時短勤務は肩身が狭くしんどい…嫌がられる状況に疲れた。業務のしわ寄せが行って周りの負担に

★時短勤務中のワーママで肩身が狭くて今の職場環境から脱出したいと悩んでいる必見です!

『職場の上司や同僚から嫌がられる状況に少し疲れてきた…時短勤務をはじめてから明らかに肩身が狭くなった…。』

『業務のしわ寄せが行って周りの負担になる状況がなんとなく申し訳ない…。』

『独身の女性から時短勤務が羨ましいと言われたり、逆マタハラ的な発言は迷惑だと言われる…』

子育てをしながら働く女性社員と本来であれば味方になってくれるであろう子育てを一段落したベテラン社員や同僚の女子社員。

マタニティーハラスメント(以下マタハラ)は、従来男性社員から受けるものであった印象がありますが、実は女性同士のマタハラ的な嫌がらせも増えているようです。逆にその立場を利用した逆マタハラで社内の人間関係を悪化させるツワモノもいるようですね…。

当記事では、育児と仕事を両立させていきたいと考える方に向けて、『女性の転職活動のポイントやコツ』や『女性が転職支援エージェント活用する方法、選び方』など解説致します。

マタハラに限らず、今の職場で肩身が狭く、今後のキャリアビジョンについて考えていきたい方は最後までぜひご覧ください!

目次

 

【1】しわ寄せが行って周りの負担になっている⁉肩身が狭くしんどい…

 

【2】時短勤務が嫌がられる理由は?業務のしわ寄せが行って周りの負担になるから?

 

【3】産休後に気まずい状況は出産前の『妊婦様』が原因であることも…

 

【4】肩身が狭くしんどい・嫌がられる状況にならないために気を付けたいこと

 

【5】主婦・子育てママの仕事探しはパート・派遣と正社員どちらが良い?

 

【6】正社員として時短勤務やリモート勤務などの求人を探すなら

 

【7】今の職場を辞めて転職成功をしたワーママのその後

 

【8】転職支援(キャリア)エージェントとは?

 

【9】事前準備・当日の準備物 

 

【10】事前に整理しておくべき情報

 

【11】キャリア面談の流れ 

 

【12】ワーキングマザーにおすすめしたいエージェントランキング比較

 

以下、3万人以上の就職・転職支援を手掛けた『就プラ』おススメのエージェントの特徴や転職希望者からの人気度、評判などリアルな声をご紹介します。(ランキングや口コミサイト等も参考にしています)

 

当記事の監修者
約20年以上にわたりキャリア支援の領域に関わっています。複数社の上場企業の人事採用責任者を歴任し、大学のキャリア支援講座やキャリアセンターでのアドバイザー等も経験しています。(国家資格の第二種衛生管理主任者保持)

現在は、キャリア関係の執筆活動等も手掛けており、大手メディアにも掲載されております。

【メディア掲載事例】JJ就活 ローリエプレス(エキサイト)、他

【1】しわ寄せが行って周りの負担になっている⁉肩身が狭くしんどい…

 
『時短勤務を利用するようになって以前より明らかに肩身が狭くなった…。悪いことをしているみたいで何だかしんどい…』

『職場の上司や同僚から嫌がられる状況に少し疲れた…』

『業務のしわ寄せが行って周りの負担になる状況から出来れば脱出したい…。転職しようかな!』

時短勤務制度を利用しているワーママさんの悩みは多いと聞きます…。

 

ごく稀に、妊娠や子育てを理由にして、ワーママが早退や欠勤を繰り返すなど我が物顔で同じ職場の人に迷惑をかける言動や態度をとって周囲を人を困らせる人も居なくはありません。 「妊婦様」などと揶揄される人たちです…。

でも、このような困ったちゃんは少数派で、筆者の職場にもワーママが多数いらっしゃいますが、皆さん責任感が強く、限られた時間の中で一生懸命仕事に励んでくださっています。

 

一昔前のように、男性だけが働くような文化はもう時代遅れですし、男女問わずライフステージによって大変な時が変わるわけですから、それを会社全体でカバー・サポートしながら仕事をしていく環境でなければ今後は生き残っていけないと思います。

 

労働者人口だって大きく減少している状況の中で、ダイバシティの推進等含めて、時短勤務に対しての理解がない・浸透しない会社に将来はないと思います…。

 

例えば、厚生労働省の『短時間勤務制度(所定労働時間の短縮等の措置)について』等でも時短勤務に関して使用者側に措置を講じるように努力するように言っております。

 

厚生労働省等が何らかの措置を義務付けたり、法律改正を行うときは、近い将来歪みが生じる確率がかなり高いものであることが多いため、このような課題や問題に対して積極的に取り組めない会社は今後衰退していくと考えています。

 

理解を示してくれて、気分良く働ける環境って羨ましいですよね…。正直、そんなには多くは無いとも聞きます。

【2】時短勤務が嫌がられる理由は?業務のしわ寄せが行って周りの負担になるから?


では、時短勤務が嫌がられる理由はなぜなのでしょうか?

業務のしわ寄せが行って周りの負担になるからなどが多いのでしょうか…。
 

時短勤務を迷惑な目で見る人が多い会社は、個人的には将来性は無いように思えますが、世の中の多くの会社がまだまだ人員体制が整っていなかったり、時短勤務制度がしっかり運用されていない会社ということを前提に、時短勤務者が迷惑な目で見られる理由を解説していきます。

 

大きくわけると以下の3つがあげれられます。

 

周囲に嫌がられる理由

(1)自分自身に業務のしわ寄せがくる

人員体制などが十分でない会社の場合、あなたが時短で帰宅することによって、職場の誰かがその業務分のしわ寄せが来たりすることがあると感じるのでしょう。時間外残業が増えたり、やむを得ず休日出勤をすること等が出てくると不満に思う人もいるのかも知れません。しっかり超過勤務手当などの残業代が支払われている会社であればその感覚も少ないのでしょうが、時短に理解がない会社などは、サービス残業を強いられている会社もあるかと思います。
(2)僻みやっかみ

このケースも割と多いと思います。職場でプライベートのことはあまり話をしないでしょうが、例えば、『仕事が直接的な理由でないとしても、恋人と別れたばかりの人』や『ずっと彼氏や彼女が出来ない人』、『家庭内で別居をしている人や離婚危機の人』、『バツイチの人』等もいらっしゃるかも知れません。

幸せそうにしているあなたを祝福したいと思っても、なかなかそう思えない心理状況にある人もいらっしゃるかも知れません。
(3)会社から優遇されているというよう不公平感

正社員なんだからプライベートを仕事に持ち込むべきではないという感覚や、時短勤務ではない就業形態で働いているけど、何らかの家庭的な事情等を抱えている人などもいらっしゃるかも知れません。育児中のあなただけではなく、大半の人がプライベートでも何らかの悩みを抱えているものです。

理解をしてあげたいという気持ちが全くない無い訳ではなくても自由に余裕がなくなると、否定的な目で人を見てしまいがちです。
(4)そもそもの仕事観や価値観のズレ

『正社員で時短勤務者なんてありえない。それならパートで十分』、『女性は結婚したら寿退社をして家庭に入るべき』なんていう時代錯誤な人だっていらっしゃるでしょう。特に年配の方には多いかも知れません…。

 

職場の周りの人々に上記のような心理・心境があることを前提として、時短勤務が出来ることを当たり前のものと思わない感謝の気持ちや、限られた時間の中でも謙虚に常に力いっぱい仕事に取り組む姿勢、コミュニケーションを丁寧にとり、自分自身のことを応援してもらえる努力をすることは必要なのかもしれないですね。

 

会社がすぐに変わらないのであれば、自分自身が出来る努力をするほかありません。

 

もし、今の職場では精神的に限界…ストレスばかりというのでしたら記事の後半でご紹介するワーママ専門の転職エージェント等に相談してみてください。

 

今の職場で我慢して仕事を続けるのでしたら、相手の目線に立ってみて、少しでも自分自身を認めてもらえるような人間関係を構築していきたいですね。

【3】産休後に気まずい状況は出産前の『妊婦様』が原因であることも…

 

産前産後休暇や育児休暇明けに、『時短勤務は肩身が狭くしんどい』、『嫌がられる状況に疲れた…』と悩んでいる人は、実は出産前の会社での態度やコミュニケーションに問題があったケースが引きがねになっていることも実は少なくありません。


今の時短勤務という形態へのひがみ・やっかみだけではなく、それより以前のたちぶるまいに問題があり、周りからウザがられていたという訳です。

当記事をご覧頂いている方は、おそらく該当はしないかと思ってはいるのですが、先述した『妊婦様』と言う言葉がプチ社会現象になっていると聞きます…。

以下が『妊婦様』と言われる人の特徴です。


妊婦様などと言われる人の特徴

妊婦なんだから仕事を休んでも仕方がない。会社や同僚がサポートすることは当たりまえと自分都合の考えが強い。
マタニティーマークをつけているんだから、気づいて労わって欲しいし。もっと特別扱いて欲しいというような感覚が強い。
自分の幸せだけを一方的に伝えてきて、職場の上司や先輩の負担や心理状況を考えていない。
仕事一筋で、一生仕事で生きると同僚の女性社員と口約束をしていたのに、ある日一点して、結婚・妊娠して、さっと休みに入ってしまう人。(同僚からすれば裏切られたような感覚に…)
(求めてもいないのに)エコーの写真などを見せて来たり、子供の話ばかりを、好き勝手にしている人。

 

おそらく、妊娠を理由に傍若無人な行動をとっている人を指しているのでしょう。相手へ配慮は好意善意から生まれるものですから、それが感じられないとサポートしようという風には慣れないというのが相手側の本音なのでしょうね…。

 

きっと、本人としても意図していないのだとは思うのですが、子供のことや自分のことで精一杯になってしまい、一時的に視野が狭くなってしまったり、自己中心的発言を繰り返してしまうのでしょう。

出産された方であれば経験をお持ちでしょうが、お腹で赤ちゃんを育てるために必要な女性ホルモン『プロゲステロン』などの分泌によって、ホルモンバランスが崩れ、情緒不安定になったりします。それが原因でイライラしたり、誰かの些細な言葉で傷ついたり、逆に攻撃的になって他人を傷づけてしまったりなどするケースがあります。(参考:カラダとホルモンの話
 
つまりは、産前の時からのあなたの立ち振る舞いから数年たった今までの間で、あなたが相手側にフラストレーションの蓄積が今の状況を作りだしている可能性があるのです…。

産前のときは皆さん我慢していたのかも知れませんが、産休明けなどに職場メンバーへの感謝の気持ちや謙虚な仕事への取組みなどが見られなければすんなり受け入れたいとは思えないかも知れません…。

【4】肩身が狭くしんどい・嫌がられる状況にならないために気を付けたいこと

 

次は、ワーママが職場でギクシャクすることなく、時短勤務を成功させていくためにはどのような心構えでいるべきなのでしょうか?

あまり難しいものではないのですが、子育てと仕事の両立の忙しさの中でついつい忘れがちになったり、雑になってしまったりすることが多いのです…。

今の職場で仕事を続けるのでしたら、会社や上司・先輩・同僚・後輩など相手に問題があると思うのではなく、あなたが変化をするべきと改めて自分自身に言い聞かせるようにしてください!


他人は簡単には変わりませんが、あなた自身は簡単に変わることが出来ます。


注意すること・心がけること

■常に感謝の気持ちを忘れず謙虚に!

時短勤務が出来ることは会社の上司や同僚の支えがあってのことで、当たり前のこととは思わない。常に感謝の気持ちを忘れずに、謙虚な姿勢で仕事に取り組む姿勢を持つ。『ありがとうございます』という言葉をいつも忘れないようにしましょう。
■積極的に会話をして人間関係の構築を!

上司や同僚、後輩とコミュニケーションをしっかり取る。相手が何を求めているのか、自分がどう困っているのかなどをきちんと伝えられるようにすることが必要です。実はお互いに遠慮しあっていて、相手の状況がわからないことで問題が起きていることも多いです。どう接してたら良いのかがわからずに、腫れもの扱いされて、結果的に距離がドンドン開いていきます…。
■限られた時間を全力で使っていく!

限られた時間の中でも構わないので、組織の中で役に立てるように積極的にどのような仕事にも挑んでいくようにしてください。楽をしようとしないで、一生懸命仕事に取り組むことが重要です。職場の仲間から『努力しているな』と思われていれば、認めてくれる人が増えるはずです。
■相手が求めない限り家庭の話はしない

先述の通り、会社の仲間のプライベートがどのような状況なのかはわかりません。あなたの身の上話を楽しく聞いてくれる人ばかりではありません。

 

自分自身が働きやすい環境を築くために、努力するしかないですね!

【5】主婦・子育てママの仕事探しはパート・派遣と正社員どちらが良い?

 
ここから先は、今の職場から転職をすることを検討している方に向けた内容です!

ここまでご覧頂いて時短勤務やテレワークなどに理解がある会社で働きたいと考えるワーママは最後までご覧ください。

小さい子供がいても正社員として働ける仕事、子育てしながらも育児を優先して稼げる仕事をいざ探そうとしても、正社員として就職・転職できるのか?

それとも、パートや派遣社員として働くべきなのかなど悩むことも多いでしょうね。

 

一旦、正社員、パート、派遣の違いをお給料や勤務体系などの面から簡単に比較してみましょう。


 

パート・派遣・正社員の違い


【パ―ト】
時給は派遣と比べると低い。職場との相性が合えば融通が利き、雇用も安定している。


【派遣】
契約期間に制限がある。時給は高く、スキルが活かせる仕事が多い。福利厚生も充実している。

【正社員】
雇用が安定している。月収や年収等も高く、キャリアアップもしやすい。子育てや時短勤務等に理解のある会社ではないと再就職の難易度は若干高い。

 

職務経歴や今までのお仕事の中でお持ちのスキル、求める就業条件によりどの雇用形態を選択するべきかは変わって来ますが、同じ期間勤務した場合でも正社員が最も安定しており、パートよりは派遣社員のほうがあきらかに時給が高いですから、正社員としての活動に加えて、派遣会社にも同時に登録してみても良いかも知れません。
 

正社員がベストでしょうが、派遣社員は時給自体が高いため、短期的にはお給料や年収が高くなることもあります。派遣登録もしておいて損はないかも知れませんね。

【6】正社員として時短勤務やリモート勤務などの求人を探すなら

 

ここまでご覧頂いて、今の職場ではなく、転職を通じてリスタートしてみたいという人もきっといらっしゃるでしょう。

しかし、一般的な転職サイトやエージェントでは、自分自身が満足できるような求人を探せなかったという人も多いはずです。

 

ワーママ等が転職活動をする際には、女性限定やワーママ限定等の専門の就職支援会社を利用することで効率よく求人を探すことが出来ます。


自分自身のニーズに合った働き方が出来る会社を見つけるために、

①求人数が豊富な大手のエージェント
②時短勤務可能やリモート・テレワーク求人等が豊富な女性専用のエージェント


を2、3社同時に利用して、求人を探していくことをおススメします。

 

記事の後半でワーママにおススメしたいオンライン相談も可能なエージェントをご紹介しています。

【7】今の職場を辞めて転職成功をしたワーママのその後

 

今の職場を退職をする決断をして、新たな職場で成功を収めたワーママもいらっしゃるようです。

 

例えば、以下のようなキャリアチェンジが例としてあげられます。


転職成功例

BtoCの法人営業の経験(8年)
▼ 

土日祝日休み・時短勤務可能なテレワーク可能のコールセンタースタッフ
広告代理店・PRコンサルティング(10年)

時短勤務・残業なし、ベンチャー企業の広報兼デジタルマーケティング担当
SESエンジニア(7年)

フレックス可・時短勤務可能なWEBエンジニア
上場企業の財務経理リーダー(6年)

リモート・時短可能、ベンチャー企業の財務経理スタッフ

 

ある程度の職務経歴やご経験が必要とはされますが、今の待遇よりもアップしながらよりやりがいのある仕事につける可能性も十分あります。

 

失敗をしてほしくはないため、一度エージェントに相談をして、次の職場を探した上でのご転職をおススメします。

【8】転職支援(キャリア)エージェントとは?

転職支援(キャリア)エージェントとは、

専任のアドバイザーが転職・就職活動の始めから終わりまでを支援して頂けるサービスです。

非公開の求人情報の提供面接日程の調整などの企業への連絡等を代行して頂けるだけでなく、 年収交渉や入社後のポジション・仕事内容の確認、入社日の調整なども行って頂けるため、効率的に転職活動を進めることが出来ます。

 

利用料はもちろん無料です。

 

経験豊富なプロのアドバイザーからのアドバイスやサポートをフル活用して、転職活動を効率的に進め、年収アップや転職活動にて成功を収めたい方は有効に活用してください。

 

【9】事前準備・当日の持参物

 

(1)履歴書

(2)職務経歴書

 

※エージェントとの面談の際は下書きレベルでもかまいません。

 

エージェントにより求職者との向き合い方は異なりますが、転職エージェントもビジネスであるため、優先的に支援をする求職者・転職希望者を決めて対応することが一般的です。

特に、キャリア採用においては、企業側の採用枠が1枠のみというようなことも少なくありません。

初回面談で、自らの転職意思が高い状態であるかを転職エージェントに伝える事が重要です。

転職エージェントには毎月成約の目標数字がありますから、エージェントにとっても支援を受ける側にとっても、双方メリットが高い状態を築くことが年収アップ、理想の職場環境を得る上では重要でしょう。

【10】事前に整理しておくべき情報

 

エージェントのとの面談の前に、可能な範囲で以下の点を整理しておいてください。

 

事前に整理すべき情報

(1)転職理由

(2)志望業界

(3)希望年収

(4)転職希望時期

(5)スキルや経歴、PRポイント

 

※整理する目的は、推薦文の作成や、採用企業側に推薦して頂く精度を最大限に高めるためです。

 

【11】キャリア面談の流れ

 

キャリア面談の進め方は、転職エージェントやアドバイザーによって多少の違いはあるものの、一般的には以下のようになっています。

 

最近はコロナウイルス感染症の対策もあり、ビデオツール等を活用してオンライン対応可能な所も増えています!

 

・お互いの自己紹介
・経歴、仕事内容や自身の強みやアピールポイントの確認
・転職理由やキャリアビジョンの共有
・希望条件の確認
・求人情報の紹介

 

以上のようなステップを踏まえ、キャリアアドバイザーが豊富な求人情報の中から、求職者(転職希望者)に合った求人情報を紹介します。

 

紹介を受ける際には、「なぜ、その企業を提案したのか」をキャリアアドバイザーに確認することが大切です。

 

なお、転職支援エージェントは、一般の求人情報には載っていない非公開求人も保有しています。

 

あなたのスキルや希望をしっかりと示すことで、非公開の求人の推薦を受けることができれば、より条件のよい企業への転職を成功する確率が高まります。

 

【12】ワーキングマザーにおすすめしたいエージェントランキング比較

業界最大手 求人数NO1 リクルートエージェント
業界大手 利用者満足度No1 doda転職エージェント
働く女性・ママに専門特化 QOOLキャリア(クール)
時短勤務可能な求人が多数 リアルミーキャリア
フルリモートの求人に特化。在宅希望者に ReWorks(リワークス)
業界大手 バランス良し  マイナビAGENT(女性の転職)
オリコン調査NO1 パソナキャリア
スカウトで年収UP ビズリーチ
年収交渉が強い、ピンポイントマッチング type女性の転職Agent
年収400万円以上の求人に限定 リブズキャリア

■リクルートエージェント

 

転職支援実績No.1の転職エージェントである『リクルートエージェント』。

 

業界最大級の20万件を超える非公開求人を保有しており、他の転職サイトでは見つからなかった求人と出会える可能性が高いエージェントです。選考対策ではなく、求人紹介を目的に登録することを最低限おすすめしたいサービスです。

 

もちろん、書類添削や面接対策を不安がなくなるまで徹底的にサポートして頂けます。

 

求人数を増やす際は、同社が手掛ける転職ナビサイトの『リクナビNEXT』も登録しておいてはいかがでしょうか。

 

支援実績断トツNO1です。求人数も豊富であるため、登録必須の一社です!

おすすめ度(評価)

★★★★★
エリア 全国
対象年齢 20代~30代
得意業種 全業種
年収UP率 非公開
求人数 200,000以上

■doda転職エージェント

 

転職サイトの『doda(デューダ)』は業界大手の転職エージェントの一つです。登録者数も数多く、利用者満足度1位に輝いています。

 

doda(デューダ)の取扱い求人数は約10万件と、業界2番目に豊富。

 

基本的に様々な業界を網羅しておりますが、特にIT系やものづくりエンジニア、営業、企画管理などに強いとされています。

業界でも大手のエージェントで求人数も豊富であるため、登録必須の一社でしょう。

 

パーソルグループが運営しています。求人数が豊富で利用価値の高いサービスです。

おすすめ度(評価)

★★★★★
エリア 全国+海外
対象年齢 全世代
得意業種 全職種
年収UP率 非公開
求人数 10万件以上

■QOOLキャリア(クール)

 

QOOLキャリア(クール)』は、子育てしながらのキャリアをより確実に、安心して、自分らしく彩るための就職・転職支援をコンセプトにしているワーママ専門特化のエージェントです。

 

出産前から、子育て中の方までライフスタイルに合わせて、仕事探しをすることができます。

年収500万円以上のハイキャリア求人や在宅勤務が可能な求人、時短求人等、育児と仕事の両立が可能な求人を専門のアドバイザーとともに探していくことができます。


日本経済新聞など大手メディアにも掲載実績がある人気のあるサービスです。
 

働く女性を全面的にバックアップしています。大手エージェントとは違うきめ細かなサポートで満足度が高いです。

おすすめ度(評価)

★★★★
エリア 関東中心
対象年齢 20代、30代、40代、50代
得意業種 営業、IT、クリエイティブ、事務
年収UP率 非公開
求人数 非公開

■リアルミーキャリア

 

 『リアルミーキャリア』は、『株式会社リアルミー』が運営するワーキングマザー・ワーママに専門特化をした就職・転職支援サービスです。

 

登録者数は毎月2千名以上となり、時短勤務の正社員の転職支援実績は国内最大級です。

育児経験があるアドバイザーが就職相談から選考対策、条件交渉までを徹底的にサポートしてくれます。

 

職種としては、営業やカスタマーサポート、エンジニア・デザイナー、マーケティング、管理部門(経理・労務・広報・法務など)等への転職支援実績が豊富なようです。

 

転職後すぐに時短勤務可能な求人等が豊富にあります。

おすすめ度(評価)

★★★★
エリア 関東中心
対象年齢 20代、30代、40代、50代
得意業種 営業、IT、クリエイティブ、エンジニア、事務
年収UP率 非公開
求人数 非公開

 

■ReWorks(リワークス)

 

ReWorks(リワークス)』は、フルリモートが可能な求人に特化した就職・転職支援サイトです。

 

コロナ禍で在宅ワークを希望する人が増えているものの、完全にテレワーク可能な求人企業を探すことは簡単ではありません。

 

フルリモートでの仕事となるため、正社員としての求人はあまり多くない印象ではありますが、業務委託やアルバイト、契約社員などの求人は豊富に感じました。

 

こだわりの条件設定も、ブランクOK、未経験歓迎、扶養内で調整可能、時間・曜日が選べる、単発案件、継続案件などあなたの要望に合ったものを設定できます。

 

募集職種としても、事務や経理・人事・総務・広報、デザイナー(編集・制作)、エンジニア、営業、マーケティング、データ入力、タイピングなど幅広いお仕事が探せます。


男性・女性問わず利用することが可能ですが、子育て中のワーキングマザーやワーママ、シングルマザーなどが在宅で出来る仕事を探す際になどに有効活用できるかもしれません。

 

内職・副業案件を探すときにも役立つかもしれませんね。

おすすめ度(評価)

★★★★
エリア 全国(関東中心)
対象年齢 20代、30代、40代、50代
得意業種 事務や経理・人事・総務・広報、デザイナー(編集・制作)、エンジニア、営業、マーケティング、データ入力、タイピングなど
年収UP率 非公開
求人数 約350件程度

 

■マイナビAGENT(女性の転職)

 

『マイナビエージェント』は、就職・転職支援で圧倒的な知名度を誇るマイナビが運営するエージェントです。

 

口コミでは悪い評判が少なく、良い意味でも悪い意味でも、バランスの良い無難な転職エージェントになります。

 

担当者によってサービスに差があるとは言われますが、口コミ調査ではどの指標も総じてトップレベルで、第二新卒案件からハイキャリア層まで幅広いユーザーからの指示を集めています。

 

業界やポジションに関わらず、転職活動をする際には必ず利用するべきエージェントでしょう。

 

おすすめ度(評価)

★★★★
エリア 関東・関西
対象年齢 20代~30代
得意業種 営業、IT、マーケティング
年収UP率 非公開
求人数 25,000以上

■パソナキャリア

 

パソナキャリアは手厚いサポートが評判の転職エージェントです。

 

パソナキャリア幅広い年齢層と地域に向けての転職支援とアドバイザーからの質が高いことが特徴で、年収400万円以上の求人が豊富です。

 

オリコンの顧客満足度(「担当者の対応」「紹介案件の質」「交渉力」「利用のしやすさ」が評価される)ランキングでは、2019年の転職エージェント部門で1位に選ばれています。

 

パソナキャリアは、「正しい就職・正しい転職・正しい再就職」を企業理念に運営しており、企業の利益よりも転職活動者のことを打愛知に考えることをモットーにしています。

 

求人数は、マイナビやdodaと比較すると少ないようですが、手厚いサポートを受けたい方にはおススメです。

 

おすすめ度(評価)

★★★★
エリア 首都圏、大阪、名古屋、静岡、広島、福岡
対象年齢 20代~50代
得意業種

IT・通信、メーカー、医療・福祉、営業職

年収UP率 非公開
求人数 40,000件以上

■ビズリーチ

 

ビズリーチ』は、株式会社ビズリーチが提供するサービス。年収UPを目指している方におすすめの転職サイト。 

 

厳正な審査に通った求人のみを掲載しているので、好条件な求人が多く、転職後の満足度が高いことも特徴。職務経歴を登録すると、ビズリーチの一流転職エージェントからオファーが届くようになり、年収UP交渉に繋げやすいサービスです。

 

管理職やグローバル人材など高年収の求人がほとんどで、中には年収2,000万円を超える求人も存在します。

 

キャリアに自信がある方にはおススメです。スカウト率を上げるためには、簡易職歴書(全27問)は記載するようにしてください。

 

おすすめ度(評価)

★★★★
エリア 全国+海外
対象年齢 30代
得意業種

全職種

年収UP率 高収入求人多数
求人数 80,000件以上

■type女性の転職Agent

 

東証1部上場のキャリアデザインセンターが運営するtype転職エージェント。

  

キャリアアドバイザーは実際に転職活動を経験してきた女性が大半です。その為、自身の経験から女性の転職相談に親身に耳を傾けることができ、的確なアドバイスもできます。

 

領域は、3つに分かれており、それぞれその分野に強いキャリアアドバイザーが転職の支援をしてくれます。

 

●販売・サービス・事務専任

●営業専任

●IT領域専任

 

リクナビやマイナビなど、大手の支援ではフィットする求人が見つけられなかった方は利用してみてはいかがでしょうか。ピンポイントでベストマッチングを実現してくれます。

 

おすすめ度(評価)

★★★★
エリア 首都圏
対象年齢 20代~30代前半
得意業種

営業、事務、IT等

年収UP率 70%以上が年収UP
求人数 8,500件以上

■リブズキャリア

 

「リブズキャリア」は、女性に特化した転職支援エージェントです。

 

大手企業や、中小企業の管理職の案件が多く、「女性がワークライフバランスを大切にしながら活躍できる案件」にこだわり抜いているエージェントです。

 

特徴は、年収400万円以上の案件に限定しており、高収入案件が中心です。

 

また、「ママ社員」、「育休の復職支援」など、女性転職活動をする際に、重要視する条件で求人検索ができるところも特徴にあげられます。

 

おすすめ度(評価)

★★★
エリア 全国(都市部中心)
対象年齢 20代~34歳程度
得意業種 全職種
年収UP率 非公開
求人数 2,000件以上
▼介護福祉業界に特化したエージェントはこちら
おすすめの介護・福祉専門の就職支援エージェント一覧
▼保育業界に特化したエージェントはこちら
保育士転職ナビサイト・エージェント おすすめランキング