ネットワークエンジニア(NE)に未経験からなるには?20~30代の転職活動初心者に必要な資格や勉強方法

コロナウイルス感染症が拡大し、様々な業界が業績を落とす中、IT業界や情報通信産業については、安定して順調な成長を遂げている企業が多いです。

 

将来性があるIT業界において、まだネットワークエンジニアとしての業務は経験がないけれども正社員としてスキルアップし、スペシャリストとして働いていきたいと考えている方、転職活動を成功し、年収アップできる優良企業に出会いたい方などはぜひ最後までご覧ください!

 

在宅やリモートワーク等がしやすいのか?

 

土日休み?、残業や夜勤などが多く発生する?

 

ワークライフバランスが取りやすい職種なの?

 

CCNAやCCNPなどのスキルや資格はネットワークエンジニアになるためには必須なのか?

 

ネットワークエンジニアとして、必要なツール、言語、道具等は何があるのかなどを業界未経験者向けに解説致します。

目次

【1】ネットワークエンジニア(NE)とは?何をするの?

 

【2】IT系の就職・転職活動に資格は必要?おすすめは?

 

【3】IT系の就職・転職活動に役立つ、有利な資格

・ITパスポート

・基本情報技術者

・システムアーキテクト

・プロジェクトマネージャー

・ネットワークスペシャリスト

・CCNA

・CCNP

・CCIE

・マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)

・マイクロソフト社認定ソリューションアソシエイト(MCSA)

 

【4】未経験者が効率良く正社員として就職するには?

 

 

【1】ネットワークエンジニア(NE)とは?なにをするの?

ネットワークエンジニア(NE)とは、どのような仕事内容なのでしょうか?

 

プログラミングをするプログラマーとの違いはなんなのか?

 

何をしているのかよくわからないという人もきっといらっしゃるでしょう。

 

ネットワークエンジニアは、ネットワークシステムの設計・構築・運用・保守などを行う技術者の事を指します。主の業務内容は、サーバー環境やネットワーク環境の設計・構築、その運用・検証・保守まで、幅広い専門知識と技術、通信やセキュリティなどに関する基礎知識が必要とされる職業です。

 

エンジニアと聞くと超ハイスペックのPCを使っているようなイメージがあるかもしれませんが、普通にノートPCでWindowsを使っています。もちろんMACを使っている人もいますが、LANポートの有無や端末の互換性からするとWindowsがおすすめです。

 

【2】IT業界で必要・役立つ資格は何?おすすめの知識は?

業界未経験の方あれば、現時点で、ネットワークエンジニア一本で就職・転職活動するのかまでは決め切れていない方も多いかと思いますので、IT業界で必要とされる資格などを幅広くご紹介します。

 

まず前提として、IT業界においては、資格は就職や転職活動の際には、あまり重要視されません。資格を必須の要件としている企業もそこまでは多くありません。どちらかというと、プロジェクトの内容や実績、プログラミングのスキル、経験などで評価をする業界だからです。

 

しかし、資格によっては保有していると、IT業界でエンジニアとして働く上で便利な資格や、転職に役立つ資格もあります。また、資格手当などが支給され年収UPに繋がる資格も存在しますので、希望の職種に合わせて資格取得に励んでみてはいかがでしょうか。

 

IT業界未経験の立場から、ITエンジニアへの就職や転職を考えている方は、ぜひ参考にしてください。(プログラマー(SE)、インフラ系、ネットワーク系など目指したいジャンルにより、取得すべき資格が変わります)

 

【3】IT系の就職・転職活動に役立つ、有利な資格

IOT化が進み、PC、スマホの普及で、情報技術(IT)がぐっと身近になった現代。ITエンジニアは、様々な業界でニーズが高まっています。

 

ITエンジニアとしてのキャリアアップや、就職・転職活動に役立つ、情報処理に関する資格は、情報処理技術者試験のような国家資格と、大手のIT系企業が自社で開発した製品について一定の水準で操作・管理する能力を、そのIT企業独自で認定するベンダー資格、そしてその他の民間資格などがあります。

 

ITパスポート

ITパスポート」は、IT業界で活躍するための入門編とも言える国家資格です。

 

これはすべての社会人に共通に求められるレベル1程度の基礎知識を問う資格です。学生のときなどに、ITの基礎を勉強することを目的として取得する程度の資格です。履歴書の資格欄に記載できる程度で、直接的に採用に繋がる資格ではありません。

 

ITパスポートは、あくまで基礎を理解する入口として、より難易度が高く、ニーズがある基本情報技術者などの資格取得を目指してください。

 

資格試験合格率
51%程度

基本情報技術者

基本情報技術者」は、プログラマーやシステムエンジニア(SE)向けの入門資格で、情報システム開発スペシャリストへの登竜門と言える国家資格です。

 

受験数は、毎年10万人以上と人気のある資格です。会社側が資格の取得を推奨することも多く、年収UPにも繋がりやすいため、取得をおすすめします!

 

資格試験合格率
25%程度

システムアーキテクト

システムアーキテクト」は、システム開発上流工程の作業に関わる技術者を対象にした資格となります。

 

システム開発の上流工程を主導する立場で、豊富な業務知識に基づいて的確な分析を行い、業務ニーズに適した情報システムのグランドデザインを設計し完成に導く、上級エンジニアを目指す方に最適です。

 

資格試験合格率
15%程度

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャー」は、システム開発の責任者を目指す人が取得したい資格です。

 

プロジェクト全体の意思決定を実行し、品質・コスト・納期に全責任をもち、前提・制約の中でプロジェクトを確実に成功に導き、プロジェクトメンバを成長させるマネージャを目指す方に最適です。

 

資格試験合格率
14%程度

ネットワークスペシャリスト(NW)

ネットワークスペシャリスト」は、ネットワークに関係する固有の技術を活用し、最適な情報システム基盤の企画・要件定義・開発・運用・保守で中心的な役割を果たし、情報システムの企画・要件定義・開発・運用・保守への技術支援を行う人のための国家資格です。

 

ネットワークエンジニアやインフラ系エンジニアを目指す方に最適です。

 

資格試験合格率
14%程度

CCNA(Cisco Certified Network Associate)

CCNA」は、シスコシステムズ社認定の資格で、ネットワーク技術者としての実力を証明できます。

 

最新のネットワーキング技術、ソフトウェア開発スキル、職務内容に基づく、IT キャリアの基礎を幅広く取り扱う試験で、ネットワーク機器の需要の高まりから、多くのエンジニアがCCNAの取得を取得しようとしています。

 

合格率は非公開となっていますが、30%程度と言われており、就職・転職にも有利であるため、おすすめの資格と言えます!

 

資格試験合格率
30%程度(非公開)

CCNP(Cisco Certified Network Professional)

CCNP」は、シスコシステムズ社認定の資格で、ネットワークエンジニアの間で最も有名な資格である、CCNAの上位資格として位置づけられており、CCNAを取得した方が、次に目指す資格です。

 

大規模ネットワークの導入、運用、保守などを行う技術を有することが証明されます。

 

資格試験合格率
15~20%程度(非公開)

CCIE(Cisco Certified Internetwork Expert)

CCIE」は、シスコシステムズ社認定の資格で、ネットワーク資格の最高峰資格です。

 

福利厚生として、資格補助等の金額が高額になることも多く、ネットワークエンジニアとしての転職で有利になることが多いようです。

 

資格試験合格率
10~15%程度(非公開)

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)」は、ビジネスマンとしての必須スキルである、ワード(Word)やエクセル(Excel)パワーポイント(PowerPoint)などマイクロソフトオフィス製品の利用スキルを客観的に証明することのできる資格です。

 

こちらも就職活動や転職活動が有利になるというレベルではなく、履歴書の資格欄に記載することが出来るというレベルの資格です。

マイクロソフト社認定ソリューションアソシエイト(MCSA)

マイクロソフト社認定ソリューションアソシエイト(MCSA)」マイクロソフト社認定の資格で、業界で評価および認知されている厳正な試験により、IT プロフェッショナルとデベロッパーの技術的な専門知識を検証する資格です。

 

サーバーやエンドユーザーのデスクトップ、データベースなどを管理するエンジニアのほか、CRM(顧客管理)システムの管理者なども含まれます。

 

【4】未経験者が効率良く正社員として就職するには?

フリータや既卒者、IT業界未経験者が効率的に就職活動・転職活動をするには、IT業界に特化した就職・転職支援エージェントサービスを活用するようにしましょう!

 

特に、資格取得やプログラミングスクールなどのスキルアップ就職支援がセットになったものがおすすめです。

 

第二新卒・既卒・20代の就活支援(キャリア)IT就職エージェントとは、

IT業界に長けた専任のアドバイザーが転職・就職活動の始めから終わりまでを支援してくれるサービスです。(原則、利用料は無料です)

 

ITエンジニアはスキルアップしてキャリアを積み上げていく職種のため、キャリアアップを見据えた転職が重要になっていきます。

 

就職・転職相談をするエージェントがIT業界の知識に長けているか否かも、相談をする上でかなり重要な要素となります。

 

経験豊富なプロのアドバイザーからのアドバイスやサポートをフル活用して、転職・就職活動を効率的に進めたい方は有効に活用してください。

 

■第二新卒・フリーター既卒など未経験の転職・就職エージェント おすすめなエージェント

【研修付き】

未経験、フリーターからNWエンジニアになりたい方

ネットビジョンアカデミー

【研修付き】

未経験、フリーターからITエンジニアになりたい方

ドリーム・シアター

【研修付き】

未経験、フリーターからITエンジニアになりたい方

GEEK JOB
以下、3万人以上の就職支援を手掛けた『就プラ』おススメのIT就職エージェントの特徴や転職希望者からの評判、評価をご紹介します。(ランキングや口コミサイト等も参考にしています)

■ネットビジョンアカデミー

ネットビジョンアカデミー』は上場企業のポートが運営する、フリーター、既卒、第二新卒に特化した就職支援サービスです。20代未経験からITエンジニアとして正社員就職を実現する支援をして頂けます。

 

求人数が非常に多いネットワークエンジニアとしての研修CCNA資格取得サポ―ト就職活動の支援をすべて無料で受けることが出来ます。

 

地方にお住いの方でも、シェアハウスの賃料が2か月間無料であるため、面倒な手続き無しで、安定のITエンジニアとしての就職を目指すことが出来ます。

 

ネットビジョンアカデミーの特徴や詳細はこちら

 

おすすめ度(評価)

★★★★★

特徴

無料のNWエンジニア研修と資格取得サポート&就職支援

対応エリア

関東
取り扱い求人 ネットワークエンジニア
年収UP フリーターから正社員へ。年収、待遇up例多数

ドリーム・シアター プログラミングスクール【研修型ITエンジニア】

ドリーム・シアター』は、「無料PHPスクール(Webプログラミング研修」と「就職・転職サポート」がセットになったサービスです。

 

プログラミング未経験から、IT/Webエンジニアとして確実に就職・転職をするこための支援を受けることが出来ます。同スクールでプログラミングを学び終えることが出来た方の、就職率は93.9%です。

 

同社は、アウトプット重視の講義で一人の脱落者も出さないことを大切にされており、スクール卒業生の73.6%が自社内開発で、64.6%が私服(ビジネスカジュアル含む)での就職を成功させています。

 

無料の体験・相談会なども実施をされていますので、まずは様子を見に行ってみてはいかがでしょうか。

 

おすすめ度(評価)

★★★★★
エリア 東京
対象年齢 既卒・フリーター・大学中退、未就業など
得意業種 Web開発、フロント、アプリ開発、インフラエンジニアなど
年収UP率 フリーターから正社員へ。年収、待遇up例多数
求人数 1,000件以上

■GEEK JOB

GEEK JOBの特長は、未経験からIT業界・エンジニアへの正社員転職をサポートして頂ける就職・転職支援サービスです。

 

無料であること、最短1ヶ月という早さ、現役のプログラマーから“仕事で使えるプログラミング”を実践的に学べることが求職者から評価されています。

 

体験会も定期的に開催していますので、ITエンジニアへのキャリアチェンジを考えている方はまずは参加してみてはいかがでしょうか!

 

おすすめ度(評価)

★★★★

特徴

無料のプログラミングスクール&就職支援

対応エリア

関東
取り扱い求人 ITエンジニア
年収UP フリーターから正社員へ。年収、待遇up例多数
▼20代の支援に強いIT業界特化型のエージェントまとめ
ITエンジニア | 第二新卒・既卒・20代のおすすめの転職・就職エージェント