職場のランチは疲れるから一人がいい。お昼休みまで無言にならないように気を使うのがめんどくさい。

★職場のランチなど人づきあいがめんどくさいから一人がよいと思っているって結構多いみたいですね!?

会話があまり上手ではなく、沈黙になるのが心配な人やお昼休みにまで無言にならないように気を使って過ごすことは疲れるので、ひとりになりたいと思う人も多いでしょう。コロナウイルスの影響等で残業代やボーナスがカットされて、収入も少ないのでランチが高いお店に入ることが辛くて、苦痛というケースもあるようです。

また、最近の傾向としては、プライベートや自分の時間を大切にしたいという20代、30代も増えており、職場とプライベートはある程度切り分けたいと考えが一般的になりつつあるようです。

職場の人間関係の悩みや不安がある方は、ぜひ最後までご覧ください。

目次

【1】ランチはひとりで食べる派が約半数!20代では7割程度が一人で!

 

【2】自分のペースで職場の人とうまく付き合っていく方法

 

【3】人間関係がめんどうな際は職場を変えることもアリ?

 

【4】人間関係や会社の雰囲気に悩み転職する人も多い

 

【5】職場選びの際は、自分の判断軸は何を大切にしたいのかを整理

 

【6】自分の軸を考えた後は必要に応じて企業・仕事選びを開始

 

【7】転職支援エージェントとは?

 

【8】転職エージェントを利用する際は、2~3社程度を複数同時に利用

 

【9】事前準備・当日の準備物

 

【10】事前に整理しておくべき情報

 

【11】キャリア面談の流れ

 

【12】転職エージェント比較 ランキングTOP10

・リクルートエージェント

・マイナビAGENTエージェント

・doda転職エージェント

・パソナキャリア

・JACリクルートメント

・ビズリーチ

・type転職エージェント

・MS-Japan(エムエスジャパン)

・キャリアカーバー

・エン(en)エージェント

 

以下、3万人以上の就職・転職支援を手掛けた『就プラ』おススメのエージェントや人材紹介会社の特徴や転職希望者からの人気度、評判をご紹介します。(ランキングや口コミサイト等も参考にしています)

【1】ランチはひとりで食べる派が約半数!20代では7割程度が一人で!

職場の人と一緒にランチに行かなくてはいけないって考えると面倒ですよね…。

 

苦手な上司や先輩など一緒となるとなおさらです。

 

出来ればランチ位はひとりでゆっくりしたいと思うものの、人付き合いが悪いと思われるのも心配という人もいらっしゃるでしょう。

 

では、一人でランチタイムを過ごす人の割合はどれくらいいるのでしょうか?

 

大手人材会社の調査では、『一人で食べる』と答えた方が5割以上となっており、本音では『一人で食べたい』と答える人が7割以上になります。

 

なお、20代に至っては、7割近くが『一人で食べる』という結果になっています。

 

実は、一人で食べたい、できればそうしたいと考えている方が多いのです。ごく一般的な考えなのです!

【2】自分のペースで職場の人とうまく付き合っていく方法

一人で食べる人が半数となっているとは言え、職場の人と一切人間関係を作らないということはさすがに仕事に支障が出るかもしれない?と心配する人も多いでしょう。

 

確かに、お昼の時間などを通じて、職場の人間関係が良くなるという可能性も十分あります。

 

上手くバランスを取れば、ストレスを減らしながら、職場で良好な関係を築けるかも知れません。

 

ではどのようにバランスを取れば良いのでしょうか?

 

ポイントは以下の3点です!


 

■ポイント

①一人で食べる必要があるもっともらしい理由を作っておく

②職場の人と一緒に食事に行く曜日やタイミングをある程度決めておく

③仕事の中で結果を出し、信頼関係や人間関係を作る

 

③については特に説明は必要ないかも知れませんが、①と②を上手く併用して過ごしていけば、人間関係を悪化させずひとりの時間を増やすことが出来るはずです。

 

①については、『スキルアップのために資格を取得しようとしていて、そのための勉強をお昼にしている』とか、『知識をつけるために読書をしているので一人で過ごす時間を作っている』などです。

 

これをランチに誘われたタイミングで断る理由として、いきなり伝えると印象が悪くなりますから、②のように週に2回はお弁当等を持参して、職場の人と食べるなどを決めておき、その食事の場で①についての報告をしておけばよいのです。

 

そうすれば、週に3日はひとりの時間を過ごすことができ、残り2日で職場の人とのお付き合いをするというようなバランスの良い過ごし方が出来るはずです。

 

【3】人間関係がめんどうな際は職場を変えることもアリ?

業界や会社によって風土はまちまちです。

 

会社によっては、一人で行動することが一般的で、面倒な人付き合いなどが最小減にとどめられる職場やコロナウイルスの影響などで、リモート勤務などを推奨する職場なども出てきています。

 

ランチや飲み会などの人間関係や人付き合いにストレスや疑問を抱える方は、転職など職場を変えることを検討してみることもありかも知れません。

 

安易に転職することを進めるつもりはありませんので、自らのキャリアビジョン等をしっかり考え、会社と仕事への向き合い方、自分自身のプライベートをどのようにバランスをとるのかを考えてみてください。

 

人間関係や職場の風土・環境等にズレを感じ、転職を検討する人も実は多いのです…

【4】人間関係や会社の雰囲気に悩み転職する人も多い

大手人材会社エン・ジャパンのアンケート調査によると、退職理由の第1位は、「やりがい・達成感を感じないから」という結果でした。

 

第2位は「給料が低かった」。

 

第3位は、「企業の将来性に疑問を感じたから」。

 

第4位は、「人間関係が悪かったから」。

 

第5位は、「残業や休日出勤など拘束時間が長かったから」。

 

と並んでいます。

 

職場の人間関係や、社風や風土の不一致などで、転職を検討する人も少なくないのです。

 

【5】職場選びの際は、自分の判断軸は何を大切にしたいのかを整理

転職活動の際にまず大切にしたいこと、初めに整理したいことは、自分の軸です。

 

そもそもなぜ今退職を考えているのか(退職したのか)、転職によって何を得たいのか、実現したいのかを、しっかり考えることをおすすめします。

 

新卒のときの就職活動では、自己分析や業界研究等にたっぷりと時間をかけて、自分自身と向き合ってきた過去があるかも知れません。しかし、転職活動の際は仕事を続けたままの活動で時間がなかったり、収入面や生活の問題などもあり、判断軸や選社軸についてじっくりと考えることはなかなかできないものです。

 

転職活動は、新卒のときの就職活動とは異なり、活動のタイミングや方法などは型にハマった一般的なものがあるわけではありません。

そのような中で、転職活動を失敗しないために、大切なことはぶれない自分の判断軸をつくることです。

退職・転職の理由を明確にし、キャリアビジョンをずらすことなく転職を成功するにはどうすれば良いのか?実際に企業や仕事を選び方は?

等など、転職成功に向けて、自分自身のキャリアビジョンや転職活動の方法を整理したい方は最後までぜひご覧ください。 

転職で希望する仕事内容や条件面などを整理する

仕事の内容、役職や組織内でのポジション、給与条件や待遇面、勤務地、入社の時期・タイミングなど、自分の希望を検討して書き出してみてください。

 

例えば、働き方として、やりがいを重視し、海外勤務、地域密着、社会貢献性など何を大切にしたいのか。

 

また、給与アップや残業時間の短縮、時短勤務や育児休暇の取得、実力主義の環境、若手が活躍しやすい環境、プロセスを評価してくれる環境など、じっくり考えてみると割と出てくるものです。

 

整理したもの全てを満たせる求人情報が探せることが理想ではあるものの、希望する全ての条件を満たすことは簡単ではありません。

 

自らの希望の中で特に大切にすることは何か、何ならば譲れるのかなど、優先順位をつけておくことが大切です。

 

キャリアビジョンを明確にする

また、キャリアビジョンや目標を設定することも大切です。

 

仕事については、仕事を通じて何を実現したいのか、自分がどうなりたいのか、何にやりがいを感じられるのか。

 

家庭のことについては、ワークライフバランスのこと、幸せな家庭をどのように作るのかなど、自分自身と家族などの未来を見据え、具体的なキャリアビジョンや日常生活の理想の環境を考えていきます。

 

最終的なキャリアビジョンを実現するために、転職後の1~3年程度、5年、10年後に目指す姿などを、再考してみることが大切です。

 

キャリアビジョンを実現・達成するために、必要なスキルや知識、能力などもプラスαで考えていくことにより、アクションプランがより具体的になります。

 

【6】自分の軸を考えた後は必要に応じて企業・仕事選びを開始

 

自分なりに、選択軸を考えた後は、企業・求人探しが始まります。

 

求人探しの方法は様々ありますが、効率的かつ一般的な求人情報探しの方法は以下の5つなどはあるはずです。

 

求人探しの方法


(1)転職情報が複数掲載されているナビサイトを活用

(2)転職エージェントを活用して、非公開求人の推薦を受ける

(3)知人や取引先等からスカウト・紹介を受ける

(4)企業のHPや採用ページから応募する

(5)ハローワークなどに掲載されている求人を探す

 

様々な方法がありますが、転職支援のエージェントを活用することをおすすめします。軸にあった求人の紹介や選考対策等を無料で利用できます。

 

自分自身で考えた軸を、キャリアカウンセラー等の第三者に話すことで、考え方が整理されますし、客観的な視点からアドバイスを受けることで、キャリアビジョンや軸がより明確になることが多いです。

 

あわせて、選択軸にあった優良非公開求人を紹介してもらえるため、効率的に就職・転職活動を進めることが出来ます。

 

【7】転職支援エージェントとは?

転職支援(キャリア)エージェントとは、

専任のアドバイザーが転職・就職活動の始めから終わりまでを支援して頂けるサービスです。

非公開の求人情報の提供面接日程の調整などの企業への連絡等を代行して頂けるだけでなく、 年収交渉や入社後のポジション・仕事内容の確認、入社日の調整なども行って頂けるため、効率的に転職活動を進めることが出来ます。

 

専門のアドバイザーや転職ナビサイトを活用して、効率的に転職活動を進めていきたいと考える方はぜひ最後までご覧ください!

 

当記事は総合型のエージェントについて解説しています。専門職をお探しの方は条件別ランキングをご確認ください。

【8】転職エージェントを利用する際は、2~3社程度を複数同時に利用

 

転職エージェントを利用する際のポイントは、初めから1社だけに絞り込むのではなく、最低でも2~4社程度に登録をして、キャリア面談や非公開求人の紹介を受けるようにしてください。

 

複数同時活用すべき理由

 

・自分自身が重視する条件にあった求人を探すため、出来る限り多くの非公開求人を得たほうが良いこと。

・アドバイザーやカウンセラーのレベルもまちまちであるため、自分自身の性格やキャリアにあったアドバイザーと出会う機会を増やすため。


・求人の量や質、担当者との相性によってエージェントを使いわけられる。

 

大手のエージェントであっても、担当者のレベルには差があります。経験の浅いカウンセラーが担当になる可能性もゼロではありません…

エージェントサービスの登録や利用には、費用が掛かるわけではありませんので、複数のエージェントに登録をしてみて、自らにあった支援をして頂けるエージェントを2~3社程度活用して、転職活動をするほうが成功の確率が高まるはずです。

 

【9】事前準備・当日の持参物

(1)履歴書

(2)職務経歴書

 

※エージェントとの面談の際は下書きレベルでもかまいません。

エージェントにより求職者との向き合い方は異なりますが、転職エージェントもビジネスであるため、優先的に支援をする求職者・転職希望者を決めて対応することが一般的です。

特に、キャリア採用においては、企業側の採用枠が1枠のみというようなことも少なくありません。

初回面談で、自らの転職意思が高い状態であるかを転職エージェントに伝える事が重要です。

転職エージェントには毎月成約の目標数字がありますから、エージェントにとっても支援を受ける側にとっても、双方メリットが高い状態を築くことが年収アップ、理想の職場環境を得る上では重要でしょう。

【10】事前に整理しておくべき情報

 

エージェントのとの面談の前に、可能な範囲で以下の点を整理しておいてください。はじめにお伝えした選択軸などの観点で考えておければ、エージェントと話をした際に、考えがブレることなどが少なくなるはずです。

 

事前に整理すべき情報

(1)転職理由

(2)志望業界

(3)希望年収

(4)転職希望時期

(5)スキルや経歴、PRポイント

 

※整理する目的は、推薦文の作成や、採用企業側に推薦して頂く精度を最大限に高めるためです。

 

【11】キャリア面談の流れ

キャリア面談の進め方は、転職エージェントやアドバイザーによって多少の違いはあるものの、一般的には以下のようになっています。

 

・お互いの自己紹介
・経歴、仕事内容や自身の強みやアピールポイントの確認
・転職理由やキャリアビジョンの共有
・希望条件の確認
・求人情報の紹介

 

以上のようなステップを踏まえ、キャリアアドバイザーが豊富な求人情報の中から、求職者(転職希望者)に合った求人情報を紹介します。

 

紹介を受ける際には、「なぜ、その企業を提案したのか」をキャリアアドバイザーに確認することが大切です。

 

なお、転職支援エージェントは、一般の求人情報には載っていない非公開求人も保有しています。

 

あなたのスキルや希望をしっかりと示すことで、非公開の求人の推薦を受けることができれば、より条件のよい企業への転職を成功する確率が高まります。

 

【12】転職エージェント比較 ランキングTOP10

業界最大手 求人数NO1 リクルートエージェント
業界大手 バランス良し  マイナビAGENT(エージェント)
業界大手 利用者満足度No1 doda転職エージェント
オリコン調査NO1 パソナキャリア
ハイクラスキャリアに強みあり JACリクルートメント
スカウトで年収UP ビズリーチ
年収交渉が強い、ピンポイントマッチング type転職エージェント
管理部門と士業の求人に特化 利用率、決定率No1 MS-Japan(エムエスジャパン)
リクルートグループによるハイクラス向けのスカウトサービス キャリアカバー
業界大手 適性検査を活用したマッチング エン(en)エージェント

■リクルートエージェント・リクナビNEXT

転職支援実績No.1の転職エージェントである『リクルートエージェント』。

 

業界最大級の20万件を超える非公開求人を保有しており、他の転職サイトでは見つからなかった求人と出会える可能性が高いエージェントです。選考対策ではなく、求人紹介を目的に登録することを最低限おすすめしたいサービスです。

 

もちろん。書類添削や面接対策を不安がなくなるまで徹底的にサポートして頂けます。

 

求人数を増やす際は、同社が手掛ける転職ナビサイトの『リクナビNEXT』も登録しておいておいてはいかがでしょうか。

 

支援実績断トツNO1です。求人数も豊富であるため、登録必須の一社です!

おすすめ度(評価)

★★★★★
エリア 全国
対象年齢 20代~30代
得意業種 全業種
年収UP率 非公開
求人数 200,000以上

■マイナビAGENT(エージェント)・マイナビ転職

マイナビエージェント』は、就職・転職支援で圧倒的な知名度を誇るマイナビが運営するエージェントです。

 

口コミでは悪い評判が少なく、良い意味でも悪い意味でも、バランスの良い無難な転職エージェントになります。

 

担当者によってサービスに差があるとは言われますが、口コミ調査ではどの指標も総じてトップレベルで、第二新卒案件からハイキャリア層まで幅広いユーザーからの指示を集めています。

 

業界やポジションに関わらず、転職活動をする際には必ず利用するべきエージェントでしょう。

 

また、マイナビグループが手掛ける転職ナビサイトの『マイナビ転職』も登録しておいても良いかもしれません。地方の求人等はこちらのほうが豊富です。

 

おすすめ度(評価)

★★★★
エリア 関東・関西
対象年齢 20代~30代
得意業種 営業、IT、マーケティング
年収UP率 非公開
求人数 25,000以上

■doda転職エージェント

転職サイトの『doda(デューダ)』は業界大手の転職エージェントの一つです。登録者数も数多く、利用者満足度1位に輝いています。

 

doda(デューダ)の取扱い求人数は約10万件と、業界2番目に豊富。

 

基本的に様々な業界を網羅しておりますが、特にIT系やものづくりエンジニア、営業、企画管理などに強いとされています。

 

IT・ものづくりエンジニアに関してはそれぞれ特別サイトも作られており、非公開情報も数多く所持しています。

 

おすすめ度(評価)

★★★★★
エリア 関東・関西
対象年齢 20代~30代
得意業種 営業、IT、マーケティング
年収UP率 非公開
求人数 25,000件以上

■パソナキャリア

パソナキャリア』は手厚いサポートが評判の転職エージェントです。

 

パソナキャリア幅広い年齢層と地域に向けての転職支援とアドバイザーからの質が高いことが特徴です。

 

オリコンの顧客満足度(「担当者の対応」「紹介案件の質」「交渉力」「利用のしやすさ」が評価される)ランキングでは、2019年の転職エージェント部門で1位に選ばれています。

 

パソナキャリアは、「正しい就職・正しい転職・正しい再就職」を企業理念に運営しており、企業の利益よりも転職活動者のことを打愛知に考えることをモットーにしています。

 

求人数は、マイナビやdodaと比較すると少ないようですが、手厚いサポートを受けたい方にはおススメです。

 

おすすめ度(評価)

★★★★
エリア 首都圏、大阪、名古屋、静岡、広島、福岡
対象年齢 20代~50代
得意業種

IT・通信、メーカー、医療・福祉、営業職

年収UP率 非公開、年収400万円以上の求人に強みあり
求人数 40,000件以上

■JACリクルートメント

JACリクルートメント』は、ロンドンが発祥の外資系転職エージェントで、外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績No.1です。

 

大手転職エージェントの中でも、ハイキャリア案件については間違いなく質・量・サービス共にトップレベルと評判です。

 

上記の転職エージェントは業界特化とあって、担当のエージェント自身が「金融業界」や「コンサル業界」、「IT業界」などの経験者となります。

 

ほかの転職エージェントと違い、業界の事情などを考慮したアドバイスに定評があります。

 

おすすめ度(評価)

★★★★★
エリア 全国
対象年齢 20代~50代
得意業種

金融、営業、経理、IT

年収UP率 非公開
求人数 7,000件以上

■ビズリーチ

株式会社ビズリーチが提供するサービス。年収UPを目指している方におすすめの転職サイト『ビズリーチ』。 

 

厳正な審査に通った求人のみを掲載しているので、好条件な求人が多く、転職後の満足度が高いことも特徴。職務経歴を登録すると、ビズリーチの一流転職エージェントからオファーが届くようになり、年収UP交渉に繋げやすいサービスです。

 

管理職やグローバル人材など高年収の求人がほとんどで、中には年収2,000万円を超える求人も存在します。

 

キャリアに自信がある方にはおススメです。スカウト率を上げるためには、、簡易職歴書(全27問)は記載するようにしてください。

 

おすすめ度(評価)

★★★★
エリア 全国+海外
対象年齢 30代
得意業種

全職種

年収UP率 高収入求人多数
求人数 80,000件以上

■type転職エージェント

東証1部上場のキャリアデザインセンターが運営する『type転職エージェント』。

 

準大手の転職エージェンであるため、大手転職エージェントと違って、大量に求人を紹介してくるわけではありません。その分、少数の求人でベストマッチングを追求してくるケースが多いです。

 

面接対策や過去に聞かれた質問なども把握しており、決定率がとても高い転職エージェントです。求人にチャレンジしていく際は、年収交渉やなどかなり真剣に向き合ってくれ、転職成功にコミットしてくださいます。

 

おすすめ度(評価)

★★★★
エリア 首都圏
対象年齢 20代~30代前半
得意業種

営業、事務、IT等

年収UP率 70%以上が年収UP
求人数 8,500件以上

■MS-Japan(エムエスジャパン)

MS-Japan(エムエスジャパン)』は管理部門と士業の求人に特化した転職支援サービスです。

 

同職域に特化するエージェントとしては、利用率と転職決定率はNO1です。

 

求職者の希望の職種や保有資格、また現在の職位や役割に応じて、専門のキャリアコンサルタントが担当制でつきます。

 

取り扱い求人の特徴は、大手企業からベンチャー企業まで幅広く、特に上場企業やIPO準備企業などキャリアアップを狙った転職に向いています。

 

おすすめ度(評価)

★★★★★
エリア 首都圏、大阪、愛知
対象年齢 全年代
得意業種

管理部門、士業専門

年収UP率 非公開
求人数 45,000件以上

■キャリアカバー

 

キャリアカーバー』は人材業界国内最大手のリクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ向けの転職支援サービスです。ハイクラス

 

年収800万~2000万程度の求人が多数で、登録後はスカウトを待つだけであるため、キャリアに自信があり、条件面やポジションによっては転職を検討しても良いと考える方におすすめの転職サービスです。

 

レベルの高いコンサルタント(ヘッドハンター)を自ら選択して、転職相談をすることも可能です。

 

おすすめ度(評価)

★★★★★
エリア 全地域(首都圏中心)
対象年齢 全年代(ハイキャリア層)
得意業種 全職種
年収UP率 非公開ではあるが掲載求人はハイクラスのみ
求人数 6万件以上
あわせて読みたい:キャリアカバーの評判・口コミ

 

エン(en)エージェント

エンエージェント』は、大手人材企業のエン・ジャパン株式会社が手掛ける転職エージェントサービスです。

 

適性診断×キャリア面談を通して、初めての転職活動でも、丁寧にサポートして頂けます。

 

多くの企業の採用試験で実際に使われている適性検査を元に、90問の質問から、あなたの能力や特性を分析することが可能で、自分自身でも気付いていない新たなキャリアの発見に活用出来ます。

 

おすすめ度(評価)

★★★★
エリア 関東、東海、関西、九州
対象年齢 全年代
得意業種 全職種
年収UP率 非公開
求人数 1万5千件以上