社会不適合者の特徴や向いている職種は?仕事が続かない人におすすめの就職診断テスト

『ひょっとしたら自分は社会不適合者かも知れない…。』

『でも仕事をしなければ末路は知れているし、甘えていても生きていけない…。』

仕事が長続きせずに、自分自身に向いている仕事は何があるんだろうと悩み・苦しんでいる人も多いでしょう。

幼少期から周りの人に迷惑をかけたり、生きづらさを感じていたと自覚がある人もいらっしゃるかも知れません。

そのような自覚は無かったけれども、アルバイトで「使えない」、「いらないと」言われたりして、自分自身の短所をなおしたいと考えている人も少なくないかも知れません。

しかし、それには限界がありますよね。でもそんなに心配はしないでください。

自分自身の性格に合わせた仕事選びの方法を理解すれば、適職につくことも可能ですし、大半の方は社会不適合者などではありません。

自分自身が社会不適合者なのかもしれないと悩んでいたり不安を感じてりる人が今後どのように生きていくのか、自分自身に合った仕事はどのようなものがあるのかなどを把握し、いまよりも居心地のよい環境で過ごしていけるよう、当記事では情報提供をしていきます。

目次

 

【1】社会不適合者とは?自覚症状はある?

 

【2】経済産業省が提唱した社会人基礎力も一つの指標

 

【3】社会不適合者の特徴や症状

 

【4】人間関係の構築が苦手な人がどうやって生きるのか?職場に馴染むのか?

 

【5】就職先やアルバイト先で不必要・いらない人にならないために

 

【6】社会不適合者かも知れないと悩む人に向いている職業

 

【7】転職活動で自分に合った・向いている仕事がわからないときはどうする?

 

【8】転職活動ナビ(NAVI)と転職エージェントの違い

 

【9】適職・パーソナリティ診断は自分に合った仕事探しのヒントになる!

 

【10】適性診断・適職チェックテストを無償提供している転職情報ナビサイト

 

以下、3万人以上の就職・転職支援を手掛けた『就プラ』おススメのナビサイトの特徴や転職希望者からの人気度、評判をご紹介します。(ランキングや口コミサイト等も参考にしています)

 

当記事の監修者
約20年以上にわたりキャリア支援の領域に関わっています。複数社の上場企業の人事採用責任者を歴任し、大学のキャリア支援講座やキャリアセンターでのアドバイザー等も経験しています。(国家資格の第二種衛生管理主任者保持)

現在は、キャリア関係の執筆活動等も手掛けており、大手メディアにも掲載されております。

【メディア掲載事例】JJ就活 ローリエプレス(エキサイト)、他

【1】社会不適合者とは?自覚症状はある?

 

まず、「社会不適合者」とはどのような意味があるのか、何を指しているのかを確認していきましょう。

 

辞書などで確認をすると以下のように書かれていました。

 

 

社会不適合者

・社会の要求に応えて生活することが困難な者。社会に適合できない人
 

・社会になじめず、周りとうまく協調してやっていくことが困難な人

 

要するに社会生活を上手く過ごせない人に当てはまる言葉のようですね。

 

一般的には、会社で同僚や周囲の人に馴染めない、ルールや約束を守るのが苦手など、協調性に欠け、社会や周りからの要求に応えられない人のことを指します。

 

ここで一つ疑問に浮かぶことは、社会の要求や適合すべきことは何なのかということです。

 

それが定義出来れば、そこにフィットすることで生き方や過ごし方、自分自身の改善の仕方が見えてくるかも知れません。

 

自覚症状があるけどなかなか治らないと悩んでいる人が多い依ようですね…。

【2】経済産業省が提唱した社会人基礎力も一つの指標

 

まずは、一個人の主観的なものではなく公的な機関などの定義を参考にして考えていきましょう。

 

経済産業省が2006年に提唱した「社会人基礎力」などは一つ指標としては参考になるかも知れません。

 

前に踏み出す力

(アクション)

【主体性】

物事に進んで取り組む力

 

【働きかけ力】

他人に働きかけ巻き込む力

 

【実行力】

目的を設定し確実に行動する力

考え抜く力

(シンキング)

【課題発見力】
現状を分析し目的や課題を明らかにする力

【創造力】
新しい価値を生み出す力

【計画力】
問題の解決に向けたプロセスを明らかにし準備する力

チームで働く力

(チームワーク)

【発信力】

自分の意見を分かりやすく伝える力

 

【傾聴力】

相手の意見を丁寧に聴く力

 

【柔軟性】

意見の違いや立場の違いを理解する力

 

【情況把握力】

自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力

 

【規律性】

社会のルールや人との約束を守る力

 

【ストレスコントロール力】

ストレスの発生源に対応する力

 

上記は、2006に提唱したものですが、2018年に経済産業省が提唱した「人生100年時代の社会人基礎力」では、新たに3つの視点が加わりました。

 

 

新たな視点

『学ぶ』何を学ぶか

 

『統合』どのように学ぶか

 

『目的』どう活躍するか

 

何をどのように学ぶのか、どう活躍すするのか自ら振り返りながらアップデートしていくことが求められるということでしょう、

 

その時におかれている環境やライフステージに応じて、新たな知識やスキルを獲得することが必要不可欠ということです。

 

変化に富んだ世の中においては、習得した知識やスキルが陳腐化してしまうことも十分に考えられ、それをきちんと修復し、新たなものに置き換えていける力が必要とも言えます。

 

見方を変えれば、この社会人基礎力が欠如している、乏しい人は社会不適合者と言われる可能性がある人達という捉え方もできます。

 

社会が必要としている要素を満たしていないという風にとらえると社会人基礎力が無い人が不適合の方という見方もできますね。

【3】社会不適合者の特徴や症状

 

先ほどを社会人基礎力が低い人が持つ傾向や社会不適合者と言われる人の症状や行動上の特徴なども見ていましょう。

 

社会不適合者と言われる人は以下のような特徴が目立ちます。

 

 

社会不適合者の特徴

協調性がない

集団行動が苦手

会話のキャッチボールが苦手

表現力が乏しく自分の本音や状況を伝えられない

基本的なルールを守ることができない

朝起きることが苦手で遅刻や欠勤などが多い

自分のことしか考えていない

思い込みが激しい

人間不信

他人にどこまで心を開いて良いのかわからない

責任感がない

自分に甘い

嘘を平気でつく

人から指摘をされること多い

自信過剰

プライドが高い

自分しか見えていない(ナルシスト)

劣等感が強い

人と比較してしまう

物事を継続することが出来ない

 

上記のようなものが極端に目立つ、言動や行動に複数それが表れている人などは、職場の人間関係などを良好な形で保つことは難しいかもしれません。

 

裏を返せば、何が周りの人と上手くいかない原因でそれをどのように治していけば良いのかを考え実行していけば今よりも生きやすくはなるはずです!

【4】人間関係の構築が苦手な人がどうやって生きるのか?職場に馴染むのか?

 

実際のところ、社会不適合者という明確な定義が定義するするわけではないため、先ほどの特徴をもとに、職場で孤独になったり、馴染めなかったりする人の特徴か傾向をもう少し掘り下げてみましょう。


雑談の輪に入れず一人で休憩時間を過ごしたり、職場で話が盛り上がっているのに、一人ぽつんと取り残されたりなど、寂しさを我慢している人も少なくないのかも知れませんね…。

 

職場に上手く馴染めない人の特徴はどの様なものが多いのか、その原因や解決策などを一緒に見ていきましょう。

 

職場で孤立しやすい人の特徴
(1)自分から周囲の人に挨拶をしたり、関わろうとする行動が少ない

(2)生真面目過ぎて、冗談などに合わせることが苦手

(3)高圧的な態度や陰湿なやり取りが多い

(4)仕事のミスが多く、改善の努力をする姿勢が見えない

(5)空気が読めず、場の雰囲気を悪くする

(6)ネガティブで後ろ向きな発言や行動が目立つ

(7)人付き合いが悪く、食事や飲み会などの誘いにものらない

(8)一人でももうよい(どうでもよい)と諦めてしまっている

(9)愛想や常識・清潔感などが無い

(10)異性ばかりに良い顔をしようとする(女性が男性上司などに肩入れするなど)

 

一部の職場では、自分ではなく、上司や先輩達が常識外れで、そちらに問題があることもなくはありません。

今回は、例外的な職場を除いた一般的な職場に焦点をあてて、話を進めていきます!


もし、自分自身の意識のあり方や行動によって、社会人生活をマイナスのほうに進めてしまっているとしたらこれをきっかけにあなたの行動を変化させられたら良いですね。

 

何が原因なのかを考えつつ、行動を変化していって下さい。

【5】就職先やアルバイト先で不必要・いらない人にならないために

 

あまり良い関係を築くことが出来ずに悩んでいる人もいらっしゃるでしょう。

でも、外交的な人が多い職場に勤めているから苦しさを感じることも有るかも知れませんし、営業職や販売職などコミュニケーション能力が重要視される仕事内容についているから評価をされなかったり、マイナスに働いてしまっていることも有るかも知れません。

自分自身の強みや特徴が発揮されやすい職種に勤務することが出来れば、いまよりも仕事で結果が出るかも知れませんし、人間関係の苦労も減ってくる可能性も十分にあります。

例えば、人付き合いが苦手でも、芯が強い方や自分の力でじっくりと物事を考えられる人、集中力が高い人などは割と多いものです。

周囲に流されたりすることも少ないため、マイペースにコツコツと仕事を進められる仕事に就くことが出来れば力を発揮することが出来るかも知れません。

 

例えば、ITエンジニアなどの技術系の製造職など手に職をつけていけるような職業などは向いている方が多いはずです。

 

外交的な人が多い職種で活躍しようと頑張れば頑張るほど、苦しくなってきますよね…。

【6】社会不適合者かも知れないと悩む人に向いている職業

 

自分自身が社会不適合者なのかも知れないと悩む人にはどのような仕事が向いているのでしょうか?

 

まず、特徴としては以下のような仕事です。

 

 

特徴

人と接する機会が少ない仕事

一人で黙々と作業が出来る仕事

専門性を活かせる仕事

 

人付き合いが苦手な方は、人との接点が少ない仕事を選ぶことも良いかも知れません。


人によって特徴や性格に違いはありますので、一概にこれと言い切れませんが、対人折衝によって、ストレスやプレッシャーを感じる人も多いのではないでしょうか?


その機会が減るだけで、少しは楽になるかもしれません。

 

では、世の中には、人と接する機会が少ない、関わる頻度を減らすことが出来る仕事や職業はどのようなものがあるのかを一緒に見ていきましょう!

 

正直、まったく人と接する機会がない仕事と言うのは正直稀ではあります。

 

しかし、営業職や販売職、接客業のように不特定多数のお客様と接するような仕事ではなく、社内の上司や同僚、限られた少数の人との接点でも仕事が出来るものもゼロではありません。

特に、上段のほうは理系学部の方が活躍していることが多く、コミュニケーションの範囲が比較的少ない職種です。下のほうに行くと学部・学科不問のものが多いため、自分の専門分野にこだわらない人向けの選択肢としてみてください!

 

人と接する機会・関わる頻度が少ない仕事
・研究職
・データサイエンティスト
・設計(機械設計・回路設計)職
・金型設計職
・生産技術職
・品質管理職
・製造技術
・フィールドエンジニア・
・システムエンジニア(SE)
・ネットワークエンジニア(NE)
・インフラエンジニア(IE)
・プログラマー(PG)
・WEBデザイナー
・施工管理
・設備工事
・臨床開発モニター(CRA)
・意匠設計
・公営交通車両のメンテナンス
・建築士
・設計士
・建築デザイナー
・土木設計技術者
・土木施工管理
・測量士
・施設警備員
・清掃員
・ガスや水道などの検針作業
・配送・トラックドライバー
・郵便局配達員
・工場、倉庫作業員(仕分け・検品)
・自動販売機補充員
・新聞配達員
・外国語・日本語の翻訳作業
・動画制作
など

 

上のほうは専門性が高く経験者や理系学部などの方が多いです。文系、未経験等ではITエンジニアやSE等が相性が良いです。デザイナーとして活躍している人も多いようです!

 

また、ある程度のスキルや技術をお持ちなのでしたら、フリーランスとして仕事をしていくという考えもありかも知れません。

 

チームで働くことが苦手な人も多く、自分のペースを乱されるとモチベーションも下がりますから、貴方のペースで働けることは理想の環境なのかも知れません。

 

時間や場所なども自由に働くことが出来ます!いきなりフリーランスは…という方はまずは副業としてチャレンジしてみることも良いかも知れませんね!

 

 

あわせて読みたい

【7】転職活動で自分に合った・向いている仕事がわからないときはどうする?

 

既に社会人として仕事をしている人でも、実は自分に向いている仕事や出来る職種が何なのかわからない、本当に今の仕事が自分の性格や能力、適性に合っているのか悩んでいる人が多いと言います。

 

キャリアについての悩みは人それぞれで、タイミングもまちまちです。

 

ただ、多い年代や時期は、大きく以下に分類されます。

 

自分に適した仕事を考えるタイミング

(1)20代前半から後半では、新卒入社した会社に2~3年程度で悩み出したり時期であったり、4、5年程を経過する位になると、お給料の事なども含めて今後のキャリアビジョンに悩みだすことが多いようです。

(2)結婚や出産等により、働き方を変えていく必要が出てきた際。(女性だけでなく男性も最近は悩むことがあるようです)

(3)40、50代などで思うように転職活動が進まずキャリアチェンジを検討する必要があるとき。コロナウイルス感染症の影響で早期退職を余儀なくされた方等も最近は職種変更等を検討するようです。

 

次は、自らの適職に悩んだ時の解決方法やキャリア相談先を4つご紹介します。

 

 

解決策やキャリア相談先

(1)有料の適性診断ツールを利用
(2)無料で利用できる適性診断サービスを活用
(3)キャリアカウンセラーやアドバイザーに有料で相談
(4)転職エージェントを言われる就職支援サービスに相談

 

上記のサービスは、もちろん善し悪しがあるため、これが正解というものはありません。

 

今回、当記事としては、無料で利用できるサービスをおすすめとしてご紹介します!無料だからと言って利用価値が低いわけではなく、正確な適性診断が出来るサービスもいくつか存在します。

 

無料で良く当たると評判が良いサービスは、やはり業界大手の転職情報サイトが大半です!

 

統計学のようなものですから、一般的に診断のサンプル数が多いほど、性格診断や適職診断は結果が安定するのです。必然的に大手のサービスほど信頼性が高い傾向になります!

 

【8】転職活動ナビサイト(NAVI)と転職支援エージェントの違い

 

転職ナビサイト(NAVI)とは、人材会社が運営する求人・転職情報のまとめ、一覧ページのような位置づけです。

 

簡単に会員登録ができ、登録すると『大手優良企業』や『高収入・高待遇』の新着求人情報などをメルマガなどを通じて知ることが出来ます。

 

就職活動のノウハウなどが掲載されているページもありますが、基本的には転職アドバイザーやカウンセラーへの相談サービスなどはついてはいない為、自分で求人を探し、応募するような就職・転職活動をする方におすすめしたいサービスです。

 

転職ナビサイトは求人検索を効率的したい方。アドバイザーの支援が不要な方におすすめです!

転職支援(キャリア)エージェントとは?

転職支援(キャリア)エージェントとは、

専任のアドバイザーが転職・就職活動の始めから終わりまでを支援して頂けるサービスです。

非公開の求人情報の提供面接日程の調整などの企業への連絡等を代行して頂けるだけでなく、 年収交渉や入社後のポジション・仕事内容の確認、入社日の調整なども行って頂けるため、効率的に転職活動を進めることが出来ます。

 

専門のアドバイザーに就職相談などをしながら転職活動を進めていきたい方は、以下のリンクからおすすめのエージェント紹介ページのほうをご覧ください。

 

転職エージェントに相談に言っても、キャリア面談の中で、貴方のスキルや適性、性格、能力等に合った仕事や会社を紹介してくれるため、キャリアプランを考える良い機会になるはずです!

 

当記事では転職を検討している方、キャリアチェンジを成功させていきたいと考えている方、より高待遇な条件で年収をUPさせていきたい方などが、利用すべき適性診断ツールとそれを無償提供している転職情報ナビサイトをご紹介していきます。

 

当記事は転職ナビサイトについて解説しています。

転職エージェントをお探しの方は条件別ランキングをご確認ください。

 

手っ取り早く、相談先を見つけたい20代若手向けに特におススメしたいエージェントを厳選して3社のみご紹介いたします!

 

転職エージェントをじっくり探したい人は、上記のエージェント一覧からお探しください。

 

20代などで一人では方向性が見出せないため、誰かに相談をしたい人は以下の3社がおすすめです。すべて無料ですのでご安心ください!

■専門のアドバイザーに相談をした方向けの厳選3社

業界最大手リクルートグループで安心 就職Shop(リクルート運営)
利用者の内定率は86%以上。高い利用者満足度 キャリアスタート
未経験、既卒、フリーター、第二新卒におすすめ DYM就職

 

■就職shop

おすすめ度(評価・評判):★★★★★

 

就職shop』は大手人材会社のリクルート社が運営する18歳~20代に特化した就職支援エージェントです。

特徴としては、書類選考なしで面接できる企業が多く、学歴や資格ではなく、人柄や意欲を評価する企業が集まっています。


また、取り扱いの職種職種が幅広く、事務や企画、技術系の職種での募集も多数あります。(営業職の求人は全体の約4割となっています)

 

未経験者や20代でキャリアに自信がない方から人気のあるエージェントです。

 

2022年2月の時点で、就職shopを利用している企業数は1万社を突破しています。 

 

業界最大手のリクルートグループが運営しています。必ず登録しておきたい一社となります!

エリア 全国
支援拠点

東京(新宿・銀座・北千住・立川・西東京)

横浜・千葉・埼玉(大宮)

大阪・京都・神戸

対象年齢 18~29歳
得意業種 全業種
年収UP率 非公開
求人数 1万件以上
あわせて読みたい:就職shopの評判・口コミ

 

■キャリアスタート

おすすめ度(評価・評判):★★★★★

 

キャリアスタート』は、『キャリアスタート株式会社』が運営する既卒、フリーター、ニート、第二新卒など20代若手の就職・転職希望者に特化をしたエージェントサービスです。

 

サービスの特徴としては、キャリアカウンセリング、求人紹介などの一般的な就活サポートに加え、徹底した面接トレーニングによる就業支援サービスを提供しています。

 

特に、面接対策は、求職者の皆さんが希望する職種や企業に合わせて、トレーニング内容を柔軟に変更しています。

 

所属アドバイザーの約6割が、エージェントランキングにてTOP10に入賞した経験があり、支援レベルにも定評があります。

 

社会人経験がない方や早期離職をして経験が少ない方などには、履歴書や職務経歴書等の書類作成、面接対策、企業紹介など、全面的に就職活動をバックアップしてくれます。

 

面接対策など支援レベルが高く、20代の未経験歓迎求人が豊富です!

エリア 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県、福岡県、大阪府、京都府、奈良県、兵庫県にお住まいの方
対象年齢 10~20代
得意業種 全職種
年収UP率 非公開
求人数 非公開

 

■DYM就職(ディーワイエム)

おすすめ度(評価・評判):★★★★★

 

DYM就職』は、全国32箇所開催(東京、札幌、仙台、横浜、名古屋、大阪、神戸、京都、広島、香川、福岡等)で就職相談が可能であるため、皆さんがお住いの地域で気軽に就職・転職活動の支援を受けることが出来ます。

 

未経験OKの仕事も豊富で、既卒、第二新卒など20代で就職活動中の方に優良な正社員の仕事をご紹介頂けます。

 

職務経歴や学歴に不安があっても、応募書類の添削・面接対策等一人ひとりに合わせた徹底サポートで内定決定率の高さを実現しています。

 

正社員としての転職・就職活動を成功させたい方におすすめのサービスです。

 

支援拠点の多さが最大の魅力です!大都市圏に限らず、地方の就職・転職活動でも活用メリットが高いです!

エリア 全国
対象年齢 18~29歳
得意業種 全業種
年収UP率 非公開
求人数 2,500件以上
あわせて読みたい:DYM就職の評判・口コミ

 

【9】適職・パーソナリティ診断は自分に合った仕事探しのヒントになる!

 

適職・職種・パーソナリティ診断とはどのようなものなのかを解説します。

 

適性・性格検査など様々な名称がありますが、内容としては心理学的な側面から皆さんの性格や特性、キャリアの志向性、行動の特性、強み、弱み、興味関心の軸などを判定していきます。

 

その診断結果を、職業や職種などとマッチングさせることで、皆さんに合った仕事や向いている仕事(裏を返せば、向いていない仕事・苦手な仕事・上手くいかない可能性の高い仕事)を把握できるツールです!

 

何十万人という転職希望者が過去に活用しており、転職活動で適職探しをする際は利用価値の高いサービスです!

 

日常生活や仕事等に関する簡単な質問にチェック形式でこたえていくことで適性診断が簡単に完了します!

正確で評判が良いです!

【10】適性診断・適職チェックテストを無償提供している転職情報ナビサイト

業界大手 リクナビNEXTの無償診断ツール グッドポイント診断
20代の方にはRe就活の適性診断がおすすめ 適性診断テスト
パーソルグループの転職タイプ診断 doda(デューダ)
ビジネスマンとしてのスキルやパーソナリティを診断・分析 ミイダス
マイナビ転職が提供する適性診断 ジョブリシャス診断
女性向けの転職ナビサイト 女性の転職type いい仕事ミイつけよう診断

■グッドポイント診断(リクナビNEXT)

 

リクナビNEXT』は、人材業界最大手のリクルートグループが手掛ける転職ナビサイトです。

 

『利用者満足度』や『おすすめしたい転職ナビサイト』などユーザーランキングで複数項目でNo1の評価を受けています。

 

高機能のAIによる求人のマッチング機能や企業側からのオファー・スカウト機能などの機能も便利で、転職希望者から人気があります。

 

今回ご紹介する適性診断は、『グットポイント診断』で、リクナビNEXT会員限定で無償で利用できます!所要時間約30分の本格的な適性診断です。

 

ナビサイトを活用した転職を希望される方は、登録必須のナビサイトです。

 

30分程度所要時間がかかりますが、かなり本格的な適性診断です!

おすすめ度(評価)

★★★★★
エリア 全国
対象年齢 20代、30代、40代、50代
得意業種 全業種
求人数 35,000件以上

 

■適職診断テスト(Re就活)

 

Re就活」は、第二新卒など20代の就職・転職求人を掲載する就職支援ナビサイトです。

 

登録者数120万名、累計掲載企業10,000社以上と20代のナビサイトとしては国内最大級となります。

 

未経験OK、キャリアチェンジ歓迎の求人・転職情報が多数掲載されているため、 第二新卒をはじめ、既卒、フリーター、ニートの方なども利用しやすいサービスといえるでしょう。

 

何十万人という就活生が過去に活用してる就活生にとって利用価値の高いサービスです!

 

『Re就活』が提供する『適職診断テスト』もおすすめです!

 

20代の求人情報ナビとしては最大級です。適性診断も非常に人気があります。

おすすめ度(評価)

★★★★★
エリア 全国
対象年齢 既卒・第二新卒・フリーター・20代など
得意業種 全職種
年収UP率 フリーターから正社員へ
求人数 10,000件以上

■転職タイプ診断(doda(デューダ))

 

doda(デューダ)』は人材業界大手のパーソルグループが運営する転職ナビサイトです。登録者数も多く、ユーザー満足度の調査でも様々な項目でNo1を獲得しています。

 

非公開求人と合わせると、取扱い求人数は約10万件と、業界2番目に豊富です。

 

doda(デューダ)』が提供する『転職タイプ診断』も無料で利用でき評判の良いタイプ診断テストです!

 

その他、人事担当者と直接話ができるイベントの『doda転職フェア』も年に数回されています。

 

利用者数、満足度ともに評価が高いサイトです!

おすすめ度(評価)

★★★★★
エリア 全国
対象年齢 20代、30代、40代、50代
得意業種 全職種
求人数 100,000件以上
あわせて読みたい:dodaの評判・口コミ

 

ミイダス

 

ミイダス』は、dodaなどを運営するパーソルグループが運営する転職アプリです。

 

ミイダスは求職者の職務経歴や業務経験・スキル情報などから自分の市場価値をデータ分析して、企業側から直接オファーを頂くことが出来るサービスです。

 

一般的な求人検索サイトと異なる点は、無料で使える3つの診断コンテンツによるマッチング機能があることです。

 

①市場価値診断
②コンピテンシー診断
③パーソナリティ診断

 
市場価値診断は、7万人の転職データから、類似した経歴・スキルを持つユーザーへのオファー実績から算出され、自分自身が転職マーケットの中でどれ位の評価を得ることが出来るのかを確認することが出来ます。

コンピテンシー診断やパーソナリティ診断は、あなたの行動特性や個性・性格等を理解することが出来る性格診断・適性検査のようなものです。

 

無料で利用できるため、積極的に活用したいですね!

おすすめ度(評価)

★★★★★
エリア 全国
対象年齢 20代、30代
得意業種 全職種
求人数 50,000件以上
あわせて読みたい:ミイダスの評判・口コミ

 

■ジョブリシャス診断(マイナビ転職)

 

マイナビ転職』は、 大手人材グループのマイナビが手掛ける転職ナビサイトです。

 

『女性』・『ITエンジニア』・『グローバル』などカテゴリーごとに求人を探すことが出来たり、『40代』、『ホワイト企業』、『年収1000万』などの条件面のキーワードから求人を検索することも可能です。

 

安心して利用できる転職ナビサイトとなりますので、リクナビNEXTやdoda、ミイダス等と合わせて登録しておくことをおすすめします。

 

『マイナビ転職』が無償提供する『ジョブリシャス診断』もとても評判が良いです!

 

おすすめ度(評価)

★★★★
エリア 全国
対象年齢 20代、30代、40代、50代
得意業種 全職種
求人数 7,000以上

■女の転職typeいい仕事ミイつけよう診断(女の転職type)

 

女の転職type』は、東証1部上場のキャリアデザインセンターが運営する女性に特化した転職ナビサイトです。

 

人気の事務職や営業、販売、サービスなど女性が活躍しやすい求人が多数掲載されています。

 

『なでしこ』『くるみん』『えるぼし』など経済産業省や厚生労働省が認定した女性活躍企業を求人情報が多数掲載されています。

 

同社が提供する『いい仕事ミイつけよう診断』は女性向けの適性診断として人気があります!

 

おすすめ度(評価)

★★★★
エリア 全国
対象年齢 20代~30代前半
得意業種 全職種
求人数 1,500件以上