ITアーキテクトになるにはどんな資格やスキルが必要?システムエンジニア(SE)からの転職は有利?

ITアーキテクトになるにはどんな資格やスキルが必要?システムエンジニア(SE)からの転職は有利?

『需要が高まりつつあるITアーキテクトの仕事に未経験から転職したい。資格などは何が必要?』

『今はITコンサルタントとして仕事をしているが、ITアーキテクトとしてキャリアチェンジをしたい』

『システムエンジニアからアーキテクチャについての知見を高めていきたい』

アーキテクトは年収も高く、昨今注目が集まりつつあります!しかし、高い技術力や専門性が求められるため、転職の難易度自体は高い状況です。

IT業界やコンサルティング業界等に勤務中でキャリアアップや年収アップなどを目指し『アーキテクト』としての就職・転職を検討している方は最後までぜひご覧ください。

  

ITアーキテクトとして、年収アップ、安定した働き方を望む方は必見です!

目次

 

【1】ITアーキテクトとは?

 

【2】ITアーキテクトになるにはどんな資格やスキルが必要?

 

【3】ITアーキテクトの平均年収は?

 

【4】IT業界の動向。急成長中の会社も多く今後もさらなる発展が見込まれる

 

【5】20代のエンジニアは転職を検討している層も少なくない…

 

【6】エンジニアといっても職種は幅広い。未経験歓迎と経験者のみなど難易度も異なる

 

【7】ホワイト企業ランキングTOP100。IT企業も多数!

 

【8】IT業界 上場企業 平均年収ランキング

 

【9】IT業界 上場企業 平均勤続年数ランキング

 

【10】平均年収、残業時間等から入社難易度を独自に格付け(参考までに)

 

【11】IT特化のエージェントは2~3社を同時活用することがポイント

 

【12】ITアーキテクトへの転職・就職エージェント おすすめ10選

 

以下、複数の企業で採用責任者を担い、3万人以上の就職支援を手掛けた『就プラ』がIT業界に特化した転職支援エージェントの選び方や特徴を紹介します。(人気度のランキングや口コミサイト等も参考にしています)

【1】ITアーキテクトとは?

 
ITアーキテクトは、IT分野の中でも高い専門知識が必要とされる職種となります。

ITアーキテクトとは、ITシステム全般の設計に責任を持ち、グランドデザインやその骨組みとなるアーキテクトを設計する職種です。

 

具体的には、顧客経営層やITコンサルタントが導き出した経営戦略・ビジネス戦略を元に、ITシステム化の企画、構想からシステムのグランドデザイン、システム開発における共通仕様・要件定義やシステムのあり方などをトータルして検討・提案し、システム全体の方向性や仕組みから運用・保守要件まで提示することができる技術者のことを指します。

 
クライアントの要望をシステムに反映し、必要に応じ業務のシステム化を推進することも、ITアーキテクトの重要な役割となります。

ITコンサルタントと類似したポジションに見えますが、ITコンサルタントはクライアントのIT課題を全面的に解決する役割、ITアーキテクトはシステム全般の設計に大きな責任を持ちます。

 

システムの構築にあたり、開発効率や品質を向上させることもITアーキテクトのう役割になります。プロジェクトにあったフレームワークの選定、構築作業のフロー構築、各種関連書類の作成など、プログラマーとしての役割だけではなくチーム全体のプロジェクト管理をするような立ち位置です。

 
システムエンジニアやITコンサルタントの経験者が転職を目指すケースも多いです。転職に有利に働くというよりも最低限の経験とみたほうが良いと思います。

 

高い専門性が求められる立ち位置で、SE等のキャリアアップとしても人気がある職種です。

【2】ITアーキテクトになるにはどんな資格やスキルが必要?

 

ITアーキテクトになるには、どのような資格やスキル・経験が必要なのでしょうか?

 

ITアーキテクトには、IT全般に関する技術や知識を幅広く有する必要と、システム開発経験などの経験、マネジメントの経験等が必要になります。また、システム全体の設計を行うため、アーキテクチャのデザインスキルも必須となります。

 


IPA(独立行政法人情報処理推進機構)の『スキルフレーム』によると以下の専門領域に長けている必要がある模様です。

 

ITアーキテクトの専門分野

・アプリケーションアーキテクト
…アプリケーションコンポネント構造、論理データ構造などの設計

・インテグレーションアーキテクチャ
…フレームワーク構造およびインタオペラビリティ(相互運用性)などの設計

・インフラストラクチャーアーキテクチャ
…システムマネジメント、ネットワーク、セキュリティ、プラットフォームなどの設計

 

 

資格としてはより高い専門性を身につけるためにも、『システムアーキテクト』等の取得に励んてみても良いかも知れません。

 

システムアーキテクトは、経済産業省が認定する国家資格である『情報処理技術者試験』です。

試験の難易度は最上位のレベル4で、毎年合格率は10%台にとどまる難関資格です。上流工程に携わるエンジニアに必要な知識だけでなく、ビジネスに必要な知識も必要となり、転職活動の際なども一つのアピール材料になるでしょう。


もちろん、資格だけでは不十分ではあるため、どのような経験等が求められるのかについても解説致します。


求められるスキルや経験

・プログラミング
・テクノロジ
・アーキテクチャ設計
・設計技法
・知的資産管理活用
・インダストリ
・プロジェクトマネジメント
・リーダーシップ コミュニケーション

 

プログラミングから始まり様々な経験が必要になります。エンジニア経験等がない人はまずはそこからスタートするべきでしょうね。

【3】ITアーキテクトの平均年収は?

 

比較的高いスキルや経験が求められるITアーキテクト。平均年収はどれくらいなのでしょうか?

 

ITアーキテクトの仕事の平均年収は約720万円程度で、日本の平均年収と比較するとかなり高い水準です。月給額に換算すると60万円です。

国税庁の平成30年度「民間給与実態統計調査結果」では全産業の平均が441万円となっていますので、高所得の職種とみても良いでしょう。

 

エンジニアやITコンサルタントとしての経験が等がない方は、まずは開発の現場を積んだ方が良いでしょうね。

 

記事の後半でITアーキテクトの支援に強いエージェント等を紹介していますが、この後はIT業界に関する情報提供を致します。

【4】IT業界の動向。急成長中の会社も多く今後もさらなる発展が見込まれる

 

IT業界自体は、市場規模として約16.4兆円、平均年収は約616万円程度です。


IT業界は大きく分けると、外資系、グループ系、独立系の企業にに分けられます。

IT業界は外国資本の会社のほうが一歩先を行っており、特にアメリカ合衆国の企業が先行している状況です。

皆さんもご存じかとは思いますが、グーグル(Google)、、アップル(apple)、アマゾン(Amazon)、フェイスブック(Facebook)、IBM、マイクロソフト(Microsoft)等、アクセンチュア(Accenture)は、世界的にも有名な会社です。

では日経の企業が大きく遅れているかというと、決してそうではありません。

日系の資本、日系グローバル企業などでも高い技術力を持った会社は多くあります。

 

こちらは、パナソニック、富士通、日立、NEC、新日鉄、伊藤忠など大手企業のグループ会社が多いです。

最近の動向や今後の注力分野としては、数年前から、クラウドコンピューティング(クラウド)、ビッグデータの活用に注目が集まっており、近年では企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)の動きも活発になってきています。

 

今後、成長が期待される新技術としては、人工知能(AI)、IoTが挙げられます。

IT技術が進化すればITアーキテクトの役割も増えてきます。様々な企業で需要が産まれてくるでしょうね⁉

 

IT業界は常に新しい技術がうまれ、今後も人々の生活を豊かにし続ける産業であると言っても過言ではないでしょう。

【5】20代のエンジニアは転職を検討している層も少なくない…

 

20代で転職をしたいというITエンジニアは、給料面、待遇面、職場環境等に不満を持っている方が多いようです…。

エンジニアとしてスキルアップをしたいけれど叶わない…。常駐先がコロコロ変わって人間関係構築も大変等と思っている方も多いのではないでしょうか? 

 

エンジニア、技術職と言っても非常に幅広いジャンルがあり、「IT・情報通信」「通信機器・設備」「半導体・電子部品」「家電・AV機器」「有機化学」「制御計測・検査機器・医療機器」「原動機・輸送機械」「コンピュータ・周辺機器」「重電機器・電気設備」「産業機械・工作/加工機械」など様々です。

 

実際、人材業界などが調査しているデータによると『超大手』、『大手グループ企業』、『外資系企業』、『準大手企業』などは、決して年収は低くありません。

 

一方、中堅・中小企業、技術系ベンチャー、技術派遣・受託などは年収や待遇に満足していない人が多いようです。

 

特に、技術派遣や受託などでは、コロナウイルスの影響等もあり、現場への配属が無くなり、自宅待機をするようなケースも存在しているようです。もちろんその間のお給料は法律の範囲内で減額されることもある為、結果的に年収が低くなっているようです。

 

特に、大卒や大学院卒で新卒枠として入社した新入社員が年収・待遇面で悩んでいることが多いように思えます。

 

20代で退職・転職を考えている方は少なくないようです…

【6】エンジニアといっても職種は幅広い。未経験歓迎と経験者のみなど難易度も異なる

 

次は、エンジニアの経験はまだない・短いけれども、将来的にITアーキテクトに就きたいという人に向けた情報提供です。

 

先に説明した通り、ITアーキテクトになるにはある一定水準の技術経験が必須とみたほうが良いです。

 

エンジニアとは、どんなスキルや性質を持った職業なのでしょうか?

 

エンジニアは、「工学についての専門的なスキルや知識、技術を持った人材」を指す言葉であり「技術者」等とも呼ばれています。

エンジニアの中でも、インターネット関係に関わるITの専門知識やスキルを備えた人が「ITエンジニア」です。


コロナ禍でも非常に就職に強く、今後も社会で必要とされる職業であることは間違いないでしょう。リモート勤務等でも仕事がしやすいこともあり、近年人気が急上昇しています!

 

エンジニアの種類

・システムエンジニア
・プログラマー
・制御、組み込みエンジニア 
・ネットワークエンジニア
・インフラエンジニア
・サーバーエンジニア
・Webエンジニア
・フロントエンドエンジニア
・マークアップエンジニア
・データベースエンジニア
・IoTエンジニア ・セールスエンジニア(Sales Engineer)
(FAE(フィールドアプリケーションエンジニアとも呼ばれます)

 

全ての職種を説明すると、とてつもない文章量になるため、今回の記事ではポイントだけお伝えします。

まず、文系や未経験でも採用枠が比較的多いのは、システムエンジニア(SE)やプログラマー(PG)、
制御、組み込みエンジニア などです。もちろん、会社の規模や採用方針により異なりますが、未経験可で求人が出ている割合は比較的高いです。

ネットワークエンジニア(NE)やインフラエンジニア(IE)等は、未経験からでも採用されますが、CCNAと言われる資格等を取得出来ているとより採用確率が高まる傾向があるように思えます。

それ以外の職種はプログラミングの経験や開発経験等が無いと少しハードルが高くなっています。(Webエンジニアも会社規模が小さければ未経験可などもたまにありますが、皆さんが知っているような人気企業ですとプログラミング経験が求められているように思えます)

ぼんやりと『エンジニア』なりたいと考えている人は、このあと紹介するエージェントやナビサイトを活用して、企業探しをしたほうが効率的かも知れません。

 

例えば、同じSEでも、元受け、1次受け、2次受け等により待遇面や職場環境が全然違います!(元受けって何と思った方は専門家に頼ってしまったほうがブラック企業を避ける事などにも繋がるかも知れません。IT=ブラックではなく、厳しい環境の会社もあるというだけです…)

 

会社規模や職種によって難易度や未経験可の割合などは大きく異なります。

【7】ホワイト企業ランキングTOP100。IT企業も多数!

 

以下は、『一般社団法人安全衛生優良企業マーク推進機構』の調査データです。

 

厚生労働省がスタートさせた『安全衛生優良企業公表制度』に関連する事業などを委託されています。

 

厚生労働省の『くるみん』、『えるぼし』や経済産業省の『健康経営優良法人認定制度』等の認定企業等が中心になっているようです。

 

TOP100ランキングの中にも、IT業界の企業が多数ランクインしていました。(リンクはhttpsの対応をしている会社のみにしています)

 

ホワイト企業の基準を何におくかによってもランキングは異なりますが、一つの参考にしても良いかもしれませんね!

 

ランキング基準

①取得マーク数が多い※1

②月平均残業時間が少ない※2

③平均の法定時間外労働60時間以上の労働者の数が少ない※2

④新卒者の採用・定着状況(前年度)-離職者数が少ない※2

⑤36協定の上限(特別条項を含む)が小さい※2

⑥平均有給取得率が多い※2

NO 企業名 業界
1位 東日本電信電話株式会社 IT△
2位 サントリーホールディングス株式会社  
3位 株式会社常陽銀行  
4位 株式会社丸井グループ  
5位 コニカミノルタ株式会社 IT △
6位 イオン株式会社  
7位 セイコーエプソン株式会社 IT △
8位 株式会社朝日新聞社  
9位 田辺三菱製薬株式会社  
10位 喜多機械産業株式会社  
11位 株式会社ニコン IT △
12位 リコーリース株式会社 IT △
13位 社会福祉法人正和会  
14位 アフラック生命保険株式会社  
15位 株式会社クレスコ IT 〇
16位 株式会社岩手銀行  
17位 住友商事株式会社  
18位 社会福祉法人美芳会  
19位 株式会社千葉銀行  
20位 リコージャパン株式会社 IT △
21位 株式会社山陰合同銀行  
22位 株式会社横浜銀行  
23位 三菱商事株式会社  
24位 株式会社北洋銀行  
25位 株式会社第四銀行  
26位 株式会社東邦銀行  
27位 大日本住友製薬株式会社  
28位 株式会社池田泉州銀行  
29位 株式会社リコー IT △
30位 株式会社荘内銀行  
31位 エムケー精工株式会社 IT △
32位 スミセイ情報システム株式会社 IT 〇
33位 株式会社佐賀銀行  
34位 株式会社ローソン  
35位 リコーITソリューションズ株式会社 IT 〇
36位 アクサ生命保険株式会社  
37位 YKKビジネスサポート株式会社  
38位 株式会社埼玉りそな銀行  
39位 MS&ADシステムズ株式会社 IT 〇
40位 総合メディカル株式会社  
41位 株式会社ISTソフトウェア IT 〇
42位 株式会社北越銀行  
43位 株式会社メタテクノ IT 〇
44位 株式会社群馬銀行  
45位 株式会社北陸銀行  
46位 コスモ石油株式会社  
47位 株式会社日本総合研究所  
48位 TIS株式会社 IT 〇
49位 日本ユニシス株式会社 IT 〇
50位 株式会社京都銀行  
51位 エヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジ株式会社 IT 〇
52位 YKK株式会社  
53位 株式会社三井住友銀行  
54位 株式会社エス・ディ・ロジ  
55位 株式会社高知銀行  
56位 株式会社アバールデータ IT 〇
57位 北陸電力株式会社  
58位 株式会社りそな銀行  
59位 コネクシオ株式会社 IT △
60位 ドコモ・システムズ株式会社 IT 〇
61位 株式会社野村総合研究所 IT 〇
62位 SCSK株式会社 IT 〇
63位 JFEシステムズ株式会社 IT 〇
64位 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ IT 〇
65位 株式会社NTTドコモ IT 〇
66位 日本電気株式会社 IT 〇
67位 レンゴー株式会社  
68位 伊藤忠商事株式会社  
69位 株式会社ジュピターテレコム IT 〇
70位 富士通株式会社 IT 〇
71位 沖電気工業株式会社 IT 〇
72位 ソフトバンク株式会社 IT 〇
73位 株式会社プラザ企画  
74位 株式会社百十四銀行  
75位 株式会社富士通マーケティング IT 〇
76位 ヒューリック株式会社  
77位 株式会社豊田自動織機 IT △
78位 住友電気工業株式会社 IT △
79位 アビームコンサルティング株式会社 IT △
80位 第一三共株式会社  
81位 三菱UFJリース株式会社  
82位 豊田通商株式会社  
83位 丸紅株式会社  
84位 株式会社東和銀行  
85位 富士ゼロックス株式会社 IT △
86位 株式会社堀場製作所 IT △
87位 株式会社髙島屋  
88位 静銀ビジネスクリエイト株式会社  
89位 社会福祉法人平鹿悠真会  
90位 社会医療法人仁寿会  
91位 株式会社日豊ケアサービス  
92位 学校法人平成学園  
93位 株式会社シニアライフアシスト  
94位 株式会社ニラク  
95位 オリックス・ビジネスセンター沖縄株式会社  
96位 中外製薬株式会社  
97位 小浜信用金庫  
98位 名古屋眼鏡株式会社  
99位 株式会社たまゆら  
100位 第一生命保険株式会社  

【8】IT業界 上場企業 平均年収ランキング


平均年収順にランキング形式で見て来ましょう。平均年収は、先の番付を作成する上でも参考にしています。

 

IT業界の平均年収は上記企業の有価証券報告書(2019~2020年)の数値を参考にしています。

 

企業名 平均年収(万円)
野村総合研究所 1,235
SRAホールディングス 1,032
電通国際情報サービス 993
三菱総合研究所 993
オービック 921
日立製作所 902
伊藤忠テクノソリューションズ 896
JBCCホールディングス 894
構造計画研究所 866
大塚商会 851
新日鉄住金ソリューションズ 844
日本ユニシス 837
ネットワンシステムズ 837
NTTデータ 833
フューチャー 822
NEC 814
東洋ビジネスエンジニアリング 813
富士通 803
CAC Holdings 801
sMedio 800
エックスネット 799
GMOペイメントゲートウェイ 785
セゾン情報システムズ 783
テクマトリックス 778
インフォコム 771
パス 750
フリークアウト・HD 747
プロパティデータバンク 743
ブレインパッド 738
SCSK 735
YE DIGITAL 735
JFEシステムズ 731
TKC 729
兼松エレクトロニクス 722
ブロードバンドセキュリティ 722
アイティフォー 704
TIS 701
ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス 699
CRI・ミドルウェア 692
フィックスターズ 692
チェンジ 691
ODKソリューションズ 686
ULSグループ 684
日本プロセス 683
ロゼッタ 679
ビジネスブレイン太田昭和 678
アイ・ピー・エス 678
東京日産コンピュータシステム 676
電算 676
チエル 670

【9】IT業界 上場企業 平均勤続年数ランキング

 

次は、平均勤続年収順にランキング形式で見て来ましょう。平均勤続年数は、先の番付を作成する上でも参考にしています。

IT業界の勤続年数は上記企業の有価証券報告書(2019~2020年)の数値を参考にしています。

 

企業名 勤続年数(年)
日本ユニシス 21.0
さくらケーシーエス 20.1
富士通 19.5
AGS 19.3
NEC 19.2
あいHD 19.2
日立製作所 19.1
JFEシステムズ 18.7
JBCCホールディングス 18.6
SCSK 18.5
電算 18.2
YEDIGITAL 17.9
菱友システムズ 17.7
アイネス 17.6
パシフィックシステム 17.6
大塚商会 17.1
シーイーシー 16.8
アイネット 16.8
キーウェアソリューションズ 16.7
大和コンピューター 16.3
インフォコム 16.1
TKC 16.1
ティビィシィ・スキヤット 16.1
エヌアイデイ 15.5
コア 15.4
三菱総合研究所 15.3
NTTデータ 15.0
昭和システムエンジニアリング 14.9
NSD 14.6
構造計画研究所 14.5
電算システム 14.5
TIS 14.4
ソルクシーズ 14.4
DTS 14.3
野村総合研究所

14.2

両毛システムズ 14.0
アイエックス・ナレッジ 14.0
ODKソリューションズ 13.6
オービック 13.5
伊藤忠テクノソリューションズ 13.5
CAC Holdings 13.4
兼松エレクトロニクス 13.3
日本プロセス 13.2
セゾン情報システムズ 13.0
日本コンピュータ・ダイナミクス 13.0
東計電算 13.0
インフォメーションクリエイティブ 13.0
新日鉄住金ソリューションズ 12.8
アクモス 12.8
電通国際情報サービス 12.6

【10】平均年収、残業時間等から入社難易度を独自に格付け(参考までに)


ITと言っても非常に領域が広く、ソフトウェア、情報処理、通信、IT、インターネットなどサービスの性質は様々です。

 

今までご紹介してきた平均年収、平均勤続年数、残業時間等から入社難易度を独自に格付けしていきます。

ランキングをご覧いただくことで、既にプログラミングや機械学習などの経験が豊富な方は、難易度の高い企業にチャレンジして頂きたいですし、文系出身で言語未経験者の方などは、無謀なチャレンジをしないように地に足をつけた活動をするために、有効活用してください。

ランキングは、上場・非上場問わず、就活生や20代等若手社会人から人気がある会社を選択しています。(学部や職種・応募する年度、雇用形態により違いがあります)

就職難易度ランキングの『SS』、『S』クラスは、上位校理系大学・大学院でプログラミング経験が豊富な方、A~Bクラスは上位校orプログラミング学習経験者などではないと、選考で多少苦労するかもしれません。

Cクラス位であれば文系未経験者などでも通用するところも出てくるはずです。

 

様々な要素から総合的に判断していますが、明確な判断基準があるわけではありませんから、参考程度にお願いします!

企業名 業種 入社難易度
Google WEBサービス系 SS
シスコシステムズ合同会社 SIer系 SS
Apple Japan ハードウェア系 SS
日本オラクル ソフトウエア系 SS
日本マイクロソフト ソフトウエア系  S
NTTデータ SIer系 S
野村総研(NRI) SIer系 S
リクルート WEBサービス系 S
トレンドマイクロ ソフトウエア系 S
Yahoo! Japan WEBサービス系 A
LINE WEBサービス系 A
富士通 ハードウェア系 A
日立製作所 SIer系 A
NEC(日本電気) ハードウェア系 A
三菱総合研究所 SIer系 A
みずほ情報総研 SIer系 A
NTTドコモ 通信系 A
KDDI 通信系 A
ソフトバンク 通信系 A
アビームコンサルティング SIer系 B
日本総合研究所 SIer系 B
オービック SIer系 B
カカクコム WEBサービス B
日本IBM ハードウェア系 B
楽天 WEBサービス系 B
DeNA WEBサービス系 B
NTTコムウェア SIer系 B
日本ユニシス SIer系 B
NTTコミュニケーションズ SIer系 B
ニッセイ情報テクノロジーズ SIer系 B
三菱電機 ハードウェア系 B
ジャストシステム ソフトウエア系 B
富士通エフサス SIer系 B
伊藤忠テクノソリューションズ SIer系  B
SCSK SIer系  B
NECソリューションイノベータ SIer系 C
ワークスアプリケーションズ ソフトウエア系 C
サイボウズ ソフトウエア系 C
ミクシィ WEBサービス系 C
東芝 ソフトウエア系 C
OMRON ハードウェア系 C
Sky ソフトウエア系 C
第一生命情報システム SIer系 C
明治安田システム・テクノロジー SIer系 C
スミセイ情報システム SIer系 C
東京海上日動システムズ SIer系 C
グリー WEBサービス系 C
東洋ビジネスエンジニアリング SIer系 C
富士ソフト ソフトウエア系 C
都築電気 SIer系 C
ELECOM ハードウェア系 C
DTS SIer系 C
三井情報 SIer系 C
GMOインターネット WEBサービス系 C
第一生命情報システム SIer系 C

 

上記はあくまで参考程度にしてください。転職活動の際は、どの企業が募集中なのかがわかりにくいため、エージェントを活用することをおススメします!

【11】IT特化のエージェントは2~3社を同時活用することがポイント

 

ITエンジニア特化の就職エージェントを、既卒、フリーター、第二新卒の方が活用するうえでのポイントは、同時に2~3社程度のサービスを利用することです。

 

エージェントにより、保有している非公開求人に違いがあり、1社だけでは求人数として不十分です。(特にIT特化のエージェントの場合は、特定のエージェントのみが限定的に求人を取り扱っていることも珍しくありません)

また、アドバイザー・コンサルタントとの相性や支援のレベル年収交渉の強さ職場の開発環境の把握具合なども、実際に相談に行ってみないとわかりません。

特にITエンジニア特化の場合は、アドバイザーが元エンジニア出身者であったり、業界の知識に長けていることなども支援を受ける際に重要な要素です。

 

最終的に、メインで支援して頂くエージェントと出会うために。まずは自らに合いそうな2~3社程度に登録をして、実際に相談することをおすすめします。

 

 

効率的に転職活動をするのでしたら以下の3社の組み合わせなどがおススメです!

ITアーキテクト志望者におススメの組み合わせ
経験者はメーカー系のIT求人強いコトラ(KOTORA)』、『メイテックネクスト』と、年収アップ率No1『レバテックキャリア』、求人数最大の『リクルートエージェント』の利用等をおすすめします。エンジニア未経験者は『ウズキャリIT』でまずはIT業界への転職を成功させましょう!

【12】ITアーキテクトへの転職・就職エージェント おすすめ10選

IT、アーキテクト、コンサルなどハイキャリア求人 コトラ(KOTORA)
IT業界に専門特化。未経験者歓迎求人多数! ウズキャリIT
IT・WEB業界に特化。年収UP実績No1 レバテックキャリア
メーカー系でITエンジニアになりたい方に! メイテックネクスト
業界最大手、全国対応。求人数は業界NO1 リクルートエージェント
IT特化 トップクラスエージェント Geekly(ギークリー)
業界大手、利用者満足度NO1

doda(デューダ)

業界大手、IT特化 マイナビエージェント×IT
年収交渉に強みあり! type転職エージェントIT
人材紹介専業で17年の歴史!  ワークポート

■コトラ(KOTORA)

 

コトラ(KOTORA)』は、金融・コンサル業界、IT業界、メーカー(製造業)等のハイクラス・経営管理層などのポジションに強い転職エージェントです。

非公開求人が豊富で、独自のルートで開拓した、独占的な求人も多いようです。他のエージェントが保有していない上級管理職や専門職の求人も保有しています。

取り扱う求人情報のうち約8割が非公開求人です。ハイクラス層向けの案件はサイト上で確認出来る範囲でも約2000件が年収1000万以上です。

 

CFO(最高財務責任者)や経営管理(投資管理)、事業戦略担当、研究開発、海外進出等の求人も確認出来ました。

また、同社のアドバイザーは毎年、個人として表彰等を受けており、業界を熟知した優秀なカウンセラーが多く在籍しています。

 

金融やコンサルなどハイクラスの転職におすすめのエージェントです。

 

おすすめ度(評価)

★★★★★
エリア 全国(一都三県が中心)
対象年齢 全年代(ハイキャリア・エグゼクティブ層)
得意業種 全職種
年収UP率 非公開ではあるが掲載求人はハイクラスのみ
求人数 約7,000件
あわせて読みたい:コトラ(KOTORA)の評判・口コミ

 

■ウズキャリIT

 

ウズキャリIT』は、IT業界未経験者が就職・転職活動をする際におすすめのエージェントです。

 

フリーター、既卒、ニート、第二新卒など20代のIT業界の業務未経験者や社会人経験がない人がSE・プログラマー・インフラエンジニアとして就職を目指すことが出来ます。

 

学習動画コンテンツやIT講師による学習サポートと丁寧な就職支援が特徴となりますので、就活に不安がある人でも安心です。

 

キャリア相談は回数無制限ですので、あなたの悩みや疑問などにもしっかりと寄りそってくれます。

 

IT未経験者に特化した就業サポートで実績2,000名以上の支援実績があるサービスです。

 

IT業界に専門特化した未経験者向けのエージェントです!

 

おすすめ度(評価)

★★★★★
エリア 全国(オンライン対応可能)
対象年齢 既卒・第二新卒・フリーター・20代・30代など
得意業種 SE、PG、ネットワークエンジニア、インフラエンジニア
年収UP率 フリーターから正社員へ。年収、待遇up例多数
あわせて読みたい:ウズキャリITの評判・口コミ

 

■レバテックキャリア

 

レバテックキャリア』はIT・Web業界向けに特化した若手のエンジニア転職支援サービスです。

 

特に首都圏・関西、福岡のエンジニア求人に強く、同エリアで転職を考えている人は年収UP・待遇の良い企業を見つけることができます。

同サービスは第二新卒などエンジニアとしての経験がある方におすすめしたいサービスです。

 

また、「はじめての転職」「SIerからWeb業界へ」「これから転職準備」「市場価値を知りたい」「キャリアアップを目指す」など、様々なテーマの個別相談会も実施しているため、転職に対して漠然とした不安がある方はご利用されてみてはいかがですか。 

 

IT・WEB業界に専門特化しており、年収アップ率が高いです!

 

おすすめ度(評価)

★★★★★

対応エリア

関東・関西・福岡
取り扱い求人 人気ITベンチャーから大手まで
年収UP 年収、待遇upの口コミ多数
 非公開求人数  5,500件以上

■メイテックネクスト(MEITEC NEXT)

 

ものづくりエンジニア転職No.1の『メイテックネクスト』。

 

製造業の特定派遣に40年の実績を持つ「メイテックグループ」のメーカーエンジニア(機械・電気・自動車等、製造業系)に特化した転職エージェントです。

 

今、自動車や重工メーカーなど大手メーカーからもITエンジニアの募集が急増しています。

 

★リクナビNEXTエージェント総合満足度、三年連続No.1

★エンジニア専業求人数No.1 (常時6,000件以上)

 

転職支援コンサルタントは、半数以上がメーカーの技術系分野出身で、年間8000名以上のエンジニアが世界トップクラスのメーカーや大手人気企業へ転職しています。

 

転職を考えているITエンジニア、ワークライフバランスを改善したいITエンジニアなど、転職をお考えの方はぜひメイテックネクストをおススメします!

 

SESとは違った、新しい働き方や可能性を見出すことが出来るはずです!

 

特定派遣で培ったネットワークもあり、メーカーエンジニアの転職求人が豊富。登録必須の1社です!

 

おすすめ度(評価)

★★★★★

対応エリア

全国
取り扱い求人 メーカー・製造業エンジニア
年収UP 年収、待遇upの口コミ多数
 非公開求人数 6,000件以上

■リクルートエージェント

 

転職支援実績No.1の転職エージェントである『リクルートエージェント』。

 

業界最大級の20万件を超える非公開求人を保有しており、他の転職サイトでは見つからなかった求人と出会える可能性が高いエージェントです。選考対策ではなく、求人紹介を目的に登録することを最低限おすすめしたいサービスです。

 

もちろん。書類添削や面接対策を不安がなくなるまで徹底的にサポートして頂けます。

 

求人数を増やす際は、同社が手掛ける転職ナビサイトの『リクナビNEXT』も登録しておいてはいかがでしょうか。

 

支援実績断トツNO1です。求人数も豊富であるため、登録必須の一社です!

 

おすすめ度(評価)

★★★★★

対応エリア

全国
取り扱い求人 全職種
年収UP 非公開
 非公開求人数 40,000件以上(IT)

■Geekly(ギークリー)

 

Geekly(ギークリー)』は、非公開求人数が1万件を超えるITに特化した業界トップクラスの転職エージェントです。

 

企業と太いパイプを持ち、IT特化のエージェントにおいては、求人数No.1といっても過言ではありません。

 

求人数が多いため、自分にマッチングした求人を見つけることが出来る確率は高いでしょう。

 

また、内定までの平均期間は約1ヶ月とスピーディーで、ユーザー満足度は85.3%とIT業界の転職エージェントでは高い数値となっています。

 

IT特化型のエージェントとしては最大級です。豊富な企業ネットワークを活かした支援が魅力ですね!

 

おすすめ度(評価)

★★★★★

対応エリア

首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
取り扱い求人 IT・Web、ゲーム業界特化
年収UP 年収、待遇upの口コミ多数。75%が年収UP!
 非公開求人数  10,000件以上

 

■doda転職エージェント

 

転職サイトの『doda(デューダ)』は業界大手の転職エージェントの一つです。登録者数も数多く、利用者満足度1位に輝いています。

 

doda(デューダ)の取扱い求人数は約10万件と、業界2番目に豊富。

 

基本的に様々な業界を網羅しておりますが、特にIT系やものづくりエンジニア、営業、企画管理などに強いとされています。

業界でも大手のエージェントで求人数も豊富であるため、登録必須の一社でしょう。

 

パーソルグループが運営しています。求人数が豊富で利用価値の高いサービスです。

 

おすすめ度(評価)

★★★★★
エリア 全国+海外
対象年齢 全世代
得意業種 全職種
年収UP率 非公開
求人数 10万件以上

■マイナビエージェント×IT

 

大手人材グループであるマイナビエージェントが運営するIT・Web業界に特化した転職・就職支援エージェントです。

 

IT業界の専任制のチームを編成しているため、求職者にとって、多様な選択肢や新たな可能性を提案して頂けることが人気のポイントです。

 

大手ならではのネットワークがあるため、職場環境や勤務地にこだわって転職先を探している人はご利用してみてはいかがでしょうか。

 

おすすめ度(評価)

★★★★

対応エリア

全国
取り扱い求人 全職種
年収UP 非公開
 非公開求人数 7,000件以上

■type転職エージェントIT

 

type転職エージェントITは、東証1部上場企業のキャリアデザインセンターが運営するIT業界転職に強みがあるエージェントサービスです。

 

取り扱い求人も、NTTデータや富士通、Yahoo!(ヤフー)、デロイトトーマツ、SONY(ソニー)、アクセンチュアなど、大手や優良企業の求人が多く、多くの転職者が年収UPしている模様です。

 

おすすめ度(評価)

★★★★

対応エリア

首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
取り扱い求人 IT系全般
年収UP 平均約67万円UP!
 非公開求人数 非公開