印象です。(もちろん東証一部上場企業等も参加しています)

 

先に説明した形式でいうと【2】を主の目的とした利用をおすすめします!

 

サービスの特徴

①年間のサービス利用者約10万人、就職決定者は約6000人。就活生の5人に1人が利用しているサービス
②東京、大阪、名古屋、福岡、北海道、名古屋など全国各地で採用イベントを開催
③年間の採用イベントの開催数は業界NO.1の650回以上
④イベント後に就職相談をすることができ、応募書類の添削・面接対策等一人ひとりに合わせた徹底サポート

■探職(TANSYOKU)

おすすめ度:★★★★
登録優先度:★★★★

探職(TANSYOKU)』は、東北・北海道に特化した就活支援ナビサイトです。

 

きゃりぽーと仙台という会社が運営母体となり、専任のキャリアアドバイザーが就活、キャリアに関する悩みや不安解決に向け、強力にサポートして頂けるようです。

 

先に説明した形式でいうと【1】を主の目的とした利用をおすすめします!

 

■にいがた就職応援団ナビ

おすすめ度:★★★★
登録優先度:★★★

 

にいがた就職応援団ナビ』は、甲信越地域の新潟に特化をした就職情報ナビサイトです。

 

インターンシップ情報から仕事研究フェスタという業界・企業研究のイベント等も開催されています。

 

先に説明した形式でいうと【1】を主の目的とした利用をおすすめします!

 

■JJC-net(人材情報センター)

おすすめ度:★★★★
登録優先度:★★★

 

JJC-net(人材情報センター)』は、北陸地方(富山・石川・福井)に特化をした就職支援会社です。

 

JJC-netという就職支援ナビサイトを運営されています。

 

就職支援経験が豊富なスタッフの個別カウンセリングを無料で受けることなども出来ます。

 

先に説明した形式でいうと【1】を主の目的とした利用をおすすめします!

 

■名大社

おすすめ度:★★★★
登録優先度:★★★★

 

名大社』は、東海地方の中でも愛知県、岐阜県、三重県に特化をした就職支援会社です。

 

新卒として就職活動をする方を対象とした、ジモト就職に関する各種イベント&セミナーを随時開催してます。愛知・岐阜・三重の優良企業との出会いのイベント等を開催されています。

 

先に説明した形式でいうと【1】を主の目的とした利用をおすすめします!

 

■マイナビ2022

おすすめ度:★★★★
登録優先度:★★★★★

マイナビ2022』は、人材業界大手のマイナビが運営する就職活動総合ナビサイトです。インターンシップから就活本番まで活用することが出来ます。

 

就職情報サイトとしては、学生満足度NO1となっており、就活の際には欠かすことが出来ないサービスと言えるでしょう。

 

コロナウイルス感染予防の観点などからWEB説明会などオンラインで就活を出来るコンテンツ等も積極的に取り入れています。

 

地方の求人情報も豊富である為、Uターン、Iターン際の企業探しにも役に立つはずです。先に説明した形式でいうと【1】【2】を主の目的とした利用をおすすめします!

 

あわせて読みたい:マイナビの評判・口コミ

 

■リクナビ2022

おすすめ度:★★★★
登録優先度:★★★★★

リクナビ2022』は、人材業界の中でも大手のリクルートグループが運営する国内最大級の就職ナビサイトです。インターンシップから就活本番までずっと活用できるサービスです。

 

ほとんどの人が名前位は聞いたことがありますよね!?

 

就活対策やお役立ち記事、イベントなどインターンシップや就職活動に役立つ情報は豊富です。

 

地方の求人情報も豊富である為、Uターン、Iターン際の企業探しにも役に立つはずです。

 

先に説明した形式でいうと【1】【2】を主の目的とした利用をおすすめします!

 

あわせて読みたい:リクナビの評判・口コミ

 

■キャリタス就活2022

おすすめ度:★★★★
登録優先度:★★★★

キャリタス就活2022』は、人材業界大手のディスコが運営する就職ナビサイトです。

 

求人ナビサイトでいうとマイナビ、リクナビに続く、3番目の立ち位置にあると思います。インターンシップ企業の検索から仕事研究、就活成功ガイドなどのコンテンツも充実しています。

 

登録しておいて、損はないサービスの一つでしょう。

 

地方の求人情報も豊富である為、Uターン、Iターン際の企業探しにも役に立つはずです。

 

先に説明した形式でいうと【1】【2】を主の目的とした利用をおすすめします!

 

あわせて読みたい:キャリタス就活の評判・口コミ

 

■スイッチシコク(SWITCH★SHIKOKU)

 

『スイッチシコク(SWITCH★SHIKOKU)』は、四国にU・Iターン就職を希望する学生、四国に興味のある学生を対象にした就職支援サイトです。

 

U・Iターン支援を目的として、四国4県の総合窓口として必要な情報を一つに集約しています。

 

また、同じふるさとを持つ仲間との交流や情報交換のきっかけを作るコミュニティー的や役割のような性質のサービスのようです。

 

先に説明した形式でいうと【1】を主の目的とした利用をおすすめします!

 

■ジョブファン!キャリア|Jobfan!Career(沖縄県)

おすすめ度:★★★★
登録優先度:★★★★

 

『ジョブファン!キャリア|Jobfan!Career』は沖縄県の求人情報を検索することが出来る就職情報ナビサイトです。

 

採用が決まり、一定期間勤務すると『お祝い金』がもらえる特典もある模様です。

 

職種としては、営業・企画・販売系、旅行・レジャー・観光施設、IT・WEB系・技術などの求人情報が多く掲載されています。

 

先に説明した形式でいうと【1】を主の目的とした利用をおすすめします!

 

■doda Uターン・Iターン(転職希望者向け)

おすすめ度:★★★★★
登録優先度:★★★★★

 

doda Uターン・Iターン転職』 は、人材業界大手のパーソルキャリアが運営する転職求人情報サイトです。

 

転職エージェントとしての機能もついているため、キャリアアドバイザーやカウンセラーなど就職相談のプロにアドバイスを頂きつつ、転職活動を進めていきたい方は登録すべきサービスでしょう。

 

先に説明した形式でいうと【1】【2】を主の目的とした利用をおすすめします!

 

 

グループディスカッションテーマ例一覧