臨床工学技士(CE)の年収はいくら?大卒20代などでは給料は平均より高い?低い?

★臨床工学技士(CE)の年収はいくら?大卒20代などでは給料は平均より高い?低い?

臨床工学技士の転職は、大手の総合病院などは比較的求人倍率が高く、転職の難易度が高いと言われています。

しかし、新卒として入社をした今のクリニックの将来性に疑問を感じたり、残業ばかりの激務の環境にキツさを感じている人も少なくないかも知れませんね!?

年収の観点で見ると、医療機器メーカーに勤務する臨床工学技士は平均年収が比較的高く、500~650万円となっています。

医療機関に比べて、100万円以上の収入増が期待できるため、大きく稼ぎたい方にはおススメかも知れません。

転職活動で次の職場を効率的に探す方法はどのような手段があるのか、年収アップを実現するためには何のサービスを利用すれば良いのか気になる人も多いでしょう。

当記事では、年収や月収等の実態などの解説とあわせて、転職を検討中の臨床工学技士におすすめの転職支援エージェントや求人ナビサイトをご紹介します。

目次

 

【1】臨床工学技士(CE)の平均年収やお給料は?一般的な職種より高い?低い? 

 

【2】新卒入社一年目の初任給や手取り額の平均はいくら位?

 

【3】世代別(年齢)、性別(男性・女性)別の平均給料額

 

【4】臨床工学技士(CE)の転職に学歴は必要?

 

【5】臨床工学技士(CE)の仕事はいらなくなるって本当!?

 

【6】男性、女性など性別問わずで活躍の舞台はある? 

 

【7】臨床工学技士(CE)の転職活動は転職エージェントの利用をおすすめ

 

【8】エージェントへの相談前の事前準備・当日の持参物

 

【9】事前に整理しておくべき情報

 

【10】アドバイザーとのキャリア面談の流れ

 

【11】年収アップを目指す臨床工学技士におすすめの転職支援エージェントランキング

・医療技師のお仕事

・工学技士人材バンク

・リクルートエージェント

・doda転職エージェント
・マイナビAGENTエージェント

・MED×Fit(メドフィット)

・マイナビコメディカル

・ビズリーチ

・ジョブメドレー(JOBMedley)

・エン(en)エージェント

 

以下、3万人以上の就職・転職支援を手掛けた『就プラ』おススメのエージェントや人材紹介会社の特徴や転職希望者からの人気度、評判をご紹介します。(ランキングや口コミサイト等も参考にしています)

 

当記事の監修者
約20年以上にわたりキャリア支援の領域に関わっています。複数社の上場企業の人事採用責任者を歴任し、大学のキャリア支援講座やキャリアセンターでのアドバイザー等も経験しています。(国家資格の第二種衛生管理主任者保持)

現在は、キャリア関係の執筆活動等も手掛けており、大手メディアにも掲載されております。

【メディア掲載事例】JJ就活 ローリエプレス(エキサイト)、他

【1】臨床工学技士(CE)の平均年収やお給料は?一般的な職種より高い?低い?

 

お給料事情は誰でも気になりますよね?

 

臨床工学技士(CE)のお仕事は、大卒の他の職種と比較してみてお給料が高いのか?低いのか?お給料事情はどうなのでしょうか?

月給や平均年収がいくら位なのか知りたい人も少なくないでしょう。

 

厚生労働省が公表した『令和2年賃金構造基本統計調査』によると臨床工学技士の平均年収は426.4万円(平均年齢38.1歳)となっていました。

 

世間一般的な平均年収程度の額ではありますが、医療系の他の職種と比べると若干安い水準です。

 

なお、臨床工学技士の資格を活かしつつ、平均年収が高い傾向にある勤務先は、医療機器メーカー、大規模な民間の総合病院、国公立病院などです。

 

臨床工学技士の年収は、就職先の病院の規模や雇用形態、勤務する都道府県によって結構な差がありますので、今よりも条件面のよい職場に転職出来ると良いですね!

 

【2】新卒入社一年目の初任給や手取り額の平均はいくら位?

 

大卒・大学院など新卒採用で新入社員として会社に入った方が、「思っていたよりも手取り給与額が少ないな」と思ってしまう事って割と多いようです。

 

他の会社に入社をした同級生などがいくら位貰っているのか比較したくってもお給料事情はなかなか聴けませんよね?

 

そんな方々の疑問にお応えするために、新卒入社一年目の初任給や手取り額の平均値はいくら位なのかを解説致します。

 

出来る限り客観的な金額をお伝えするため、まずは厚生労働省が公表したデータを一緒に見ていきましょう。

 

厚生労働省が公表した資料では、新規学卒者の給与額(通勤手当を含む)は大学卒で22万6000円、大学院卒で25万5600円でした。調査の対象は全国にある社員10人以上の会社、約4万8000 事業所です。

 

男女別に見ると、大学卒では男性が22万7200円、女性が22万4600円。大学院卒では男性が25万4100円だったのに対し、女性が26万100円でした。

 

【参考】厚生労働省 賃金構造基本統計調査

 

手取り額と考えると、税金や社会保険料(健康保険、厚生年金、雇用保険、介護保険)が控除されるため、上記金額の75%~80%程度となるため、18万円弱程度になります。

 

※入社一年目は住民税の納付はありません。1年目の所得額に応じて2年目から住民税を収めることになります。

 

入社一年目は住民税を収めていません。2年目から支払うことになるため、控除額がもっと増えます…。

【3】世代別(年齢)、性別(男性・女性)別の平均給料額

 

次は、世代別(年齢)、男女別の平均給料額を一緒に確認していきましょう。

 

傾向としては、男性は年齢を重ねるに連れ、給料額がアップしていきますが、女性はそんなに大きくは変わりません。

 

年齢 男性 女性
10代 18.06万円 17.26万円
20歳〜24歳 21.26万円 20.65万円
25歳〜29歳 24.79万円 22.96万円
30歳〜34歳 28.94万円 24.34万円
35歳〜39歳 32.52万円 25.36万円
40歳〜44歳 35.87万円 26.41万円
45歳〜49歳 39.49万円 26.87万円
50歳〜54歳 42.60万円 27.06万円
55歳〜59歳 41.95万円 26.65万円
60歳〜64歳 30.06万円 22.26万円
65歳〜69歳 25.88万円 20.87万円
70歳〜 25.34万円 21.58万円
全年齢平均 33.76万円 24.75万円

【参考】厚生労働省平成30年度賃金構造基本統計調査

 

また、学歴別でも収入に差が出ており、男性の場合、大卒・大学院卒と、高卒を比較すると、10万円程度の差が出ている状況です。

 

一方、女性の場合は、学歴別ではそこまで大きな差がついていないようです。

年収のピークについては、50代の前半程度になっているようです。これはコロナの影響などで、組織の若返り等が起こる可能性は十分あり、40代に移行してくる未来が来ても不思議ではありません。

 

【4】臨床工学技士(CE)の転職に学歴は必要?

 

昨今、臨床工学技士(CE)の養成機関は専門学校から4年制の大学へシフトしているように見えます。

 

臨床工学技士の皆さんとしても、就活や転職活動の際に学歴は重視されるのかは気になるところですよね!?

 

病院やクリニックの採用担当者や事務局などに聞く限りでは、学歴はあまり気にしていないという人が多いようです。

 

書類選考の際に、有名大学の大卒者がいると少し気になる程度で、基本的には現場での経験が2、3年以上あるか否かを確認する傾向が強いようです。

 

採用時のお給料も、大卒・専門卒で変わることはそんなに多くはないようです。

 

臨床工学技士の転職は学歴よりも経歴を重視する傾向にあるようです。

【5】臨床工学技士(CE)の仕事はいらなくなるって本当!?

 

ネットを検索していると、AIの成長で臨床工学技士の仕事は将来性がない、現実的に見ても仕事がなくなるなどと書かれています。

 

AIや機械任せに出来る部分と人が介在しなければいけない部分は交わるところがあるため、完全になくなるという事は無いとはおもいますが、最近は医療機器の性能が向上していることもあり、特定の機器の経験だけですと年齢を重ねるにつれて働き先が無くなってくるかも知れません。

 

臨床工学技士の求人は、特に透析クリニックなどで多いとは思いますが、透析だけでは少し弱く、出来れば総合病院などで、循環器科の心臓カテーテルや人工心肺、人工呼吸などに関われていると転職にも強いかも知れません。


仮に転職を考えるのでしたら総合病院などで幅広い経験を積めた方が良いかも知れませんね!?

 

病院によって働き方は大きく異なります。担当領域を広げることで年収アップが可能です!

【6】男性、女性など性別問わずで活躍の舞台はある?

 

男性・女性などの差はそんなに多くは無いと思います。

 

病院やクリニック、福祉施設などの今の体制によっても求める人物像が異なります。

 

例えば、介護レベルの高い職場では、介助者の移動に伴う支援を行ったりすることもありますので、男性が求められる傾向が高いことなどもありますが、透析などでは女性が求められることもあります。

 

性別に関係なく働ける環境があると考えても問題ないでしょう。

 

なお、いま転職市場で最も求められているのは、30歳前後の臨床工学技士です。

30歳までに何をやってきたかのが重要であるため出来れば経験3年程度となる25、26歳までは経験を積むことに注力して、28、29歳頃までに新しい職場に入職していくことが理想的かも知れません。 

 

【7】臨床工学技士(CE)の転職活動は転職エージェントの利用をおすすめ

転職支援(キャリア)エージェントとは、

専任のアドバイザーが転職・就職活動の始めから終わりまでを支援して頂けるサービスです。

非公開の求人情報の提供面接日程の調整などの企業への連絡等を代行して頂けるだけでなく、 年収交渉や入社後のポジション・仕事内容の確認、入社日の調整なども行って頂けるため、効率的に転職活動を進めることが出来ます。

 

専門のアドバイザーや転職ナビサイトを活用して、効率的に転職活動を進めていきたいと考える方はぜひ最後までご覧ください!

 

当記事は総合型のエージェントについて解説しています。専門職をお探しの方は条件別ランキングをご確認ください。

【8】エージェントへの相談前の事前準備・当日の持参物

 

(1)履歴書

(2)職務経歴書

 

※エージェントとの面談の際は下書きレベルでもかまいません。

 

エージェントにより求職者との向き合い方は異なりますが、転職エージェントもビジネスであるため、優先的に支援をする求職者・転職希望者を決めて対応することが一般的です。

特に、キャリア採用においては、企業側の採用枠が1枠のみというようなことも少なくありません。

初回面談で、自らの転職意思が高い状態であるかを転職エージェントに伝える事が重要です。

転職エージェントには毎月成約の目標数字がありますから、エージェントにとっても支援を受ける側にとっても、双方メリットが高い状態を築くことが年収アップ、理想の職場環境を得る上では重要でしょう。

 

サービスを利用する側ではあるのですが、高待遇・好条件の求人などは案内される人が実は限定的です!

【9】事前に整理しておくべき情報

 

エージェントのとの面談の前に、可能な範囲で以下の点を整理しておいてください。

 

事前に整理すべき情報

(1)転職理由

(2)志望業界

(3)希望年収

(4)転職希望時期

(5)スキルや経歴、PRポイント

 

※整理する目的は、推薦文の作成や、採用企業側に推薦して頂く精度を最大限に高めるためです。

 

特に、高年収、高待遇のハイクラス非公開求人等は、推薦する上でも、ジャッジが必要なため、自分自身のマネジメント経験や実績、職務経歴などをしっかりと整理しておき、エージェント側から求人企業側へPRして頂くことが年収upや転職成功に繋がるはずです。

 

大量採用の求人等は、誰でも紹介を受けられますが、重要なポジションの求人はそうではありません。

 

高待遇、高収入のハイクラス求人は枠が限られているため、エージェント側からもきちんと評価を受ける必要があります。

【10】アドバイザーとのキャリア面談の流れ

 

キャリア面談の進め方は、転職エージェントやアドバイザーによって多少の違いはあるものの、一般的には以下のようになっています。

 

・お互いの自己紹介
・経歴、仕事内容や自身の強みやアピールポイントの確認
・転職理由やキャリアビジョンの共有
・希望条件の確認
・求人情報の紹介

 

以上のようなステップを踏まえ、キャリアアドバイザーが豊富な求人情報の中から、求職者(転職希望者)に合った求人情報を紹介します。

 

紹介を受ける際には、「なぜ、その企業を提案したのか」をキャリアアドバイザーに確認することが大切です。

 

なお、転職支援エージェントは、一般の求人情報には載っていない非公開求人も保有しています。

 

あなたのスキルや希望をしっかりと示すことで、非公開の求人の推薦を受けることができれば、より条件のよい企業への転職を成功する確率が高まります。

 

【11】年収アップを目指す臨床工学技士におすすめの転職支援エージェントランキング

医療技師の転職支援に専門特化 医療技師のお仕事
コメディカル求人に専門特化 工学技士人材バンク
業界最大手 求人数NO1 リクルートエージェント
業界大手 利用者満足度No1 doda転職エージェント
業界大手 バランス良し マイナビAGENT(エージェント)
医療系求人に特化したエージェントサービス メドフィット
マイナビグループが運営する医療特化サービス マイナビコメディカル
スカウトで年収UP ビズリーチ
医療系に専門特化した求人ナビサイト ジョブメドレー
業界大手 適性検査を活用したマッチング エン(en)エージェント

 

ご紹介する12つのエージェントは人材紹介会社としても大手で、非公開求人数も豊富です。

 

しかし、エージェントにより保有している求人やアドバイザーとの相性が異なるため、ご自身の希望に合わせて3~4社程度を選択し、同時に活用していってください。

 

 

複数同時活用すべき理由

 

・自分自身が重視する条件にあった求人を探すため、出来る限り多くの非公開求人を得たほうが良いこと。

・アドバイザーやカウンセラーのレベルもまちまちであるため、自分自身の性格やキャリアにあったアドバイザーと出会う機会を増やすため。


・求人の量や質、担当者との相性によってエージェントを使いわけられる。

 

例えば、医療技師専門型の『医療技師のお仕事』と『工学技士人材バンク』は基本的にはどちらも登録をおススメします。

その他、総合型を選ぶとしたら非公開求人数がNO1の『リクルートエージェント』と高収入・高待遇の求人が豊富な『doda(デューダ)』、『マイナビAGENT』などに登録し、自分で求人を探すために、『リクナビNEXT』を登録する等で、幅広く求人探しをすることをおすすめします。

 

いくつかのサービスを同時に利用して、効率的に求人を探していくことをおすすめします!

■医療技師のお仕事

 

医療技師のお仕事』は、医療技師の転職支援に専門特化をした転職エージェントです。

 

運営会社は、医療・福祉業界の就職・転職支援を長年手掛けるレバレジーズグループとなっています。

 

就職相談から非公開求人の推薦、選考日時の調整、年収の交渉や職場情報の提供まで手厚いサポートを受けることが可能です。

 

サービスの利用料は無料となっていますので、転職を検討している医療技師の方はぜひ利用してみてください。

 

医療技師に専門と特化をした転職エージェントです!

おすすめ度(評価)

★★★★★
エリア 全国
対象年齢 全世代 ※学生除く
得意業種 臨床工学技士、診療放射線技師、臨床検査技師
年収UP率 非公開
求人数 非公開

■工学技士人材バンク

 

工学技士人材バンク』は、医療技師の転職支援に専門特化をした転職エージェントです。

 

運営会社は、医療・看護業界の就職・転職支援を長年手掛けるエス・エム・エスグループが運営しています。

 

コメディカル系の求人に特化しており、就職相談から非公開求人の推薦、選考日時の調整、年収の交渉や職場情報の提供まで無料でサポート頂けます。

 

東証プライム市場に上場する企業で安心感もありますね!

 

医療技師に専門と特化をした転職エージェントです。サービス利用はもちろん無料です。

おすすめ度(評価)

★★★★★
エリア 全国
対象年齢 全世代 ※学生除く
得意業種 臨床工学技士、臨床検査技師、診療放射線技師
年収UP率 非公開
求人数 非公開

■リクルートエージェント・リクナビNEXT

 

転職支援実績No.1の転職エージェントである『リクルートエージェント』。

 

業界最大級の20万件を超える非公開求人を保有しており、他の転職サイトでは見つからなかった求人と出会える可能性が高いエージェントです。

 

選考対策を必要としない中途の転職希望者でも、非公開求人の紹介を目的に登録することを最低限おすすめしたいサービスです。

 

もちろん、書類添削や面接対策が必要な方は、不安がなくなるまで徹底的にサポートして頂けます。

 

求人数を増やす際は、同社が手掛ける転職ナビサイトの『リクナビNEXT』も登録しておいてはいかがでしょうか。

 

支援実績断トツNO1です。求人数も豊富であるため、登録必須の一社です!

おすすめ度(評価)

★★★★★
エリア 全国
支店 東京/西東京/さいたま/千葉/横浜/宇都宮/京都/大阪/神戸/名古屋/静岡/北海道/東北/岡山/広島/福岡
対象年齢 全世代
得意業種 全業種
年収UP率 非公開
求人数 200,000以上

■doda転職エージェント

 

転職サイトの『doda(デューダ)』は業界大手の転職エージェントの一つです。登録者数も数多く、利用者満足度1位に輝いています。

 

doda(デューダ)の取扱い求人数は約10万件と、業界2番目に豊富。

 

基本的に様々な業界を網羅しておりますが、特にIT系やものづくりエンジニア、営業、企画管理などに強いとされています。企業数が多いため、医療系の求人も豊富です。

業界でも大手のエージェントで求人数も豊富であるため、登録必須の一社でしょう。

 

パーソルグループが運営しています。求人数が豊富で利用価値の高いサービスです。

おすすめ度(評価)

★★★★★
エリア 全国+海外
支店 東京/横浜/北海道/東北/静岡/東海/関西/京都/神戸/岡山/広島/九州
対象年齢 全世代
得意業種 全職種
年収UP率 非公開
求人数 10万件以上

■マイナビAGENT(エージェント)・マイナビ転職

 

マイナビAGENT(エージェント)』は、転職支援で圧倒的な知名度を誇るマイナビが運営するエージェントです。

 

20代~30代の転職支援に長けており、応募書類の準備から面接対策まで親身な転職サポートが評判です。

 

口コミ調査ではどの指標も総じてトップレベルで、第二新卒案件からハイキャリア層まで幅広いユーザーからの支持を集めています。

 

業界やポジションに関わらず、転職活動をする際には必ず利用するべきエージェントでしょう。

 

また、マイナビグループが手掛ける転職ナビサイトの『マイナビ転職』も登録しておいても良いかもしれません。地方の求人等はこちらのほうが豊富です。

 

業界大手のマイナビグループです。支援の手厚さで人気があります!

おすすめ度(評価)

★★★★★
エリア 関東・東海・関西
対象年齢 20代~30代
得意業種 営業、IT、マーケティング、事務など全職種
年収UP率 非公開
求人数 非公開

■MED×Fit(メドフィット)

MED×Fit(メドフィット)』は、など医療関係の総合転職サイトとしてメジャーなサービスです。

 

運営元の(株)Genten Linksは訪問看護ステーションも運営しており、医療や介護業界に精通しています。

 

臨床工学技士専門の転職サポートとしても実績が高いです。

 

紹介のスピードが早く、休日数が多い、給料が高い、残業が少ないなど好条件の職場を見つける事が出来ます。

 

転職支援がとても丁寧で評判が良いです。

おすすめ度(評価)

★★★★★
エリア

全国

雇用形態 常勤、非常勤、スポット
保有資格 臨床工学技士など

■マイナビコメディカル

 

マイナビコメディカル』は、人材業界大手のマイナビグループが運営する医師・ドクターに専門特化した人材紹介サービスです。

 

総合人材企業として、グループ内で培った情報量やサポート力が活かされており、丁寧で親身な支援が魅力です。

 

臨床工学技士、PT/OT/ST、視能訓練士、管理栄養士、医療事務など医療介護全般に関わる求人情報を幅広く掲載しています。

 

人材大手のマイナビグループが運営する医療系の転職支援サービスです。

おすすめ度(評価)

★★★★★
エリア 全国
雇用形態 常勤(正社員)、契約社員(職員)、非常勤・パート
保有資格 臨床工学技士などの医療系求人全般

■ビズリーチ

 

株式会社ビズリーチが提供するサービス。年収UPを目指している方におすすめの転職サイト『ビズリーチ』。 

 

厳正な審査に通った求人のみを掲載しているので、好条件な求人が多く、転職後の満足度が高いことも特徴。職務経歴を登録すると、ビズリーチの一流転職エージェントからオファーが届くようになり、年収UP交渉に繋げやすいサービスです。

 

管理職やグローバル人材など高年収の求人がほとんどで、中には年収2,000万円を超える求人も存在します。

 

キャリアに自信がある方にはおススメです。スカウト率を上げるためには、、簡易職歴書(全27問)は記載するようにしてください。

 

スカウトを受け取ることで年収アップの転職が実現しやすくなります!

おすすめ度(評価)

★★★★
エリア 全国+海外
対象年齢 30代
得意業種

全職種

年収UP率 高収入求人多数
求人数 80,000件以上

■ジョブメドレー(JOBMedley)

 

ジョブメドレー(JOBMedley)』は、医療・介護職などに専門特化した情報検索ナビサイトです。

 

臨床工学技士が利用できるサービスの中で唯一のスカウト型のサービスです。

 

企業からスカウトの連絡がくるスカウトメール制度や豊富な求人数が魅力です。

 

都心だけでなく全国の求人情報を豊富に扱っているので、地方の人にもうれしいサービスです。

 

おすすめ度(評価)

★★★★
エリア

全国

雇用形態 常勤、非常勤、スポット
保有資格 臨床工学技士など医療系求人全般

エン(en)エージェント

エンエージェント』は、大手人材企業のエン・ジャパン株式会社が手掛ける転職エージェントサービスです。

 

適性診断×キャリア面談を通して、初めての転職活動でも、丁寧にサポートして頂けます。

 

多くの企業の採用試験で実際に使われている適性検査を元に、90問の質問から、あなたの能力や特性を分析することが可能で、自分自身でも気付いていない新たなキャリアの発見に活用出来ます。

 

おすすめ度(評価)

★★★★
エリア 関東、東海、関西、九州
対象年齢 全年代
得意業種 全職種
年収UP率 非公開
求人数 1万5千件以上